« タイムスリップの大和路 | トップページ | 赤いホッぺの姫たち »

2011年11月27日 (日)

古都・奈良にて

夕暮れの奈良公園

前日の桑名から明日香村を経由して奈良を訪ねました。

奈良公園は誰もがご存知の鹿が戯れる広大な公園で、五重塔、

大仏殿等社寺や文化施設が多くあります。

夕方、少し時間が取れたので急いで猿沢池周辺を散策しました。

.

猿沢池と興福寺五重塔
夕日が五重塔を照らし、周りの紅葉も一段と鮮やかに猿沢池に影を映していました。
001

南円堂と紅葉
間もなく日没を迎える古都・奈良公園。 南円堂も紅葉と共に暮れて行きます。
003

鹿と夕日
太陽が沈もうとしています。 猿沢池の辺りで一頭の鹿が草を食んでいました。

「鹿さん、早く帰らないと日が暮れるよ!」
005

興福寺五重塔
五重塔も夕日に照らされて静かに眠りにつこうとしているようです。
007

南円堂と夕景
夕方になり少し肌寒くなってきました。 訪れていた人々も家路につき、公園一帯は

静寂に包まれようとしています。 太陽も雲を染めて帰って行きます。
008


平城宮跡を訪ねて

22日早朝7時前に平城宮跡を訪ねました。

平城宮は710年に藤原京から遷都され74年間都として栄え

した。 1300年の気の遠くなるような大昔、日本の首都とし

て10万人の人たちが住み栄えた平城宮。 遥か昔、栄華を極

めた都を思い感慨に耽ったひと時でした。 現在、平城宮跡に

は、第一大極殿、朱雀門、東院庭園等が復元されています。

.

池に影を映す建物は資料館でしょうか? 鮮やかな朱色が池に映え、後方には

朱雀門が威容を見せています。
009

朱雀門・広大な敷地の南端に奈良時代そのままに復元され、古代独特の丹土の赤

が鮮やかに施され、壮大な構えは凡そ1300年前の都の威容を彷彿させます。

高さ22m、間口25m、奥行10mで平城宮のメインストリートに建てられていました。
0013

大極殿前から見た朱雀門
0016

大極殿・訪れる人々を威圧するように堂々と建っています。天皇の即位、元旦の朝賀

国家的儀式や外国要人の接待等に用いられ、天皇の座が置かれた建物です。
0017

第二大極殿跡・ここでは早朝から同好会(?)の皆さんが太極拳を舞っていました。

後方に五重塔や大仏殿が霞んで見えます。文化遺産で太極拳とは何と優雅でしょう!
0021


場   所 : 奈良公園…奈良市   アクセス:近鉄線、奈良駅

場   所 : 平城宮跡…奈良市   アクセス:近鉄線、奈良駅からバス 他

撮影日 : いずれも 2011.11.22~23.

|

« タイムスリップの大和路 | トップページ | 赤いホッぺの姫たち »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
時間が止まってしまったような静かで穏やかな光景です。
紅葉や建造物がきれいに水に映り込んでいますね。
太陽は沈み始めてあたりがオレンジ色になって
鹿さんや興福寺五重塔、南円堂が凄い素敵なお写真です。
ラストの早朝の光景も好きです。
奈良にも行かれたんですね。
michiさんは旅行が好きなんですね。
私も大好きです、と言っても近場をウロウロとしているだけですが(*^_^*)

投稿: あき | 2011年11月28日 (月) 19:06

あき様
目標としているあき師匠(?)からお褒めいただき頬も緩みます。
三重から21日に奈良へ移動しました。 今回の旅の目的、奈良では
2泊しました。 しかし自由な時間が取れなくて、21日夕方の2時間、
22日の早朝の2時間が今回の私の自由時間でした。
奈良公園は何度も遊んだ所で、いつ行っても心安らぎ大好きです。
(実は以前、約6年間、奈良公園の近くに住んでいました)
平城宮跡は初めての訪問ですが、偶然出合った太極拳を見ていると
時が止まったようでした。

投稿: michi | 2011年11月28日 (月) 21:46

奈良もいいね。
第2新幹線が通ったら、奈良も近くなるよ。

投稿: ひろりん | 2011年11月29日 (火) 22:53

ひろりん様
奈良はとっても落ち着いた街
紅葉もボツボツお終いだろうか?
公園を行く人々に甘える鹿たち
大仏に手を合わせると時が止まったよう
ひろりんさん、時には奈良もいいですよ

投稿: michi | 2011年11月30日 (水) 19:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1492103/43165622

この記事へのトラックバック一覧です: 古都・奈良にて:

« タイムスリップの大和路 | トップページ | 赤いホッぺの姫たち »