« アフリカンフェスタ2011 | トップページ | なばなの里・冬華の競演 »

2011年11月17日 (木)

流転の子

流転の子・愛新覚羅嫮生

.

書店で手にした一冊の書籍。 激動の日中史を生き、波乱に満ちた

一人の皇女の半生。 いつまでも心に残る一冊でした。

.00a


建国(1932)から僅か13年で滅んだ幻の帝国「満州国」。 

嫮生の父は清朝最後の皇帝(溥儀)の実弟・溥傑、母は日本の天皇

家と姻戚関係にある公家の名門、嵯峨侯爵家の令嬢・浩。 両家の

婚姻は「満州国」の支配をより強固にする為の軍部による政略結婚

でしたが、二人は終生分かち難い愛情で結ばれます。 

二歳年上の姉は学習院在学中に学友と天城山中で死亡(1932)、

天城山心中として衝撃をあたえました。

嫮生は生後3ヶ月で母と満州に渡り、僅か5歳の時、中国で終戦を

迎えます。 満州国の瓦解、ソ連軍の侵攻、逃げ惑う移民、自決の

覚悟、通貨大虐殺、日本人狩り等々・・・ 

周恩来だけは中日友好に対する執念を持ち「皇族一同の保護」を

指示、陰日向になって一族を守り続けました。 

ソ連軍に戦犯として拘束された皇帝・溥儀と父・溥傑の消息も分か

らず、母・浩はアヘン中毒の皇后と5歳の嫮生を伴い戦後の動乱の

中、中国大陸を彷徨います。 

それは凄惨を極めた1年半にも及ぶ逃避行の始まりだったのです。

 *中央公論新社 本岡典子著

|

« アフリカンフェスタ2011 | トップページ | なばなの里・冬華の競演 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
激動の時代に翻弄されて
生きた皇女の半生ですね。
「普通の生活が一番ほしかった」という一文
とても印象的です。
michiさん本を読まれるのが好きなんですね。
私も好きです。
最近は時間がなく限られた場所でしか読めませんが(電車の中(*^_^*))
本を読んでいると引き込まれていきます。

↓異国の文化に触れる機会があまりなく
楽しみながらのイベントいいですね。


投稿: あき | 2011年11月17日 (木) 21時24分

こんばんわ。
原作は読んだことありませんが、
数年前、常盤貴子と竹野内豊でドラマ化された時は、
ビデオに撮り何度も何度も繰り返して見ました。
嵯峨浩さんの流転の日々は、はかり知れぬものがありますが、
国境を超えた愛には、とても感銘を受けました。

投稿: とも | 2011年11月17日 (木) 21時29分

私の母は朝鮮で生まれ、戦後引き揚げてきた1人です。
大変だったんだろうな。。。。

投稿: ひろりん | 2011年11月17日 (木) 22時52分

あき様
書店で手にとって直ぐ気に入りました。
本は好きで毎日どこかの時間に読みます。
最近は感動する本に巡り合わなかったのですが
この本は一気に読み進みました。
「普通の生活が欲しかった」なんて
しみじみ考えさせられます。
夫婦、親子の苦難の数々、絆の強さ、
心に沁みる感動の一冊でした。

とも様
遠い昔の事ですが多くの人たちがご存じの
事件だと思います。
当時の軍部の横暴、無責任さには腹立たしく思います。
数年前に放映されたTVドラマは残念乍見逃しました。
夫婦愛、親子愛、逃避行等々、心打たれました。

ひろりん様
現在と違って軍部が実権を握っていた時代だし
まして敗戦、引揚げ等々…
お母さんもご苦労があったのでしょうね。
でも、お母さんが頑張られたから
今のひろりんさんが存在するのですね。
お母さんに感謝ですね。

投稿: michi | 2011年11月19日 (土) 19時42分

うわぁっ!びっくりしました。
実は私、この本先週購入しました。
(まだ読み始められていないんですけどねsweat01
仕事で中国に居た事もあって中国史に興味を持ち、その中で愛新覚羅浩さんに惹かれました。
「流転の王妃の昭和史」や「愛新覚羅浩の生涯」を読み・・泣きました。
なので、先日本屋さんで「流転の子」を目にした時は迷わず!でした。
生さん目線での文面からは、きっとまた違った側面を見ることが出来るのだろうな・・
今晩、一気に読破してしまいそうです。

投稿: みぃ | 2011年11月20日 (日) 13時04分

みぃ様
中国でいらしたのですか?
だったら一層関心がおありだったでしょう!
読めば読む程引き込まれ、私も一気に読み進みました。
みぃさんが読まれた
「流転の王妃の昭和史」「愛新覚羅浩の生涯」も
探して是非読みたいです。
嫮生さんが実在されているだけに当時のご苦労に心が痛みました。
*20日から旅に出ていて、今夜戻ってきました。
  コメント有難うございました。

投稿: michi | 2011年11月24日 (木) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1492103/43047344

この記事へのトラックバック一覧です: 流転の子:

« アフリカンフェスタ2011 | トップページ | なばなの里・冬華の競演 »