« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月28日 (土)

奈良へ

暫く奈良に滞在していました。 今回は時間も取れず観光も出来

ませんでしたが、滞在した近くの名所を駆け足で訪ねました。

.

白毫寺
高円山の麓にあり鎌倉時代に再興された花の寺として親しまれています。 

奈良には珍しく石段の長い参道が続き、春の椿、秋の萩が見事な寺院です。

石段の参道
春の椿、秋の萩が参道の両側に咲き乱れます。 苔生した石段と古びた塀が

風雪を感じさせます。
0001

五色椿
本堂前の五色椿は樹齢400年と言われ、奈良三名椿の一つとして県天然記念物

に指定されています。 有名な椿は既に散っており残念でした。
0002

奈良市街眺望
境内からは奈良市街が一望出来、五重塔も幾多の歳月を越えて聳えていました。
0003

阿弥陀如来坐像
宝蔵に保存されている当寺院の御本尊で、平安~鎌倉時代に造られたと言われて

います。 その優しいお顔に接すると心も和みます。
0004

佐保川の桜
市内を緩やかに流れる川の両岸には長さ5~6キロにわたり約千本のソメイヨシノ、

ナラノヤエザクラ等4種類の桜が植えられています。 既に花は散っていましたが

奈良の隠れた桜の名所として密かに人気が高まっています。
0005

生駒山山頂から
寸暇を見付けて奈良~大阪の県境に聳える標高642mの生駒山山頂に夜景見物

に出掛けました。 …が山頂は生憎の霧で大阪~奈良の見事な夜景は僅かに望め

るだけでした。 またの機会に訪ねたいと思いました。
0006

夜の自動車道
生駒山頂から奈良の滞在地へ急ぎます。 夜も更けて対抗する車のライトが車窓を

飛ぶように通り過ぎて行きました。 

次回はもう少し心に余裕が以てる時に訪ねたいと思いました。
0007

名称、場所等 : 石毫寺、佐保川、生駒山・・・奈良市、生駒市

撮    影    日 : 2012.04/下

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

古都、京都の桜を訪ねる

奈良での用件を終え、帰路に京都の世界遺産を訪ねました。

春まだ遠からじ…を感じさせる気候でしたが、訪ねた場所では

満開の桜に出会え感激の思い出になりました。

.

平等院、鳳凰堂(世界遺産、国宝)
最初に訪ねたのは1052年創建で阿弥陀如来像が祀られている藤原氏ゆかりの平

等院。 一年遅れで建立された鳳凰堂、浄土式庭園の阿字池の中島に建ち枝垂れ

桜も満開で、その優雅な姿を水面に映し出し見事な光景でした。 

「極楽見たくば宇治の御寺へ行け」と言われ、鳳凰堂は平安貴族の想像した極楽浄

土を現すと言われています。 又、10円硬貨の絵柄としても広く親しまれています。
0101

0102

醍醐寺(世界遺産、国宝)
874年創建で真言宗醍醐派の総本山。 「花の醍醐」と称される桜の名所です。 

総門から仁王門迄の「桜の馬場」の両脇の桜並木は見事で、約千本の桜が咲き誇り

ます。 1598年、太閤秀吉が秀頼、北政所、淀殿等約1300名を従えて「醍醐

の花見」を催した事でも有名です。

三宝院
枝垂れ桜と庭園の美しさには感激です。 桜は樹齢数百年の古木も多く、風格と歴史

を感じさせますが、今も美しく咲く様は訪れる人々を魅了します。
0204

0205

霊宝館
歴史的古書、彫刻、絵画、工芸品等約10万点を収蔵しており、その庭にも桜の古木

が天を衝き、枝垂れ桜が芝生を這うように見事な花をつけていました。
0206


五重塔
仁王門を入り暫く進むと木造建築の五重塔が聳えます。 

醍醐天皇の菩提を弔う為に建立され、満開の桜に囲まれていました。
0207


京都御苑
江戸時代、200もの宮家や公家の邸宅跡も今は公園として一般に開放され、四季

折々に見事な花を咲かせてくれます。 この日も桃や枝垂れ桜の花が満開を迎え、

楽しませてくれました。
0301

0302

京都御所一般公開
331年から約500年間、天皇の皇居だった場所です。 丁度この日は春の一般公

開中で多くの人たちが訪れていました。 平安時代以降の建築様式の移り変わりを

つぶさに見る事が出来、いい体験ができました。

宣秋門
玉砂利が敷き詰められた広場の門から御所に入ります。 

見事な門構えに圧倒されそうです。
0303


回廊
宣秋門~御車寄~回廊へと歩を進めます。

 
紫宸殿を取り囲むように朱色の柱と白壁の回廊が続きます。
0304


紫宸殿
即位式等を行う最も重要な御所の正殿です。 明治、大正、昭和の天皇の即位の礼

はこの場所で執り行われました。 現在の天皇の即位式は、ここの高御座と御帳台を

東京に輸送して執り行われました。  *高御座…天皇がお座りになる場所(椅子)
0305


御所前
見学を終え外に出ると何処までも続く御所の塀に春の日差しが降り注いでいました。 

天皇家所有の御所内を見学出来、貴重な体験に感激でした。
0306


名称、場所等 : 宇治平等院、醍醐寺、京都御苑・御所…宇治市、京都市

撮  影  日 : 2012. 03/上



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月16日 (月)

古都、奈良にて…

4月初旬、所用で奈良を訪ねました。 春とは名ばかりの寒い

日々、少しの時間を見付けて奈良公園を散策しました。 

公園では寒さに負けず桜が満開の姿を見せてくれました。

.

大仏殿(国宝)
先ず訪れたのが大仏殿。 世界最大級の木造建築として知られ
ています。 寒い日でしたが、大仏殿前のソメイヨシノが満開の
花を咲かせて迎えてくれました。
0001

*創建から二度にわたり焼失、鎌倉と江戸時代に再建されました。

大仏さま(国宝)
その優しいお顔に接すると心も和みます。 世の中には苦しんで
いる多くの人もおられます。 広く優しいお心で、皆さんが平穏
な日々を過ごせますようお願いしたいものです。
 
 

0002
745年に製作開始、752年に開眼供養が行われ、今年で1260歳。 
  消失により何度も改修され、当初の部分は僅かしか残っていないようです。

二月堂(国宝)
お水取り(修二会)でお馴染の二月堂を訪ねました。 
舞台からは目の前に大仏殿が聳え、奈良の都も一望出来る絶景
に暫し時を忘れます。
0003

*ご本尊は大観音、小観音と呼ばれる二体の十一面観音で、何人も見る事の
 出来ない秘仏です。

氷室神社
大仏殿近くの氷室神社にお参りしました。 大輪の花が見事な
白いモクレンと満開の枝垂れ桜の競演が見事でした。
0004

*平城宮の昔から氷の神様をお祭りしており、境内の枝垂れ桜は樹齢400年とも
  言われています。 この桜は奈良一番桜とも言われる早咲きでも有名です。

奈良公園の鹿
奈良公園では何処を歩いても鹿に出会います。 そして鹿煎餅
をねだってお辞儀をしたりとっても可愛いです。 この日は芽生
え始めた新芽を無心になって啄んでいました。

0005

名称、場所等 : 奈良公園一帯…奈良市

撮  影  日 : 2012. 03/上

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

お花見散歩

毎年恒例となった大岡川の桜まつり。 川の両岸には数キロに亘

って桜並木が続き、横浜の桜の名所の一つになっています。

期間中は各種イベントや桜クルーズ船も出ており、両岸から川に

せり出した満開の桜を眺めてのクルーズは最高です。

.

家から徒歩圏内の大岡川プロムナード、両岸の桜も満開です。 桜まつりの期間は

過ぎていましたが、多くの花見客が訪れ両岸には露店も軒を連ねます。
01_2

川に沿ってのびる約3.5キロのプロムナード沿いには数百本の桜並木が続き、

ランドマークタワーも花と競っているようでした。
02

夜桜にも出掛けました。 お祭り期間も過ぎライトアップも大半が終わっていました

が、満開の桜と共に露天の灯が川面に煌いていました。
03

川の両岸の遊歩道の上には桜が覆い被さり桜のトンネルのようで見事でした。
04

ぼんぼりと露天の灯が川面に映えます。 風に舞った花びらがゆっくりと川面を流れ

て行きました。
05_3

夜も更けて家路につく人も・・・ 

暗くなった空にランドマークタワーが輝きを増していました。
06


名称、場所等 : 大岡川プロムナード・・・横浜市

撮  影  日 : 2012. 03/上~中

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

お江戸散歩・花とタワーと…

やっと訪れた春、東京の桜も満開を迎えました。 新しい電波塔

世界一高い東京スカイツリーも完成し5月の開業が待たれます。

花とタワーの見物に連日各地から多くの人たちが訪れています。

そんな新旧タワーと桜の名所を訪ねました。

.

①隅田公園と東京スカイツリー
川の景観と桜の名所、隅田公園の桜も満開を迎えました。 東京

カイツリーと花見を楽しみに多くの人たちが訪れていました。 

この公園は8代将軍吉宗が民衆に開放したと言われ、両岸には約

700本の桜が植えられ、スカイツリーとのコラボが見事でした。

隅田川の両岸、隅田公園の桜も満開を迎え、隅田川には桜見物の舟が行き交いま

す。 青空に聳えるスカイツリーと桜のコラボが素敵でした。
1


暖かい春の日差しに誘われて多くの人たちが花見を楽しんでいました。 時折吹く風

に花びらも舞う川には桜とスカイツリー見物の舟が行き交っていました。
2


世界一の高さのスカイツリーも完成し5月のオープンを待つばかりです。 

見上げると第一展望台が目前に迫りその迫力に圧倒されます。
3


満開の桜とスカイツリー、隅田公園ではどの場所からでも眺められる光景です。
4


折角満開を迎えた桜もスカイツリーに主役の座を奪われそうです。 

時折吹く風に早くも花びらが舞っていました。
5


②桜の名所・千鳥ケ淵
皇居西側の千鳥ケ淵に沿う約700mの遊歩道にはソメイヨシノ

他約260本が満開を迎えていました。 この時期、千鳥ケ淵に

は全国から凡そ100万人もの人たちが花見に訪れるようです。

.

千鳥ケ淵に沿った遊歩道は桜の長いトンネルのようです。 

暖かい日差しを浴びて多くの人たちが花見を楽しんでおられました。
6

千鳥ケ淵の水面は舞い落ちた花びらで敷き詰められていました。 

その中を花見の人たちの乗ったボートが花びらを搔き分けるように進みます。
7_2


桜の木は千鳥ケ淵の斜面を水面に向かって枝を伸ばし咲いています。 

遊歩道やボート、何処から見ても見事の一語に尽きます。
8

遊歩道が終わりに近づく公園の一角に可愛い桜が咲いていました。

可憐でとっても素敵な花びらが訪れた人たちの心を虜にしているようでした。
9


③東京タワーと桜
久し振りに東京タワーを訪ねました。 1958年の開業以来、

日本一高い電波塔として長年に亘り活躍してきた東京タワー。 

スカイツリーに役目を引き継ぐ事になりましたが、多くの人たち

に親しまれたタワーとしてこれからも活躍して欲しいものです。

.

見事な景観~ライトアップで東京の街を、夜を飾ってくれる東京タワー。 

満開の桜がタワーを優しく包み込んでいるようでした。
11_2

12

タワーの近くの増上寺には徳川家の菩提が祀られています。 NHK大河ドラマ「江~

姫たちの戦国」のお江も夫の秀忠と一緒にここに眠っており、満開の桜と共に東京タ

ワーを眺めているようでした。 400年の時を超えて、高く聳える東京タワーを見て

お二人は何を思うのでしょうか?
13_2


名称、場所等 : 隅田公園、東京スカイツリー、千鳥ケ淵緑道、東京タワー

撮  影  日 : 2012. 04/上

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

花と鳥を訪ねて

真っ白に雪化粧した富士山が目の前に聳える朝霧高原。

高原の春は未だ遠く寒い日でしたが、花と鳥の全天候型テーマ

ーク内は春本番の暖かさでした。 ゲートを入ると満開の花々

が、約40種100羽のフクロウたちと共に迎えてくれました。 

園内ではフクロウショーやエミューの餌やり体験、可愛いインコ

たちとも触れ合えた楽しい一日でした。

.

花いっぱい:
ゲートを入るとそこにはベゴニアと可愛いフクシアが満面の笑みで迎えてくれましたよ。 
001

カラフトフクロウ:
大きな眼で瞬きもせず来園者を見つめるフクロウ。 睨めっこすれば絶対に負けますね。
002

フクロウショー:
花が咲く園内、沢山の人たちが見つめる頭上や横を音も無く飛び回ります。 時には地上を走ったり… 飼育員さんの指示通りに飛んだり、走ったり… フクロウ君(さん)、賢いなぁ!
003

メンフクロウ:
ショーが終わった後にはこのように手に乗せたり、肩に乗せたりしてフクロウと一緒に記念写真も撮れますよ。
004

屋外ショー:
大きな木の上から音も無く突然現れたり、地上に置かれた餌を獲ったり… 木立や人々の間を飛び回り、スリル満点でしたよ。
005

悪戯ロリキート:
この部屋ではインコたちと自由に遊べます。 8種130羽の色鮮やかなインコたちが私たちの身体に飛び乗って遊びます・ 鞄やコート等のボタンやファスナー、イヤリング等々に興味津津で嘴で突いたりして時には壊れる事もありますから、注意が必要ですよ。 悪戯好きの可愛いロリキートたちです。
006

花のレストラン:
疲れたら花いっぱいのレストランでひと休みです。 B級グルメでお馴染の「富士宮焼きそば」もありましたよ。
007

花のプール:
満開を過ぎたベゴニアの花が摘み取られてプールに浮かべられます。 プールの中をゆっくりと回遊する光景がとても綺麗で何時までも見入ってしまいました。 花と鳥のテーマパークでの楽しいひと時でした。
008

名称、場所等 : 富士花鳥園・・・富士宮市

撮  影  日 : 2012. 03/上

 






| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »