« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

赤いホッぺの姫たち

早いなぁ! 今年も残り1ヶ月

早~やく来い来いお正月…と歌った子供時代

ゆっくり来い来いお正月…の心境の今の私

地球は度々異常気象に見舞われる… 何か変!

季節が1ヶ月も進んだり、戻ったりの気温も…

でも、我家の姫たちは戸惑う事無く季節を感じてる

今年は少数精鋭(?)で実は少ないけど

だから余計に真っ赤なホッぺが愛おしい!
150b


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

古都・奈良にて

夕暮れの奈良公園

前日の桑名から明日香村を経由して奈良を訪ねました。

奈良公園は誰もがご存知の鹿が戯れる広大な公園で、五重塔、

大仏殿等社寺や文化施設が多くあります。

夕方、少し時間が取れたので急いで猿沢池周辺を散策しました。

.

猿沢池と興福寺五重塔
夕日が五重塔を照らし、周りの紅葉も一段と鮮やかに猿沢池に影を映していました。
001

南円堂と紅葉
間もなく日没を迎える古都・奈良公園。 南円堂も紅葉と共に暮れて行きます。
003

鹿と夕日
太陽が沈もうとしています。 猿沢池の辺りで一頭の鹿が草を食んでいました。

「鹿さん、早く帰らないと日が暮れるよ!」
005

興福寺五重塔
五重塔も夕日に照らされて静かに眠りにつこうとしているようです。
007

南円堂と夕景
夕方になり少し肌寒くなってきました。 訪れていた人々も家路につき、公園一帯は

静寂に包まれようとしています。 太陽も雲を染めて帰って行きます。
008


平城宮跡を訪ねて

22日早朝7時前に平城宮跡を訪ねました。

平城宮は710年に藤原京から遷都され74年間都として栄え

した。 1300年の気の遠くなるような大昔、日本の首都とし

て10万人の人たちが住み栄えた平城宮。 遥か昔、栄華を極

めた都を思い感慨に耽ったひと時でした。 現在、平城宮跡に

は、第一大極殿、朱雀門、東院庭園等が復元されています。

.

池に影を映す建物は資料館でしょうか? 鮮やかな朱色が池に映え、後方には

朱雀門が威容を見せています。
009

朱雀門・広大な敷地の南端に奈良時代そのままに復元され、古代独特の丹土の赤

が鮮やかに施され、壮大な構えは凡そ1300年前の都の威容を彷彿させます。

高さ22m、間口25m、奥行10mで平城宮のメインストリートに建てられていました。
0013

大極殿前から見た朱雀門
0016

大極殿・訪れる人々を威圧するように堂々と建っています。天皇の即位、元旦の朝賀

国家的儀式や外国要人の接待等に用いられ、天皇の座が置かれた建物です。
0017

第二大極殿跡・ここでは早朝から同好会(?)の皆さんが太極拳を舞っていました。

後方に五重塔や大仏殿が霞んで見えます。文化遺産で太極拳とは何と優雅でしょう!
0021


場   所 : 奈良公園…奈良市   アクセス:近鉄線、奈良駅

場   所 : 平城宮跡…奈良市   アクセス:近鉄線、奈良駅からバス 他

撮影日 : いずれも 2011.11.22~23.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月26日 (土)

タイムスリップの大和路

多武峰、談山神社の紅葉

桜と紅葉の名所、多武峰・談山神社を訪ねました。

境内の赤い十三重塔(重文)も紅葉に映え見事に輝いていました。

木造の十三重塔としては世界唯一のもので、古の時代をしみじみと

偲びました。

.

藤原釜足公を祀ると言われる神社は701年創建(現在のは1850年に建て替え)で

神社の由来は、大化の改新でお馴染の中大兄皇子(天智天皇)と中臣釜足(藤原

釜足)が蘇我入鹿の討伐について談合したと言われる場所がある事から付いたと

言われています。

十三重塔・見事に色づいた紅葉越しに眺める十三重塔は絶景です。 この塔は

藤原釜足公の長男が父の為に678年に建立したと言われています

(現在のは1532年の再建)
001

燃える紅葉・快晴の空を背景にして燃えるような紅葉は暫し時を忘れさせてくれます
002

拝殿(重文)からの紅葉・大鳥居から石段を登った所の拝殿からの紅葉も見事な

眺めです
003

蹴鞠の庭から・この庭から眺める十三重塔は紅葉の森に包まれているようでした
004

.

石舞台古墳(特別史跡)

長閑な村の風景が広がる明日香村の一角に巨岩を積み上げたよう

な石舞台古墳があります。 後方の畑には真っ赤に色づいた柿が

実をつけ、秋には赤い彼岸花を咲かせる棚田も今はひっそりと冬

の訪れを待っているようでした。

.

この石室は蘇我馬子の墓と言われており、築造は7世紀初頭と推定されています。

天井に使われている石の重さは、北側が約64トン、南側が約77トン、総重量は

約2,300トンと推定され、日本最大級の横穴式石室です。
005

石室の入り口です。 石室内には自由に入れ、玄室の長さ7.8m、幅約3.4m、

高さ4.8mで、大小30数個の花崗岩が使われています。
006

石室内部からの入口です。 頭上に被さった巨岩の中に入ると身も心も引き締まり

悪寒が肌を駆け抜けて行く感もします。
007


談山神社
場    所   :  奈良県桜井市     アクセス:近鉄線、桜井駅からバス

石舞台古墳
場   所   :  奈良県明日香村   アクセス:近鉄線、橿原神宮駅からバス

撮 影 日 : いずれも 2011.11.21.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

なばなの里・冬華の競演

なばなの里のイルミネーション、今年のテーマは「日本の四季」。

桜が織り成す四季折々の姿と情景が見事でした。 園内には「光の

トンネル」、水上イルミネーション「光の大河」、光の雲海、そして

新たに光のトンネル「宝石箱」等々。 8千坪の園内に630万球が

煌く国内最大級の冬華の競演の「なばなの里を」訪ねました。

.

ゲートを入ると可愛いラビットが出迎えてくれました
001_4

高さ18mのモミの木も今夜は綺麗なツインクリスマスツリーに変身です
002_3

長さ200mも続く光のトンネルは120万球の光で満ち溢れていました
004

冬華の競演
四季折々の桜が織り成す情景を、岩手・小岩井の一本桜をモデルにして、四季の移

ろいを約8分間で演出しています。 次々と変化する光景は見る人を魅了する見事

さです。

・ 桜が咲き、やがてひらひらと舞い散る様子が見事に演出されていました
005

・ 眩いばかりの夏の情景を鮮やかな緑での表現です
006

・ 野も山も木も真っ赤に色づき、移りゆく紅葉の情景が見事でした
007

・ 広大な荒野に立つ一本の桜、真っ白な雪に包まれる様は見事です
008

今年から新たに登場した光のトンネル「宝石箱」は、幻想的に色彩が変化して息を

飲む美しさでした。
009

話題の一つ、木曾三川の流れを表現した水上イルミネーションは、後方のライト

アップされた教会と共に光の大河に相応しい素晴らしさでした
0011

鏡池は昼に見ると濁っていますが夜は鏡のように周りの景色が水面に映えます。

池の周りの木々も色づき、ライトアップされた紅葉が水面に映し出されていました。

鏡池の逆さ文字も水面には正しく映し出されていました。
0018

名称、場所 : なばなの里・・・三重県桑名市

ア ク セ ス  : 近鉄線・長島駅からバス 他

撮  影  日   : 2011.11.20.












| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年11月17日 (木)

流転の子

流転の子・愛新覚羅嫮生

.

書店で手にした一冊の書籍。 激動の日中史を生き、波乱に満ちた

一人の皇女の半生。 いつまでも心に残る一冊でした。

.00a


建国(1932)から僅か13年で滅んだ幻の帝国「満州国」。 

嫮生の父は清朝最後の皇帝(溥儀)の実弟・溥傑、母は日本の天皇

家と姻戚関係にある公家の名門、嵯峨侯爵家の令嬢・浩。 両家の

婚姻は「満州国」の支配をより強固にする為の軍部による政略結婚

でしたが、二人は終生分かち難い愛情で結ばれます。 

二歳年上の姉は学習院在学中に学友と天城山中で死亡(1932)、

天城山心中として衝撃をあたえました。

嫮生は生後3ヶ月で母と満州に渡り、僅か5歳の時、中国で終戦を

迎えます。 満州国の瓦解、ソ連軍の侵攻、逃げ惑う移民、自決の

覚悟、通貨大虐殺、日本人狩り等々・・・ 

周恩来だけは中日友好に対する執念を持ち「皇族一同の保護」を

指示、陰日向になって一族を守り続けました。 

ソ連軍に戦犯として拘束された皇帝・溥儀と父・溥傑の消息も分か

らず、母・浩はアヘン中毒の皇后と5歳の嫮生を伴い戦後の動乱の

中、中国大陸を彷徨います。 

それは凄惨を極めた1年半にも及ぶ逃避行の始まりだったのです。

 *中央公論新社 本岡典子著

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年11月13日 (日)

アフリカンフェスタ2011

アフリカンフェスタも13年目を迎え「絆、育てよう」のテーマで

12、13の両日、横浜山下公園で開催されました。

広い会場内にはアフリカ各国の文化や特産品、各国料理コーナー

等々大いに賑わいました。 ステージではアフリカ音楽演奏や各国

ファッション、トークショーも行われ、訪れた人たちはアフリカ

文化を目の当たりにして遠い異国を肌で感じたひと時でした。

.

「絆、育てよう」のテーマでアフリカに関係した作品(絵)で優秀賞等に輝いた

小学生3名が林市長等から表彰されました。
04

開会宣言の後、先ずアフリカ音楽が賑やかに演奏され、会場は一気に盛り上がり

ました。
05

アフリカ各国のファッションショーの始まりです。 民族衣装が各国の人たちによって

紹介されました。 色とりどりの衣装を着た人たちが次々にステージに登場し愛嬌た

っぷりな動作で楽しませてくれました。
09

010

012

013

ファッションの紹介に登場された人々です。 各国それぞれの民族衣装を着た人たち

がステージからご挨拶です。 某国大使夫人も一役買われていました。
016

各国の文化や特産品のブースにはそれぞれの国独特の雰囲気があり賑わっていま

した。 髪型のアフリカンスタイルを15分程で仕上げるコーナーもあり、女性の方々

が体験されていました。
017

楽しみの一つでもある各国料理コーナーには長い列が出来ていました。

現地でしか味わえない料理もあり、味によるアフリカを堪能されていました。
018

会場となった山下公園。 港に係留されている記念船・氷川丸の前には秋バラが

綺麗な花を咲かせていました。
019


名称、場所 : アフリカンフェスタ2011、山下公園・・・横浜市中区

ア ク セ ス  : JR及び市営地下鉄、関内駅他

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年11月12日 (土)

夢の吊り橋

紅葉前線も北から南へ徐々に移ってきています。

秘境で知られる寸又峡も間もなく紅葉が盛りを迎えそうです。

駐車場から旅館、飲食店や土産店等が並ぶ温泉街を抜けると

人気の「夢の吊り橋」があります。 紅葉も徐々に進んでおり

湖面に架かる夢の吊り橋との風景が見事でした。

.

湖面は太陽の光を受けて緑色に輝き、長さ90mの吊り橋は足下から湖面が透けて

見えスリル満点です。 紅葉も進んでおり間もなく一面が鮮やかな秋色に染まる事

でしょう。
0a

湖面から僅か8mの高さの夢の吊り橋。 でも皆さんはおっかなびっくりで渡ります。

進むにつれて少し揺れもあり勇気も要るようです。 吊り橋の中程で若い女性が

「恋の祈り」をすると叶うと言われています。
0b

吊り橋は安全の為、一度に10名以内しか渡れません。 シーズンには橋も

一方通行になり、この日も橋の両側で係りの人が誘導されていました。 

紅葉見物に訪れる人も多く、夢の吊り橋を渡るのに行列も出来ていました。
0c

名称、場所 : 寸又峡温泉・夢の吊り橋…静岡県川根本町

ア ク セ ス  : 鉄道・大井川鉄道、千頭駅からバス約40分

            自動車・東名高速、静岡ICからR362他で約2時間

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月 6日 (日)

米海軍第七艦隊音楽隊

街を訪れた日は産業まつりの初日で、会場の公園内には農水産物、

特産品販売、飲食、住環境、自動車等々約180のブースが並び、

会場内では大道芸も妙技を披露して拍手喝采の大盛況でした。

野外ステージでは米海軍音楽隊による演奏があり多くの人たちと

共に聴き入りました。 演奏は迫力満点で約45分の演奏も瞬く

間に過ぎた楽しいひと時でした。

.

米第七艦隊音楽隊 (ファー・イースト・エディション特集)

愈々演奏の始まりです。 隊員の方たちは専門の知識と技術を習得された方々で

素晴らしい演奏の数々でした
01

02

皆さんはそれぞれ数種類の楽器も操られ、お一人でも見事な演奏を披露してくれました
03

04

05

「また君に恋してる」 
数年前に話題となった歌を見事な日本語と声量で披露してくれました
06

中心におられる方のドラムも素晴らしいものでした
07

名曲の数々を見事に演奏してくれた隊員の皆さん、楽しいひと時でした
08

公園内には日本海海戦で活躍した戦艦三笠(1902年建造)が記念館として保存され

当時の東郷平八郎司令長官像と共に在りし日を偲ばせてくれます。

会場となった公園内は産業まつりに訪れた人たちで相変わらずの混雑ぶりでした。
09


名称、場所 : 2011よこすか産業まつり ・ 三笠公園・・・横須賀市

ア ク セ ス   : 京浜急行、横須賀中央駅 他 

撮 影 日   : 2011.11.05.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

芸術の秋

第4回を迎えたヨコハマトリエンナーレ2011は

OUR  MAGIC  HOUR (世界は何処まで知る事が出来るか?)

のタイトルで開催されました。(2011.08.06~11.06)

現代を代表する世界のアーティスト77組/79名による作品を

300点以上展示しています。 私にとっての芸術の秋は難しい

作品ばかりでしたが、さて皆さんは如何お感じでしょうか?

撮影禁止の作品も多くありましたが、一部をご紹介します。

.

ウーゴ・ロンディノーネ作品
メイン会場の一つ横浜美術館では12体の立体作品が迎えてくれました。
11

12_2

13

One (ウィルフレド・プリエト作品)
模造のダイヤモンド(28,000,000粒)の中に本物のダイヤモンドが1粒混じっています。
14one

あなたの肖像 (工藤哲巳作品)
印象に残った作品でしたが???・・・
15

センテンス (尹 秀珍作品)
仏教の煩悩の数108の人の衣類を糸状に解し、ぐるぐる巻きにして渦巻状に
並べた作品です。
16


場     所 : 横浜美術館他・・・横浜市中区

アクセス : JR及び市営地下鉄・桜木町駅、みなとみらい線・みなとみらい駅

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »