« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

湘南台ファンタジア

2日間に亘って行われた湘南台の秋のイベント。

最終日はステージでの出し物の他、メインストリートで恒例の

パレードが行われました。 パレードではお馴染みの県警、

消防隊、米軍第七艦隊の音楽隊等の他、サンバチームも

3団体が参加して街はお祭り一色で賑わいました。

パレードから幾つかをご紹介しましょう。(撮影:10月30日)

.

可愛いお嬢さんが先頭を進み愈々パレードの始まりです。
00

県下のイベントではお馴染となった湘南台高校吹奏楽部の見事な行進です。

同校は全国大会金賞を受けるなど活躍しています。
01

仲間が好き、自分が好き、素直になれる時間が好き…と言う主婦を中心とした

湘南のメンバーによるよさこい踊り。 踊る人も沿道の人たちも大いに楽しい

踊りと行進でした。
02

この琉球国祭り太鼓は沖縄が中心で、沖縄県外にも全国各地で25団体、海外にも

団体を持つ集団です。 エイサーをベースに独自の振り付けとダイナミックな手さばき

は見事でした。
04

関東学生連合のウニアン・ドス・アマドーリスのサンバチームの行進です。

軽やかに、にこやかに、リズム良く…、沿道の人たちから大喝采を浴びていました。

尚、難しいチーム名は、「素人たちの集まり」と言う意味だそうです。
05

06


場     所 : 湘南台ファンタジア・・・藤沢市

アクセス : 横浜市営地下鉄&小田急電鉄・湘南台駅

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月29日 (土)

海ほたる

東京湾に浮かぶ海上のオアシス・海ほたる。

川崎市と木更津市を30分で結ぶ東京湾アクアラインの中程に

あるパーキングエリアや複合施設がある人工島です。

東京や横浜の風景の他、晴れた日には富士山等360度の眺望

が楽しめます。  

レストランやカフェ、デッキからの見事な眺望如何でしょうか。

.

海ほたるデッキから眺める夕日、海上に光の橋が架かったような見事な光景です。
02_2

アクアブリッジを夕日が染めます。 対岸の木更津市も目の前です。
03_2

海ほたるから木更津市側が海上橋、川崎市側が海底トンネルで結ばれています。

今日も多くの人たちが暮れ行く美しい夕景を楽しんでいました。
04

夕焼けに染まる空、街の灯も徐々に輝きを増します。 トンネルの換気塔・風の塔

の上を次々と航空機が羽田を目指して降下して行きます。
05

赤い夕焼け空を背景に横浜みなとみらいの夜景も一段と映えます。

中程にひときわ高く日本一の高層ビル・ランドマークタワーが聳えます。
06_2

日暮れと共に海も真っ暗になりアクアブリッジが光に浮かび上がります。
07


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金)

多摩動物公園へ

秋の晴れた日、童心に返り動物園へ行ってきました。

広大な面積の動物公園は四つの園に分けられ、自然環境に

近い中で、のびのびと飼育展示されていました。

動物たちの展示方法も考慮され、来園者は間近で動物たちを見学

出来ます。 また園内には無料の周回バス(身体不自由者と65歳

以上の人優先)も走っており、疲れた場合の移動も便利です。

動物たちは見易く、園内も清掃が行き届いており、気持ちよく

楽しめました。

.

入門ゲートゲート前では大きな象と虎が迎えてくれました。
00

グレビーシマウマ親子・アフリカ園
ゲートを入り右方に進むと昆虫生態園があります。 更に進むとアフリカ園です。

綺麗なキリンの姿が目に飛び込んできました。 よく見ると可愛いシマウマの親子が

歩いています。 子供は7月に生まれたばかりだそうです。 このゾーンの同居者は

キリン、シマウマ、ペリカン、ダチョウ、白オリックス等で仲良く共同生活です。
01

ライオンゾーン・アフリカ園
アフリカ象を見てからライオンバスに乗りました。 ライオンたちの居るゾーンへの

ミニサファリーです。 バスの前を悠然とライオンが闊歩します。 強化ガラスのバス

の窓の前にはライオンが突然顔を出したり・・・

時間帯により食事タイムに出合うと、豪快な食べっぷりを見る事が出来ます。
02

アカカンガルー・オーストラリア園
アジア園の鳥たちの中を抜けるとカンガルーゾーンです。 食後のお昼寝タイム(?)

でしょうか? 何と無防備な姿でしょう! 平和そのものです。
03

チンパンジー・アジア園
屋内外から見る事が出来、屋内のガラス窓から中を伺っていると大きなチンパンジー

が近づき窓に顔をつけました。 私の事を「変な動物が覗いてる」と思ったのでしょ

うか?  私が見ているのか、見られているのか?
04

虎ゾーン・アジア園
大きな虎さんがお昼寝です。 目の前に遮る物が無く至近距離で猛獣とのご対面

です。 呼びかけて暫くすると凛々しい顔のポーズをしてくれました。 
05

オオカミゾーン・アジア園
オオカミが群れをなして恐い顔で見ています。 このゾーンだけはオオカミと来園者の

間には高圧電線(?)が張られていました。  時折「ウォ~」と遠吠えし、ボスらしき

オオカミを中心に常に群れで行動していました。
06

インドサイゾーン・アジア園
サイが気忙しく同じ所を何度も行ったり来たりしています。 …と突然、プール

に頭から「ザブーン」と・・・  水中のサイなんて初めて見ました。 

サイの思わぬサービスに来園者も大喜びです。
07

オランウータンゾーン・アジア園
大きな身体なのに何と可愛い顔でしょう!  私たちを見つめる瞳も優しいでしょう!
08

スカイウォーク・アジア園
見上げると遠くの鉄柱の上に少し小さなオランウータンが・・・  暫くすると来園者の

頭上に張られた綱を伝って移動を始めました。 先ほどの大きな母ウータンが

「坊や、もう帰ってくる時間ですよ!」と呼んでいたのでしょうか?

綱渡りの思わぬサービスに来園者は頭上を見上げて大喜びです。
09

さよならウータン・アジア園
綱渡りの途中で支柱の中程まで下りてきたウータン君はひと休みです。

帰路につきかけた来園者を見送ってくれているようでした。 

「今日は来てくれて有難う! また会いに来てね」と別れを惜しんでいるようでした。
010


場     所 : 多摩動物公園・・・東京都日野市

アクセス : 京王線&多摩モノレール、多摩動物公園駅 直ぐ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月24日 (月)

宮古島の旅(Ⅱ) ・ 景勝地を訪ねて

(思い出の旅から)

以前、石垣島からの帰路、上空から見た宮古島の美しい海に魅せ

られて、いつかこの島を訪ねようと思ったものでした。

そしてこの時、その島を訪ねる事が出来、特に観光の予定も組ま

ずにのんびりと時の過ぎゆくままに過ごしました。

前回に引き続き、宮古島の旅の後篇です。

.

ホテルから直ぐの来間島は海上に架かる長い橋で結ばれています。

島の展望台で突然スコールに見舞われ暫く避難。 暫くするとスコールも通り過ぎ

お土産に七色の虹をプレゼントしてくれました。 虹の下がホテルです。
002001

昔、この近くでドイツ商船が台風で遭難し、村人たちが危険を顧みず救助した事に

対し、ドイツ皇帝から贈られた感謝の碑もあります。 ドイツの城を思わせる建物に

は当時を偲ぶ資料展示やお土産店も併設しています。 (うえのドイツ村で)
002002

本島と島を1,843mの橋で結びます。 橋を渡った所にある土産店付近からの眺望

は良く、海の彼方には大神島が浮かび、季節には幻の島と言われる八重干礁も見

えるようです。

*八重干礁:国内最大級とも言われる珊瑚礁群で、干満の差が大きい3月3日頃
  に海上に珊瑚礁の島が現れます。 季節には観光の船も出るようです。
02003

東平安名岬は、太平洋と東シナ海を分け隔てるかのように突き出た長さ2キロの

細長い半島で、この島一番の景勝地です。 この日は風が強く、台風銀座と言われる

島を象徴しているようでしたが、断崖に打ち寄せる荒波と刻々と変化する美しい海が

見られ、いつまでも眺めていました。
0020041

東平安名岬灯台の上からの景観です(上、下共)
002005_2

新城海岸は道路を走っていて目に付いた小さな案内板に沿って訪ねたビーチです。

何も無いビーチでしたが、白い砂と珊瑚礁、海の色の変化がとても素晴らしく印象に

残ったビーチでした。
002006

平良市からほど近い景勝地の砂山ビーチ。 白い砂浜とエメラルドグリーンの海、

浸食して穴の空いた岩、見事な景観でした。
002007

帰る日も空は晴れ、搭乗機は島一番の景勝地、東平安名岬を眼下にぐんぐん高度を

上げます。 美しい白砂のビーチでのんびり過ごした宮古島の休日でした。
002008

場       所 : 宮古島

撮影年月 : 2010年10月 (思い出の旅 NO.10’)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

宮古島の旅(Ⅰ)・ホテルでの休日

東京から1,843キロ、那覇経由で約3時間弱で宮古島到着です。

与那覇前浜に建つホテルに着き、宮古島6日間のゆったり旅の始

まりです。 島での滞在中、砂糖黍畑の雨上がりに、来間島でスコ

ール後に、那覇上空を含め3度も綺麗な虹にも出合えました。

そして目的のエメラルドグリーンの海を満喫した思い出の旅でした。

.

那覇空港乗継で宮古島へ向かいます。 空港を飛び立って間もなく窓から下を

眺めると七色の虹が海上に浮かんでいるように架かり感激でした。
001001

航空機は宮古島空港に向かって高度を下げます。 窓の下には今回宿泊する

ホテルと美しい与那覇前浜が迫り益々期待が膨らみます。
001002

宮古島到着初日は曇り空の生憎の天候でしたが、夕方には綺麗な夕陽が

見られ、明日の好天を約束してくれているようでした。
001003

夜の帳が下りライトアップされたホテルが浮かび上がります。

右がオーシャンウィング、左が宿泊したコーラルウィングです。
001004

翌朝目覚めると快晴、南国特有のエメラルドグリーンの海が広がり感激です。
001005

このビーチでの休日を楽しみに当ホテルを選びました。 部屋から眺める与那覇前浜

は期待通りの素晴らしさでした。 後方には来間島が横たわります。
001006

ホテル前のビーチでは早朝からバナナボートに興じる若者たちで賑わっていました。
001007

何処までも続く白砂の美しいビーチ。 南西諸島でも屈指の美しいビーチと言われて

います。 後方に浮かぶ伊良部島へはフェリーで約15分で渡れます。
001008

場   所  :  宮古島・宮古島東急リゾート

撮影日  :  2010年10月 (思い出の旅・NO.10)

* 宮古島の旅(Ⅱ)へ続く

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

箱根仙石原のススキ

台ヶ岳の麓に広がる関東有数の仙石原のススキ群生地が見頃

を迎えました(10/16)   太陽の光をいっぱいに受けたススキで

一帯は銀色の絨毯を敷き詰めたように輝いていました。

.

芦の湖の旧東海道には500mに亘って樹齢350年の杉の大木が約420本並び、

往時を偲び散策する人も多くいます。 この道を飛脚や駕籠が通ったのでしょうね。
01

箱根関所跡近くの恩賜箱根公園からは芦ノ湖や駒ヶ岳、富士山の絶景も楽しめます。
02

自動車道近くの入口付近からのススキ原全景です。 

見頃を迎え観光客も多く訪れていました。
03

04

一面に絨毯を敷き詰めたような風景の向こうにはホテル、別荘、家屋等が建ち、

箱根外輪山がそれらを優しく包み込むように連なっていました。
05

太陽の光をいっぱいに受けてススキの穂が銀色に輝いています。

今月いっぱいは美しいススキ原を楽しむ事が出来そうです。
06

場     所 : 箱根仙石ススキ原・・・箱根町

アクセス : 小田急、箱根湯本駅から箱根登山バスで仙石高原下車

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

コスモスまつり

くりはま花の国のコスモスは未だ4~5分咲きでした。

台風15号の被害を受け、傷んだコスモスを根元から修復して開花

させたようです。 背が高く細い茎に咲く可憐なコスモス。

風に弱く今回の台風で全国的にも被害を受けたようですね。

このコスモス園には100万本あり、全部咲くと綺麗でしょうね。

.

コスモス園には色とりどりのコスモスが咲いていました。
01

フラワートレインでコスモスを楽しみながら移動される方もおられます。
02

高台から見たコスモス園の上方です。 開花が遅れていますね。
フラワートレインものんびり走っています。
03

園の中程にある冒険ランドは子供たちで賑わっていました。
04

県木の広場の「❤愛の鐘」です。 あなたは誰と鳴らしますか?
05

一本の茎から少し色の違った二輪の花が風に靡いていました。
06

コスモス園頂上付近からの全景です。今年は開花が遅れ未だ4~5分咲きでしょうか?
07

こでは四季それぞれに季節の花が楽しめ、チューリップ、ポピー

向日葵も見事ですよ。 園内ではお土産店、レストランもあります。

ハーブ園では足湯も楽しめます。

.

名称・場所 : くりはま花の国・・・横須賀市

アクセス   :  JR・久里浜駅、京浜急行・久里浜中央駅から徒歩約15分

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

祝! 双十節

辛亥革命から100年を迎えた今日、横浜中華街では記念の行事

が盛大に行われました。 

中華学院での記念式典に続き、幼稚園児から高校生及び民族

衣装に着飾った人たち等々、鼓笛隊、獅子舞、龍舞等が中華街

をパレードしこの日を祝いました。

*辛亥革命
  1911年10月10日、中国で起こった革命で、清王朝を倒し翌1912年に
  孫文が臨時大総統に就任し共和制を宣言、中華民国を建国しました。

*双十節
  革命日の10月10日にちなんで(10が二つ)双十節として祝われています。

.

中華学院で行われた記念式典には孫文の肖像が飾られていました。
G01

可愛いですね、幼稚園児の獅子舞です。
今回のご紹介は子供たちですが、ミス中華街や着飾った大人たち等も沢山の
グループで見事な行進を披露してくれていました。
G02_2

子供の頃から伝統の龍舞を見事に舞っていました。
G03

中学生の皆さんも見事な舞を披露してくれました。
G04

民族衣装に身を包んだ可愛い小学生たちの行進です。
G05

中華街本通りを行く子供たちも見事な舞でしたよ。
G06

記念行事にはつきものの龍舞も見事な舞を見せてくれました。
G07

色鮮やかなこんな獅子舞(?)も登場していました。
G08

行事、場所 : 双十節…横浜中華街

ア ク セ ス  : みなとみらい線・元町、中華街駅 他
  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

小出川の赤い帯

小川がゆったりと流れる両岸や田んぼの畦道に「赤い帯」が

3キロも続きます。 小出川の両岸に咲く彼岸花は最盛期を

1週間過ぎていましたが、未だ見事な姿で田んぼのあぜ道

にも彩りを添えていました。

.

大黒橋から追出橋まで続く約3キロの彼岸花散策路の始まりです。
00001

稲穂が黄金色に実る田んぼ、小出川の両岸には彼岸花の赤い帯が続きます。

正面やや左寄りには富士山も雲間から顔を出して迎えてくれていました。
0002

何と長閑な風景でしょう! 緩やかに時が過ぎて行きます。
00003

実りの秋を迎えた稲穂の畦道にも彼岸花が綺麗に咲いていました。
00004

最盛期を過ぎたとは言え、美しい花々が訪れる人たちを迎えてくれました。
00005

可憐なコスモスとの見事な競演です。
00006

彼岸花散策路を幼稚園児が先生に引率されて行きます。 遠足でしょうか?
00007

田んぼの畦道にはススキの穂が秋の訪れを告げているようでした。
00008

最盛期を過ぎても彼岸花は未だ未だ元気いっぱいに咲いていました。
00009


場 所  : 小出川彼岸花散策路・・・藤沢市他

アクセス : 小田急、相模鉄道、横浜市営地下鉄・湘南台駅からバス・慶応大学前







| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

野毛大道芸

子供から大人まで楽しめる野毛大道芸が10月最初の週末の

2日間行われました。 今年で26回を数える大道芸イベントも

すっかり野毛地区に定着し、今年も国内外から30組以上の

パフォーマンスが集まりました。

ジャグリング、アクロバット、パントマイム、雑技、舞踊等々

抱腹絶倒のパフォーマンス、妙技で訪れた人々を魅了しました。

.

街を行く人々がビックリして思わず振り返ると、金色の男が後ろからついてきます。

今年も野毛に帰って来たMr.Goldenです。 彼はとってもフレンドリーで、握手や

写真撮影、写真のポーズ等にも気軽に応じてくれましたよ。
01mrgolden

野毛大道芸は車道がパフォーマンスの舞台で、車を通行止めにして行われます。

道路上に適当な間隔をおいて何組もの人たちが色んな妙技を繰り広げます。
02

一輪車を使ったコミックサーカスで世界各地で活躍しているようです。

男女ペアーによるパフォーマンスで、技は勿論、女性のパントマイム風の仕草が

とっても面白く、手に汗握る妙技と爆笑を同時に提供してくれていました。
03witty_look

五輪自転車へは3度目の挑戦で成功です。 女性の仕草が笑わせてくれました。
04

大阪弁の変な外人さんがコメディ、ジャグリング&マジックで笑わせてくれました。

お客さんとの言葉のやりとりもとても面白かったですよ。
05

おやおや、今度は真っ白な叔父さんの登場です (呼び名は、Shiva)  何の技を

するでもなく唯黙って歩いているだけ・・・ 突然出くわすと矢張り異様に感じますね。
06shiva

中国雑技団の女性が高所で見事な技を披露して観衆から大喝采です。
07

ハラハラドキドキの妙技が多い中でも、こんなホッとする場面もあります。

観衆が参加してフラダンスの手解きを受ける場面もありましたよ。
08


場  所等 : 野毛大道芸・野毛坂通り~野毛本通り・・・横浜市中区

アクセス : JR及び市営地下鉄・桜木町駅、京浜急行・日の出町駅 他

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

国慶節を祝う

中国の建国を祝う国慶節の今日、横浜中華街でも盛大に祝賀

の行事が行われました。

爆竹が弾け、太鼓が打たれ、民族衣装を着飾った子供たちの

行進、慶祝獅子舞や龍舞が大通りを練り歩き、中華街は祝賀

ムード一色で、訪れた多くの観光客を楽しませてくれました。

.

今日の中華街は何処へ行っても訪れた人たちで溢れ返っていました。
01

お祝いには付き物の獅子舞が本通りを行きます。

商店は…生意興隆、招財進宝、  家庭は…平安大吉、長命富貴

を表記するものとして、人々に尊ばれ歓迎されています。
02

獅子舞の口で噛んで貰うと縁起がいいと言われています。

私の立ってる前に獅子舞が偶然来て噛んでくれました。 ラッキー!
03

民族衣装で着飾った可愛い子供たちの行進です。
04

05

華やかな舞踊りが祝賀ムードを一層盛り上げています。
06

お祝いには欠かせない独特の龍舞が本通りを駆け回ります。
07

08

09


場  所等 : 国慶節・横浜中華街・・・横浜市中区

アクセス : JR-関内駅、石川町駅、 みなとみらい線-元町・中華街駅他


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »