« 小さな秋、見つけた! | トップページ | 富士夕景 »

2011年9月 5日 (月)

あなたの優しさを・・・

街の市営地下鉄は「全席優先席」になっています。

お年寄りや身体の不自由な方、妊婦さん等々に席を譲りましょう

と言うアイデアです。 しかし、車内では度々首を傾げたくなるよう

な不愉快な場面を見かけます。

.

三人組の高校生が二人は座り一人がその前に立っていました。 その横には一般の

人が座り、その前にお年寄りが吊り輪を持って立っていました。

一般の人が次の駅で降り、その前に立っていたお年寄りが座ろうとした時、座ってい

た高校生が今降りた人の席へ移動し、立っていた友達を座らせました。

自分の前の席が空いたにも拘わらず、このお年寄りは座れませんでした。
11


車内は満席。 若いママと2歳未満と5歳位と思われる母子で3つの席に座って

いました。 そこへお年寄りが乗ってきて母子の前に立ちました。

若いママは上目遣いでお年寄りを見て素知らぬ顔で座り続けています。

通常、満席の車内でお年寄りが乗ってくれば、2歳位のお子さんならば膝の上に

抱いて、お年寄りに席を譲るのが常識と思うのですが如何でしょうか?
12

この「全席優先席」については何度か市に意見を申しました。

「全席優先席」は、市営地下鉄を利用する人たちが理解し実行して生かされます。

「赤信号、皆んなで渡れば怖くない」の例え通り、それが間違っていても皆んなが

座っているから、自分が代らなくても・・・となるのでしょうか?

車内の一部にシートの色を変えて「優先席」を設ける等は如何でしょうか?

*尚、一部の善良な方が時折席を代られる場面がある事も事実ですが・・・

  
 

 

 

 

 

|

« 小さな秋、見つけた! | トップページ | 富士夕景 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

電車の優先席・・・難しいですねsweat01
優しさや愛は、その人から溢れてきてはじめて
言葉や行動になるものですからね。。。

やっと勇気を出して譲っても断られたりすると
その先が続かなかったり・・・coldsweats01
受け取るのも上手にならなくては~と思います。

私たち皆~心から愛が溢れてくるように
まずは、自分を愛でいっぱいにしないと・・・と
思っていますheart01
そうしたらきっと街は愛でいっぱいになると信じて。

michiさんもその溢れてくる愛で~周りの方を
愛してください~heart

PS:竹の子っていつが旬でしたっけ・・・?
  沖縄では本当に見かけないので・・・
  忘れてしまいました~coldsweats01

投稿: MIE | 2011年9月 6日 (火) 10時00分

MIEさん
愛!ですか? 難しい事は私には分かりませんが、愛って誰だって心の中にあるものだと思います。 世の中の人たちがごく普通に行動してくれれば、愛も思いやりも自然と表に出てくると思います。
最近の一部の人たちを見ていると学校で、家庭で、社会で、何を学びどんな躾をされたのかなぁ!と悲しくなります。 もっともっと思いやりのある人であって欲しいです。
MIEさんもすっかり うちなーんちゅ ですね。
筍の季節は一般的には4~5月頃ですよ。 でも沖縄では筍は生えないからまあ仕方がないですね。 春には色んな花が一斉に咲き、山菜も採れていい季節ですよ。 沖縄大好きですが、本土に比べて四季の移ろいを感じる事が少ないのがチョット残念ですね。 少しは本土の事を思い出しましたか? うちなーんちゅのMIEさん!

投稿: michi | 2011年9月 6日 (火) 20時19分

考えさせられるわぁ。
昨日、名古屋からJR快速電車に乗った時・・・・
おそらく海外へ行きセントレアから帰ってきた若者でしょう。
大きなスーツケースが座席を1つ占領、その横でふんぞり
返って本を読んでました。
立っている人大勢・・・・sweat01

投稿: ひろりん | 2011年9月11日 (日) 13時07分

ひろりんさん、ありがとうございます。
世の中色んな事がありますね。
優先席はほんの一例です。
誰でもきっと優しい心を持ってる筈です。
自分に出来る事、簡単な事から
行動に移して欲しいものです。
注意するのも難しい場合もありますし…

投稿: michi | 2011年9月11日 (日) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1492103/41517498

この記事へのトラックバック一覧です: あなたの優しさを・・・:

« 小さな秋、見つけた! | トップページ | 富士夕景 »