« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月24日 (火)

白銀のウィンザーホテル洞爺

想い出の旅 ・ 冬の北海道旅(NO.5/5)

白銀のウィンザーホテル洞爺

5回シリーズの北海道の旅も最終回になりました。 憧れのホテルに泊まり、少し贅沢にホテルで食事、そして素晴らしい雪景色が忘れられない想い出になりました。

.

素敵な朝の訪れです。 宿泊した部屋は洞爺湖に面し、日の出が眺められる絶好のロケーションでした。 洞爺湖を赤く染めて太陽が昇る光景は大感激でした。
001

朝食のレストラン、ここからの風景は一面の銀世界、彼方に内浦湾~太平洋が広がる絶景です。
002

ホテル周辺を散歩です。 独特の形をした建物は誰もが一度は泊まりたい憧れのホテルです。 サミットの会場にもなり、世界の首脳が集まったのも納得です。
003

雪原の中、快晴の空に聳える羊蹄山の勇姿は息を飲む美しさです。
004

ホテル周辺の雪原は純白そのものです。 樹氷の花が咲く木々の後方には内浦湾~太平洋が広がる絶景です。
005

快晴の空高く伸びる白樺の木には樹氷の花が咲きとっても素敵な光景でした。
006

斜面の小さな一本の木も白い雪の花を咲かせ、ツリーの木を思わせる見事さでした。
007

朝のロビー、大きなガラス越しに洞爺湖の素晴らしい風景が望めます。 世界の首脳たちが並んで記念写真を撮ったのもここだったのでしょうか?
008

ロビーではハープの美しい音色が訪れた人々の心を満たしてくれました。
009

やがてチェックアウト、ホテルを後にして洞爺湖駅へ向かいます。 
車窓の羊蹄山も優しく見送ってくれているようでした。
0010

洞爺湖駅から列車を乗り継いで一路東京を目指します。 車窓に流れる風景も旅の楽しみです。 途中、青森駅で買い求めた駅弁「海鮮市場」は私の大のお気に入りです。 いい旅、いい味でした。
0512

名称、場所  : ウィンザーホテル洞爺(洞爺湖町)

撮   影   日 :  2011年 1月

ペンギンの散歩見物を目的とした今回の旅は天候にも恵まれた想い出の旅になりました。 
5回シリーズに及んだ北海道の旅にお付き合い頂き有難うございました。 本当の北海道を知るには冬が最もいいと言う人もいます。 
しかし、四季それぞれ何時訪ねても素晴らしい北海道でした。
















| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

小樽の休日

想い出の旅 ・ 冬の北海道旅(NO.4/5)

小樽の休日

北海道の旅シリーズ4回目です。 過去と現在が同居する街は魅力いっぱいです。

昨夜札幌JRタワーからUFOかと思わせた光の正体、大倉山シャンツェを訪ねました。 このジャンプ台で3本の日の丸を揚げた札幌五輪も遠い想い出です。 ジャンプ台のスタート地点に立ちましたが、滑り降りると言うより「落ちる」と言う感じで、足が竦みました。 ここでは五輪競技シーンや用具の展示、競技の模擬体験も出来ました。
042

大倉山からの札幌市街です。 中央に一際高く聳えるのが宿泊したホテルです。 素晴らしかったホテル、又いつか宿泊したいと思いました。
044jr

小樽運河に到着です。 二度目の小樽ですが冬は初めての訪問です。 運河横の旧倉庫内には土産やグルメ等のお店が入っています。 予想より積雪も少なく、過ごし易い運河散歩でした。
045

北一ヴェネツィア美術館です。 1Fエントランスフロアーにはゴンドラが浮かび、館内の沢山の展示品には暫し見惚れてしまいます。
046

メルヘン交差点の洋菓子店LeTAOでお茶タイムを楽しみました。 落ち着いていてとても雰囲気のいいお店でした。 1Fでは人気の洋菓子等が販売されており、多くの観光客の皆さんの行列が出来ていました。 ルタオの名前? もしかしてオタルを逆さ読みしたのかなぁ!
047letao

小樽を後に洞爺湖に向かいます。 生憎の天候で羊蹄山は雲に隠れて顔を見せてくれません。 途中、京極名水プラザで休憩です。 ここは羊蹄山に降った雨や雪が数十年の歳月をかけて地下に浸透し、一日8万トンの湧水となって出ており、「名水の里」として人気があるようです。
048

洞爺湖畔の山頂に建つホテルに着いた時には辺りは暗くなりかけていました。 ロビーの巨大なガラスの壁(?)、映し出される照明、広々としたロビーに心も和らぎます。
049

部屋に入りました。 夜の帳がすっかり下りて辺りは真っ暗です。 湖畔の温泉街の灯りが暗闇の中に浮かんでいるように瞬いていました。
0412

名称、場所 : 小樽運河他 (小樽市)

撮  影  日  : 2011年 1月

次回は旅の最終回です。 憧れのウィンザーホテル洞爺と素晴らしい白銀の世界をお届けします。






 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

札幌夜景

想い出の旅シリーズ・冬の北海道旅(NO.3/5)

札幌夜景

北海道の旅シリーズ3回目です。 大都会、札幌の素晴らしい夜景に改めて惚れました。

.

札幌駅直結のホテルに宿泊です。 一歩部屋に入った途端に素晴らしい夜景が目の中に飛び込んできました。 夜景は北方、北大~石狩湾方向です。
031

ホテルに隣接するJRタワーT38展望室に上がりました。 四方に広がる素晴らしい札幌市街の夜景を一人占めです。 写真中央やや右に見える白い光は何でしょうか? まるでUFOのような… 夜空に何かが浮かんでいるようなとっても不思議な光景でした。 夜景は西方、大倉山方面です。
032

夜空に浮かんでいるように見えた物体! 正体はライトアップされた大倉山シャンツェでした。 街からこんなに近いジャンプ台、見学したくなりました。
033

南方、TV塔~札幌の繁華街すすきの方面です。 直線に整備された札幌市街の夜景は実に見事で素晴らしいものでした。
034

オヤオヤ、何ですか、これは? 札幌市街を眼下に何と贅沢なんでしょう! T38展望室の話題のトイレです。 私が見ていると数人の女性が遠慮がちに見物に来られ、「今、誰もいないから大丈夫ですよ」と教えてあげると、興味深く見学されていました。 これでは殿方も利用するのは無理なようですね!
035jr

名称、場所 : JRタワー・ホテル日航札幌&T38展望室(札幌市)

撮 影 日  : 2011年 1月

次回はのんびり、ゆったり、小樽の休日です。 美術館やスィーツも…






| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月19日 (木)

ペンギンたちの散歩

想い出の旅シリーズ・冬の北海道旅(NO.2/5)

ペンギンたちの散歩

北海道の旅、5回シリーズの2回目です。 今回は旅の目的の一つでもあったペンギンたちの散歩編です。 お楽しみ下さい。

.

札幌から高速道路で旭川へ… 途中の車窓風景です。 沢山の木々に雪が被りまるでツリーの木のような雪景色に見惚れてしまいます。
021

旭山動物園に到着です。 夏には訪れた事がありますが冬は初めての訪問です。 
この時の気温は-1.3℃、快晴微風、絶好の天候に恵まれました。
022

キングペンギンたちのお散歩の始まりです。 
取り囲んだ観光客の真ん中をペンギンたちは得意顔で通り過ぎます。
023

オヤオヤ、一人列から外れているペンギンさん。 一羽だけジェンツーペンギンがいました。 胸と足の色が少し違うでしょう! 何にでも興味津々で直ぐ列を離れてしまうひょうきん者です。 愛嬌者でしたよ。
024

まるでビップをお迎えするような中をペンギンたちは悠然と進みます。 尚、ペンギンたちの散歩は強制ではなく、あくまでも自主参加だそうです。 日にちにより散歩するペンギンたちの数が違うようですよ。
025

026

雪の上で悠然と寝ているのは北極熊さん。 待ち望んだ冬の到来を思い切り楽しんでいました。 無心に眠る姿、何とも可愛いですね。
027

北極熊館では水中への豪快なダイブも見られます。 強化ガラス一枚隔てた目の前のプールに豪快にジャンプする北極熊は我が春を大いに楽しんでいました。 泳ぎがとっても得意ですよ。
028

こちらも人気のあざらし館。 水中を飛ぶように泳ぐかと思えば丸い水槽の中から興味深そうに私たちを見つめます。 色んな物に興味を示すあざらしらしい行動ですね。
029

オオカミの森です。 ボスを中心に群れで行動するオオカミ、ここでは観察窓から目の前にオオカミを見る事が出来、迫力満点です。 丁度今、一人の方が覗いておられますね。
0210

ペンギンたちの可愛い散歩風景等々、いっぱいの思い出と共に札幌へ向かいます。 大雪原に夕日が沈もうとしていました。
0211

名称、場所等 : 旭山動物園(旭川市)

撮    影    日  : 2011年 1月

次回は絶景の札幌夜景です。 ご期待下さい。










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月18日 (水)

カシオペア旅情

想い出の旅シリーズ ・ 冬の北海道 (NO.1/5)

カシオペア旅情

5回シリーズでお届けする懐かしい想い出の北海道への旅。

旅の主な目的は二つ。

① 旭山動物園のペンギンたちの散歩に出合う事。

② 憧れのウィンザーホテル洞爺に宿泊する事。

白い北の大地へJRご自慢の寝台特急カシオペア号が出発します。

魅力いっぱい、白銀の北海道へ皆さんもご一緒に旅に出ませんか!

.

16:15憧れの寝台特急カシオペア号には二度目の乗車。 上野駅を間もなく発車です。
0111620

18:49車内でのディナーも楽しみの一つ。 なかなか豪華な食事ですよ。
0121730

06:23青函トンネルは夢の中、目覚めると内浦湾が夜明けを迎えていました。
0130623

06:35車窓に流れる雪景色を眺めながらの朝食。 列車旅もいいものですね。
014b0630

08:21車窓に見える真っ白な樽前山山頂からは僅かに噴煙があがっていました。
0150821

08:38朝食後のひと時、苫小牧付近の車窓を楽しみながらのティータイムです。
0160838

08:54列車は定刻通り千歳空港付近を通過です。 旅客機も出発準備完了です。
0170854

09:34上野駅から約17時間、寝台特急カシオペア号が札幌駅ホームに無事到着です。
0180934

今日から始まる北海道冬の旅にご期待下さい。 次回は目的の一つ、ペンギンたちの散歩です。

名称、場所等 : 寝台特急カシオペア号(JR東日本・上野~札幌間乗車)

撮    影    日  : 2011年 1月

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

ふるさと祭り

祭りだワッショイ!

東北の祭りを中心に東北復興支援「頑張ろう!日本」をテーマに

ふるさと祭りが東京で盛大に行われました。

お祭りひろばでは、おらが国の自慢の祭りが観客を沸かせ、味の

コーナーでは各都道府県、市町村から350店舗を越える出店が

あり、自慢の味、スィーツ等、訪れた人たちは故郷や地方

しいを堪能し、お土産を買い求めて大盛況でした。

.

MUGEN和太鼓

この日のお祭りひろばは世界で活躍するMUGENの皆さんを中心とした和太鼓

で幕開けです。 ドーム内に響き渡る迫力ある太鼓の音に暫し酔いしれました。
0000mugen

青森ねぶた祭り

音楽が奏でられ煌びやかな山車が動き始めます。 周りではラッセラーの掛け声も

勇ましく飛び跳ねる跳人たち、日本を代表する伝統のお祭りには毎年300万人もの

観光客が訪れます。 この日も美しく着飾った跳人が大活躍で観客も思わず踊り出

したくなる程でした。
0001

0005

0006

秋田竿灯まつり

軽快なお囃子に合わせ重さ50キロもの竿灯を手、額、肩、腰等で自在に操るダイナ

ミックでスリリングな技に時にはドキドキ、ハラハラしながらも拍手喝采でした。
0010

0011

0016

沖縄全島エイサーまつり

遥々南の島から参加の伝統のエイサーまつり、沖縄市園田青年会の登場です。

エイサーとは、旧盆の夜に若者が集落内を巡り、無病息災、家内安全を祈り、

祖先の霊を供養する事だそうです。 若者たちの迫力には圧倒されます。
0019

0021

0031

名称、場所等 : ふるさと祭り東京2012 (於:東京ドーム)

期           間  : 2012. 01.07 ~ 15

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

出初式・放水編

今年のテーマは、~集い、学び、楽しむ~

2012年、横浜市消防出初式が行われました。

セレモニーに続き消防隊員による各種演技や訓練等が披露され

隊員の迅速で的確な行動に大きな拍手が送られていました。

又、放水、消火、煙、地震、救助等は誰もが体験出来、参加型

安全安心フェスティバルとして多くの市民が体験されていました

今年は消防による緊急出動の無い安心社会でありたいものです。

.

一斉放水:
赤レンガパーク岸壁から ・ 後方にマリンタワーも見えています
01

大桟橋岸壁から ・ 送迎デッキでも多くの人たちが見学です
02

海上保安庁消防艇 ・ 大型銃による放水は見ごたえ十分です
03

横浜市消防艇放水 ・ ベイブリッヂを背にヘリとの連携も見事でした
04

赤レンガ倉庫前アートリンク
出初式会場前のリンクでは多くの皆さんがスケートを楽しんでいました
06

場所等 : 横浜市消防出初式2012 ・ 赤レンガパーク一帯

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

初春の湘南から

今年の列島も愈々本格始動です。 皆さんもお正月モードから

切り替わりましたか? 私の新春第二弾も美しい富士山です。

湘南海岸からの風景をお楽しみ下さい。

.

相模湾に浮かぶ姿は正に日本一に相応しい絶景です(江の島から)
001

人気の江の電100周年の記念事業として2003年に建設された展望灯台。

江の島灯台からは富士山は勿論、伊豆、箱根、丹沢、三浦半島、そして大島等々

360°の絶景が望め、殊に相模湾に沈む夕日は絶景です。
004

江の電沿線、稲村ヶ崎に建つボート遭難慰霊碑 (1910年、10名死亡)。 この

公園から眺める江の島と彼方の富士の雄姿は神奈川の景勝地にも選ばれています。
005

鎌倉大仏の歴史は1243年に遡ります。 当初は木造でしたが、度重なる災害等に

遭い、現在の大仏に生まれ変わりました。 優しい姿に心も和みます。

*鎌倉大仏(又は長谷大仏・高徳院、阿弥陀如来坐像・高さ11.3m・国宝)
006

参道を埋め尽くす初詣の人たち。 段葛の参道の正面に鶴岡八幡宮の本殿が

見えます。 正月3ヶ日が過ぎても善男善女がたくさん訪れていました。
009


場所等…江の島(藤沢市) ・ 稲村ヶ崎&鎌倉大仏&鶴岡八幡宮(鎌倉市)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

迎春

謹んで新年のご挨拶を申し上げます

今年が皆様にとりまして

幸多き年でありますようお祈りします

     2012年 元旦

昨年は沢山の方々にブログを訪ねて頂き有難うございました

今年もよろしくお願い致します

.

    2012年、新しい夜明け

    青い海に浮かぶ雄大な富士山

    ヨットも波間に揺れて

    平和で長閑な初春

    楽しい一年であって欲しい

011

場所等 : 油壺京急マリーナ…神奈川県三浦市

    *日本で最も歴史あるマリーナと言われています 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »