« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月28日 (日)

横浜い~じゃん誕生祭

天候に恵まれた週末の休日、横浜ではダンスと踊りのお祭り「良い世さ来い 横浜い~じゃん誕生祭」(*)が行われました。

各地の素晴らしいダンスチーム等が多数参加してパフォーマンスを繰り広げ、会場となった市内のドックヤードガーデン(*)と隣接する日本丸アリーナは終日、躍動感溢れる踊りと音楽で賑わいました。

happy01

疾風乱舞中学生~大学生の女子チーム。 「練習は裏切らない」がモットーだけに、一糸乱れぬ踊りは見事でした。
0f5

リトル・チァーズ 幼稚園~大学生の女子チーム。 「元気に、いつも笑顔で踊ろう」がモットーのように、見ている人たちも可愛い踊りに笑顔いっぱいでした。
0f83

乱気流 : 笑顔と元気が取柄といわれるだけあって、鮮やかな衣装と共に見事な踊りには感動しました。
0f155

横浜騎士道 : 横浜を中心に県下の騎士で結成したチーム。 メインの大きな旗には被災地の方からのメッセージが書き込まれています。 元気溢れるパフォーマンスでした。
0f284

K-one動流夢 : 踊りを通じて思いを形に・・・ 「良い世さ来い!」と躍動感いっぱいに踊ります。 今回の誕生祭の主催チーム。
0f404kone

パワフル : よさこいを楽しみ続けて11年、皆様に笑顔になって貰えたら…と踊ります。
0f445

総踊り : 出演チームや見物の人たちも参加自由の踊りです。 盆踊りのように輪になって、踊り方も教わりながら楽しく踊ります。
0f478

*横浜い~じゃん
  K-one Dream名のダンスチームが発信する横浜生まれのよさこい踊り。 
  今回の主催者。
*ドックヤードガーデン
  ライブ、コンサートから各種イベントに対応する屋外スペース。 日本に存在する
  商船用石造りドックとしては最も古い旧横浜船梁。 国指定文化財。

名称、場所等 : 良い世さ来い 横浜い~じゃん誕生祭・・・横浜市

撮  影  日 : 2012. 10/下

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月26日 (金)

赤レンガ駅舎

大正3年に創建された赤レンガ造りの東京駅丸の内駅舎。

戦災でドーム型屋根等が焼失しましたが、平成19年より行われていた復元工事が完了し、南北二つのドーム型屋根を備えた見事な赤レンガ駅舎が創建当時の姿で今月お目見えしました。

国の重要文化財でもある赤レンガ造りの丸の内駅舎は、東京駅周辺の高層ビル群の中にあっても一段と輝き風格を感じさせてくれます。

この日も多くの人たちが訪れ、復原された駅舎を眺めながら当時を偲んでいるようでした。

 bullettrain train

 正面からの丸の内駅舎
Gf021

 北ドーム
Gf027

 南ドーム
Gf029

駅舎の中には東京ステーションホテルもあります。 一泊80万5千円の部屋も・・・
Gf034

名称、場所等 : 東京駅丸の内駅舎

撮  影  日 : 2012. 10/中

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月22日 (月)

神輿パレード

快晴に恵まれた秋の休日、第36回横須賀みこしパレードが盛大に行われました。

横須賀中央通りをスタートした76台の神輿や山車は、この日に併せて解放された米海軍横須賀基地内をも練り歩きました。

この日の米軍基地内は色んな催しや出店もあり、たま第七艦隊音楽隊のバンド演奏も行われて沢山の人たちで大賑わいでした。

ship

定刻に横須賀中央通りを神輿や山車が出発します。 沿道はパレードを待ち兼ねた人々で埋め尽くされていました。
0042

やがて人々は解放された米海軍基地へと向かいます。 長蛇の列でしたが比較的スムースに約20分程で基地ゲートを通過出来ました。
0045

基地内クレメント通りを練り歩く神輿や山車の列は途切れる事なく続きます。
0069

楽しみに待った年に一度の神輿パレード。 老いも若きもエネルギー全開です。
0081

基地内にはこの日に併せて色んな店が出ます。 米海軍のグッヅや食品等々、フーズコーナーでは特大のビーフやバーガー、 こんなチキンも焼き上がっていました。
ちなみにこのチキンは6$或いは六百円(1$=百円換算)でした。
0083

クレメント通りは人、人、人で埋め尽くされ、この日の米海軍基地はいっぱいの日本の人たちに乗っ取られたようです。
0084

基地内の映画館では第七艦隊音楽隊のバンド演奏が行われました。 約40分の演奏に日米の多くの皆さんが見事な演奏に酔いしれていました。
0166

時間も瞬く間に過ぎそれぞれが帰路につきます。 手にはいっぱいのお土産を抱えた人も… 
基地の街らしくゲート前のビルの上には「自由の女神」像を午後の太陽が眩しく照らしていました。
0218

海軍ゆかりの地・横須賀では、当時(明治時代)のレシピを参考にして、昔ながらの味を再現した「海軍カレー」が人気です。 駅前にも可愛い水兵さんがカレーの宣伝に努めていました。
0219

名称、場所等 : 第36回よこすかみこしパレード・・・横須賀市
           米海軍横須賀基地一般開放・・・  横須賀市

撮  影  日 : 2012. 10/下

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

観艦式見学クルーズ

海上自衛隊の観艦式が行われ、観艦式事前公開参加艦艇見学

クルーズに参加しました。 

横浜山下公園桟橋を出港し約4時間弱の東京湾クルーズと共に

相模湾での訓練を終え帰港する艦艇を船上より見学しました。

*観艦式は日本の最高指揮官(首相)が艦隊を観閲する3年に一度のイベントです
 艦艇への乗艦を予約しましたが希望者多数で選に外れ、クルーズ船での見学と
 なりました

ship クルーズ船は山下公園桟橋より出港、ベイブリッジを潜り東京湾へ・・・ 
  やがて東京湾アクアラインが洋上に姿を見せます。
011436

ship 出港から約50分、前方には観音崎灯台が望める洋上に、訓練を終えたシンガ
  ポール艦艇「LPDM209」が今夜の停泊地へと向かっていました。
021448

ship 桟橋を出港して約1時間半、帰港する艦艇が徐々に姿を見せます。 
  観艦式当日に総理が乗艦する旗艦の護衛艦「くらま」が通り過ぎて行きました。031526

ship この頃になると東京湾上には艦艇が次々と姿を見せます。 画面でも5隻の艦艇が
  見られ、木更津、横須賀、横浜等々、今回の停泊港に向かいます。
041532

ship 目の前を直進する護衛艦「あさゆき」、後方には護衛艦「いせ」が航行します。
051540

ship 東京湾上には観艦式本番を目前にして訓練を終えた艦艇が次々と帰港します。 
  護衛艦「いせ」の甲板にはヘリの搭載も見られます。
06

ship 輸送船「くにさき」。 今回の見学クルーズでは殆どの艦艇を見る事が出来ました。
071559

ship 房総半島に建つ東京湾観音を後にして帰港の途につく護衛艦「はるさめ」。
  クルーズ船上では元自衛官の方が艦艇名等詳しく紹介してくれました。
081603

ship 艦艇も東京湾から姿を消す頃、見学クルーズ船も出港桟橋へと舵を切ります。 
  やがて本牧埠頭の巨大なクレーンがサバンナを行くキリンたちのように夕焼け
  空に聳えていました。
091717

ship 4時間弱のクルーズも間もなく山下公園桟橋へ到着です。 
  辺りもすっかり暗くなりライトアップされたベイブリッジを通過する頃には、横浜の
  街も一段と輝きを増していました。
01017411750

*今年の観艦式に参加の艦艇は自衛隊艦艇45隻、航空機18機、隊員約8千名の他
 潜水艦や外国艦艇(アメリカ、オーストラリア、シンガポール)3隻を招待(資料から)

名称、場所等 : 海上自衛隊「観艦式」見学クルーズ・・・東京湾(本番は相模湾)

撮  影  日 : 2012. 10/中

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

湘南海岸の花火

秋も本番を迎えた週末、湘南藤沢・片瀬海岸の花火大会を鑑賞

しました。 空中での直径が480mもある特大2尺玉を含む

大型花火やスターマイン等が江の島を背景にして秋の夜空に花

を咲かせ、海面を鮮やかに彩りました。

.shine

湘南片瀬海岸を赤く染めて太陽が沈みます。 サーファーが今日の日を惜しむかのよ

うに波間に浮かんでいました。 太陽が雲を染め、富士山もシルエットのように微か

に見られる秋の夕暮れです。
01

花火見物の人たちが続々と海岸に詰めかけます。 湘南の真珠、シーキャンドルとも

言われる江の島観光灯台にも明りが灯ります。
02

午後6時、オープニング花火が夜空に上がります。 秋空に舞う大輪の花たち、

色とりどりの花に観衆は早くも陶酔です。
03

04

オープニング・スターマイン、ウェルカム江の島が始まります。 波間で炸裂する花火

に観衆は感嘆の声を上げます。
05welcom_enoshima

緑の色が海に映えてとても綺麗でした。 気がつくと江の島観光灯台は花火の開始と

同時にライトアップを消していたようです。 中央の塔が灯台ですが、花火と輝く灯台

を一緒に撮りたかったので残念でした。
06

AiRI「Dreamer」、つるの剛士「はやぶさ」の曲に合わせて打ち上がる4分半の

ミュージック・スターマインは観衆を酔わせました。
07

08

09

大輪の花を咲かせた打ち上げ花火の数々、キャラクターや新作等々変化に富んだ花火

も多く、楽しんでいる内にもう最後を飾る約9分間のファイナル・スターマインです。

もう言葉は要りませんね。 ゆっくりご鑑賞下さい。
010

011

観衆を魅了した花火も愈々最後の特大20号が夜空に上がります。 上空で大輪の花

を咲かせた後、枝垂れ柳のように頭上に降り注ぎ、観衆は見事さに拍手喝采でした。
01220

花火も終り静けさを取り戻した海岸には白い波が押し寄せていました。

見ると灯台も再びライトアップされ湘南の海に輝いていました。
013

名称、場所等 : ふじさわ江の島花火大会・・・藤沢市

撮  影  日 : 2012. 10/中

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月12日 (金)

しかのつの

懐かしいお客さんが奈良から訪ねてくれ数泊滞在しました。

「お土産ですよ~」 「ありがとう!」

ケースに「しかのつの」とあり、古都・奈良の銘菓らしい。

過日、ケースを開けて、どうしてこれが「鹿の角」なの?と…

暫し熟慮したけど、名前の由来が分からない。

「丸い屋根のようだから、五重塔をイメージしてるのかなぁ」

「五重塔は奈良公園にあるし、奈良公園には鹿がいるから

{しかのつの}なの?」 凡人にはそんな事しか浮かんでこない
222

*一部が切れていますが、本来の品は切れていません。

美味しそうなケーキを目の前にして、お腹が早く食べようと

私を急かせている。

もう名前なんかどうでもいいや、と諦めていただくことに…

ケーキを切ってみて、「ああ成程、鹿の角だ!」と納得。

美味しかったよ、優&洋、珍しいお土産、ありがとう!
223

名称、場所等 : しかのつの・・・奈良市

撮  影  日 : 2012. 9/下 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

ホテルでランチ

遠路からの来客と一緒に海の見えるホテルで食事をしました。

以前、サミットも開催され会場の一つとなった人気のホテルの

イタリアンレストランで、お得プランのランチブッヒェをいただき

ました。

何度目かは定かではありませんが、それぞれがチョイスした料理

です。 美味しい料理を心ゆくまで堪能しました。

大きな窓の外には海の風景が広がり、料理と会話を存分に楽しみ

ながら、ゆったりと時が流れた至福のひと時でした

restaurant なかなか美味しそうでしょう!
 11b104

restaurant 誰がどれかは…内緒の話はあのねのね!です
 11b105la_vela

restaurant 何度目かに私がチョイスしました。 撮影を意識して綺麗に盛付けたのですが・・・
11b106

restaurantお腹がいっぱいでも、これは別腹だそうですよ
11b112

11b115

名称、場所等 : ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル・・・横浜市

撮  影  日 : 2012. 9/下

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012年10月 6日 (土)

彼岸花

今年は例年になく残暑が残るこの頃、秋かと思えばまた夏に逆戻

りの日々。 でも季節の花たちは着実に秋の到来を感じているよ

うです。 

藤沢市北部の小川沿い約3キロにわたって群生する彼岸花も猛暑

の影響で開花が遅れていましたがやっと見頃を迎えました。

小川周辺にはコスモスも咲き稲穂も黄金色に染まる長閑な風景。

彼岸花を楽しみながら秋を感じてきました。

.maple

小川上流の彼岸花コースを入って直ぐ彼岸花の赤い帯が続きます。
009_2

0010_2

秋のお彼岸の頃に咲く事から彼岸花と言われ、また曼珠沙華とも言われています。

蝶々もお花見をしながら秋を感じているのでしょうか。
0011_2

彼岸花咲く周辺には長閑な田園風景が広がっています。 黄金色の稲穂は実る程に

頭を垂れ、少し頼りなさそうな案山子が稲穂を守っていました。
0012

小川の畔には赤に交じって数輪の白い彼岸花も見られました。 田んぼの畦道を歩い

ていると突然小川からバシャバシャと音が… 見ると数匹の大きな鯉も散歩中です。
0013

畦道に咲く彼岸花は約3万本と言われています。 雲間からは富士山も顔を覗かせる

長閑な風景、喧噪の街を離れゆっくりと時が流れて行きます。
0014

花言葉   : 情熱、悲しい思い出、想うはあなた一人、また会う日を楽しみに 他
曼珠沙華 : 天上の花、おめでたい兆し の意

名称、場所等 : 小出川の彼岸花・・・藤沢市~茅ヶ崎市

撮  影  日 : 2012. 10/上

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年10月 4日 (木)

Rainbow

朝、窓の外に目をやると大自然が思わぬプレゼントです。

大空に七色に輝く素晴らしい虹の橋が架かっていました。

虹との出合いは数年前に那覇空港上空で出合って以来かなぁ!

急いで愛用のコンデジを取り出してバシャバシャと・・・

でも、虹の架け橋が大き過ぎてコンデジ画面からはみ出してしま

います。 虹は濃くなったり薄くなったりを繰り返し暫く楽しま

せてくれました。 やがて虹が消えた空には青空が広がっていま

した。 幸せな気分にさせてくれた朝のひと時でした。

.cloud rain sun

551

552

553

那覇空港から宮古島へ向かう機中から(2010年10月・那覇空港上空)
554

名称、場所等 : 早朝の虹・・・横浜市内

撮  影  日 : 2012. 10/上

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年10月 3日 (水)

江の島から鎌倉へ

湘南江ノ島から古都鎌倉を訪ねました。

今回、初めて遊覧船で江の島へ渡る10分弱の船旅も・・・

島では今の季節だけ味わえる名物シラス丼の昼食の後、人気

の江ノ電で鎌倉へ向かいました。 鎌倉では四組の結婚式にも

出会い、私たちも幸せいっぱいの気分にさせてくれました。

 fish

江の島・サムエルコッキング苑から
島から眺める湘南の海は何処までも波静かで、ヨットも浮かぶ長閑な風景でした。
441

江の島観光灯台・シーキャンドル
島の中央に聳える灯台は四季折々のテーマでライトアップされ、別名シーキャンドル

とも呼ばれています。 灯台からは富士山や伊豆半島、箱根、大島、三浦半島等々が

眺められ、特に相模湾に沈む夕日は絶景です。
442

江の島大橋
江の島へは最寄駅からこの橋を渡り10分弱で到着します。 島には四季折々の花が

咲く庭園や洞窟、神社、土産物店や食堂、旅館等々連日多くの人たちで賑わいます。
443

江の島電鉄
江ノ電で鎌倉に向かいます。 レトロな電車は絶景の海岸線を走り湘南の人気者です。
444

鎌倉大仏
鎌倉への途中、大仏を訪ねました。 大仏の歴史は古く国宝にも指定されています。

高徳院の本尊でもある大仏は青銅製の阿弥陀如来座像で美男大仏です。

この日も多くの外国人観光客が訪れ、大きな大仏に興味津津の様子でした。
445

鶴岡(鎌倉)八幡宮
残暑厳しいこの日でしたが、参道には多くの参拝者が訪れ賑わっていました。
446

お幸せに
この日、参道から本殿までの間で4組もの花嫁花婿さんに出会いました。 人力車に

乗ったお二人、参道を歩いていた花嫁さんは私のリクエストに可愛いポーズで応じて

くれました。 又、本殿前の舞殿では今正にお二人が神様の前で永遠の契りを結んで

いました。 おめでとうございます。 いつまでもお幸せに・・・
447

名称、場所等 : 江の島、鎌倉大仏、鶴岡八幡宮・・・藤沢市、鎌倉市

撮  影  日 : 2012. 9/下

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

ピカチュー機とランチ

日々進化を続ける羽田空港は国際線も一部運航し、新しい滑走路

の完成と共に更に多くの世界の国々へと翼を広げようとしていま

す。 そんな羽田空港でランチを楽しみました。

airplane 

生まれ変わった空港、第一ターミナルで人気の江戸小町です。 国際線も飛ぶこの

ターミナルは、江戸の古い街並みをイメージしたお土産店や飲食店が軒を連ねます。
001

第二ターミナルは国内線が中心です。 今では中型機に変わりつつある航空各社です

が、B747型のピカチュー機が離陸に向かって滑走路へ向かいます。
002

食事を待ちながら窓から眺めると次々と旅客機が離発着して行きます。

遠くに人気のスカイツリーも望め、タワーを背に又一機着陸態勢に入ります。
003

話題の東京ゲートブリッジも望めます。 中央防波堤外側埋立地に架かるこの橋は、

飛行場に近い為橋の高さ制限と東京湾に入出港する船舶の為に橋桁を高くする必要も

あり、双方の条件を満たして建設されました。 特異な形の橋の長さは2,618m

海上部分1,618mは歩行が可能で絶景が望めます。
004

食事が運ばれてきました。 旅客機の離発着を眺めながらの食事、味も美味しかった

ですよ。 
005

食事中、先程のピカチュー機が轟音を残して旅立って行きました。 

数年前、沖縄便で偶然にピカチュー機に搭乗した懐かしい想い出が蘇りました。
006

airplane 名称、場所等 : 東京国際空港(羽田空港)・・・東京都

airplane 撮  影  日 : 2012. 9/下

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »