« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月29日 (火)

ポピーまつり

4月から始まったポピーまつりも愈々終盤を迎え、約100万本

のポピーが訪れる人々を楽しませてくれています。

広い園内にはハーブ園、レストラン、お土産店、冒険ランド等々

があり大人、子供共々に楽しめます。 又、フラワートレインも

っており園内の移動にも便利です。

6月3日のポピーまつり最終日には花の無料摘み取りも行われ、

摘み取った花は誰でも自由に持ち帰る事が出来ます。

.

ゲートを入るとポピーの花がいっぱい、ポピー園の全景が目の中に飛び込んで

きます。
0001

4月から何種類ものポピーが順次咲き始め、今はシャーレーポピーを中心として

花たちは最後の美を競っています。
0002

可愛い汽車に乗り、車窓に花々を一望しながら移動出来るフラワートレインは

子供たちにも大人気です。 ポッポー!汽笛を鳴らしながらのんびりと走ります。
0003

黄色いカリフォルニアポピーもシャーレーポピーと競って咲いていました。
0004

色とりどりの矢車草もとっても可愛かったですよ。
0005

ポピー園ではネモフィラが絨毯を敷き詰めたようでとっても綺麗でした。
0006

小っちゃな手と手を仲良く繋いだ可愛い園児たち・・・  とっても素敵な光景でした。 

私にもあんな時が・・・  過ぎ去った懐かしい日々が心に蘇ってきます。
0007

名称、 場所 : くりはま花の国・・・横須賀市

撮   影   日 : 2012. 05/下


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

世紀の天体ショー

待ちに待った金環日食の朝、しかし空は厚い雲に覆われ

am6時頃には大粒の雨も… ダメか!と思わずため息が…

しかしam7時頃、雲が薄くなった部分から太陽らしき光が…

そしてam7時7分、部分的に欠けた太陽が雲間から時々顔を

出したり隠れたり… 期待が膨らみます。

am7時31分、金環日食の始まる時間です。 ・・・と薄くなった

雲の向こうに綺麗なリング状になった太陽が・・・

薄い雲がフィルターの役目をして世紀のゴールドリングが撮れ

ました。 金環日食が終わりを告げる頃、空は再び厚い雲に

覆われ、太陽も姿を隠してしまいました。

am07:31
000731ca

am07:33
000733ca

am07:34
000734aa

am07:38
000738aa

am08:31
000811b

名称、場所 : 金環日食・・・横浜市内から

撮   影  日 : 2012. 05/21.

次回日本で見られるのは

 2030年(北海道)、 2041年(若狭湾~伊豆半島)

今年日本で見られる主な天体ショーは

 金星の月面通過(各地・6/6 am7:00~pm13:00頃)

 木星と月の超大接近(各地・8/12 早朝)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

薔薇咲く公園

横浜の観光名所でもある山下公園~港の見える丘公園、バラが

満開を迎えています。 港を吹き抜ける心地よい風を肌に感じな

ら、公園は沢山の人たちで賑わっていました。

.

マリンタワーを背景にして色とりどりのバラが満開を迎えていました
0001

昔活躍した豪華客船も今は役目を終え山下公園前で静かに時を過ごしています。

バラ園では60種・約400本のバラが満開です。 船とバラの素敵な風景は港町

よこはまに似合う風景です。
0002

船とバラとの風景はカメラを持った多くの人たちの人気のスポットです。 バラ園の

一角でバラと船を見事に描いている人、鮮やかな絵にすっかり見入ってしまいます。
0003

サンディエゴ(カリフォルニア州)から姉妹都市提携(1957年)50周年を記念

して寄贈された「水の守護神」像です。 「サンディエゴ友好の泉」と名付けられ

航海の安全を守ってくれています。
0004

山下公園沿いの海岸通りの銀杏並木も新緑に包まれていました。
0005

港の見える丘公園近くのローズガーデン、入口付近のバラも咲き揃い絵を描く人も

多く見られました。 ベイブリッヂも眺められる絶景です。
0006c

異国情緒漂わせるイギリス館(旧イギリス領事館)を背景にしたローズガーデンは

訪れた人々の心を惹きつける素敵な風景で人気のスポットです。
0007b

ローズガーデンからほど近い山手通りにあるレトロで可愛い建物は明治42年建築の

山手資料館です。 関東大震災にも耐え、奇跡的に残った横浜では最も古い木造建

築と言われています。 毎年美しいバラを咲かせ訪れる人たちを楽しませてくれます
00014

名称、場所等 : 山下公園~港の見える丘公園 (バラ園)・・・横浜市

撮  影  日 : 2012.05/中

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

或る日の夕、薄い雲のベールがかかる西の空を真っ赤に染めな

ら太陽が帰って行きます。 その太陽を追っかけるように飛行

が夕陽を横切って飛んで行きました。

やがて東の空から赤黄色く輝く満月が雲間から「こんばんは」と

顔を出します。 今夜の月は惚れ惚れするような輝きを持った美

んです。 兎さん、今夜もお餅つきしてるかなぁ!

そんな夢を見ていた幼い頃を懐かしく想い出した夜でした。

.

夕陽と飛行機雲 : 05/06  18:05
1805

満月 : 05/06  19:13
1913

満月 :  05/06  19:14a
1914a

満月 : 05/06  19:14b
1914b


名称、場所等 : 夕陽と飛行機雲、満月・・・横浜市内

撮  影  日 : 2012. 05/上

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

和太鼓ライブ・タヲリズム

Tawoo(タヲ太鼓道場)が主催する和太鼓ライブが浅草公会堂

行われました。 当日の浅草一帯はGW中でもありいっぱい

の人出、道を歩くのにも苦労する程でした。

午後4時開演の第二部は、Tawoo代表でもある浅野香率いる

和太鼓のプロ集団Gocoo(ゴクウー)によるライブも行われ

会場を埋めた多くのファンを魅了しました

.

この日の浅草は何処へ行っても人人人、雷門付近一帯は特に混雑していました。
0001

結(ゆい)
1997年結成されたTawooの和太鼓、常識を超えたパフォーマンスの始まりです。
0002

祝福祭
お祭りの華やかさと賑やかさ、観客席に下りてのパフォーマンス、共に楽しみました。
0003

マダガスカル・ビート
軽快なテンポに乗って打ち鳴らされる太鼓に観客の身体も左右に揺れます。
0004

ELEVEN
Gocooメンバーを中心に、今回出演のTawoo選抜の人たちも加わり、総勢

40名による熱気溢れる見事な上演でした。 Tawooメンバーで出演の姪も

選抜され、プロの集団に混じって髪を振り乱しての熱演でした。
0005eleven

GocooLacoo
Gocoo男性14名による上演は迫力満点で観客も陶酔する程でした。
0006gocoo_lacoo

0007gocoo_lacoo

Gocoo
フィナーレを飾るに相応しいGocooによる上演。 Gocooを率いる魅力的な女性

浅野香さん(中央の女性)には拍手喝采でした。 
0008gocoo
*Gocooは1997年に結成された和太鼓バンド。 国内は勿論、EUを中心に、
  中南米、オセアニア、アフリカ等世界で活躍中です(Gocooパンフより)

東京スカイツリー
午後7時過ぎに公演が終わり隅田公園へライトアップされたスカイツリー見物に…

しかし残念ながらこの日の点灯は終わっていました。 満月だけが煌々とツリーを

照らし、隅田川には色とりどりの街の灯が波間に揺れていました。
0009

名称、場所等 : タヲ&ゴクウ和太鼓ライブ、浅草公会堂・・・東京都

撮  影  日 : 2012. 05/上







 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

湘南海岸でランチ

青い海、ヨットが波の上を滑るように進みます。 サーファーが

まるでイルカの群れのように波間に漂う長閑な海岸。

そんな湘南海岸をのんびりと散歩しました。 途中のホテルで

暫しの休憩、美味しいランチをいただきました。

.

青い海、風を切って進むボード、気持ち良さそう!
00aa

近くのホテルでランチ。 海の幸と地元産野菜たっぷりの前菜。 美味しかったぁ!
00a

焼きたてのパン。 手も火傷しそうなほど温かい。 美味しくておかわりしました。
00b

何のスープだったかなぁ? シェフが説明してくれたけど忘れちゃった!
00c

私のメインデッシュ。 軟らかくてとっても美味でした。 ご馳走さま!
00d

食後のデザート。 ホテルらしく綺麗ですね。 勿論、美味しく楽しめましたよ。
00f

そしてコーヒータイム。 暫しの時をのんびりと過ごせました。
00g

美味しい食事の後は海岸を散歩。 すると後方からカッパカッパ…と何やら音が迫っ

て来ます。 横を通り過ぎて行ったのが白い馬さん。 やがてビーチに下りて、イルカ

のように群れるサーファーの方に悠然と駆けて行きました。 乗ってみたいなぁ!
00i

名称、場所等 : 鎌倉パークホテル、由比ヶ浜海岸・・・鎌倉市

撮  影  日 : 2012. 05/上


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »