« チューリップ祭り | トップページ | 薔薇まつり »

2013年4月17日 (水)

大和の国の古寺参り

奥深い山々と渓谷に囲まれた地に建つ二つの古寺を訪ねました。

桜もほぼ散ったこの時期、訪れる人も少なく静寂の中の古寺は

神秘に包まれているようでした。

室生寺

室生山の山麓から中腹が境内の典型的な山岳寺院の室生寺は、女人

禁制だった「高野山」に対し女性の参詣も許されていた事から別名

「女人高野」とも言われ、奈良時代末期の草創と言われています。

室生川に架かる朱塗りの太鼓橋から仁王門、そして鎧坂を登ると金堂が建ちます。 金堂横の石段の上に高さ16mの五重塔が聳えます。 石段の両脇に咲く石楠花の開花には少し早くて残念でしたが、室生寺は石楠花が有名で開花時期には特に多くの人たちが訪れます。
001

樹齢600年とも言われる杉の巨木の間の石段を五重塔から更に400段上がると空海を祀る奥の院御影堂があります。 何処からともなく聴こえてくる虚無僧の吹く笛の音色が山々に響き身も心も引き締まります。
002_2

003_2

大野寺

春には樹齢300年の小糸枝垂れ桜2本、紅枝垂れ桜10本が競い

合う花の寺としても有名です。 又、宇田川の対岸の高さ30mの

大岩壁に刻まれた仏高11.5mの弥勒磨崖仏か拝める事でもよく

知られています。

古木の小糸枝垂れ桜は見事の一語に尽きます。 満開は一週間前との事で訪れた時は桜吹雪が舞っていました。
005_3

本堂奥には遙拝所が新しくなり正面から弥勒磨崖仏を拝めます。 この弥勒磨崖仏は鎌倉初期のものと言われ、大自然の中の仏様として崇められています。
06_3

007_2

場所等 : 室生寺、大野寺・・・奈良県宇陀市  ( camera ・ 4/中 )

camera お知らせ pen
 私事の都合でブログの更新、プロ友さんへの訪問を2~3週間
 お休みします。 またお会い出来る日を楽しみにしています。 
 


 

|

« チューリップ祭り | トップページ | 薔薇まつり »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
奈良県にいかれたのですね。威厳のある樹木が奈良らしさを醸し出していますね。

shine昼は明るいですけど、夜間は真っ暗になりそうです。ブログ更新の件、わかりました。
またお会いできる日までに下手なフルーツを練習し、ぴひゃららが上手くできるように邁進していきます。小動物にも興味あるので、フェレットなんかが欲しいですね。

投稿: ぴあの | 2013年4月17日 (水) 17時56分

おはようございます。
奈良のお寺の荘厳さが伝わって来ました。
あれ~しばしのお休みですね。
いつも素敵な言葉を楽しみに
していましたのに~♪
再開されるのを待っておりますわぁ~

投稿: ムームー | 2013年4月18日 (木) 09時32分

michiさん、こんばんは☆
桜の季節が終わって静かになった古寺、
趣があります。
いつか行ってみたいと思います。

ブログをお休みされるんですね。
寂しいですが、再開されるのをお待ちしています。

投稿: あき | 2013年4月18日 (木) 20時01分

michiさん、遅くなりました。
奈良は、京都と比べて華やかさはないですが
しみじみと味わえる素敵なスポットが多いですよね。
室生寺の石楠花有名ですよね。
一度見てみたいと思いつつ
今に至ります。
ブログお休みされるとのこと。
寂しいですが、お身体が大事です。
っ元気な姿でまたお会いできるのを楽しみにしています。

投稿: ぴあの. | 2013年4月19日 (金) 03時42分

室生寺、桜吹雪も素敵ね。
東京に来て早3週間、楽しんでいます。

投稿: ひろりん | 2013年4月20日 (土) 21時24分

ムームー様
あき様
ぴあの様
ひろりん様
いつも訪問ありがとうございます。
奈良に用事があって疾患治療を遅らせていました。
途中、古寺にもお参りして治療の無事をお願いしたのが
良かったのか治療も無事に終わりました。
拙いブログですがボツボツ再開したく思っています。
これからもよろしくお願いします。

投稿: michi | 2013年5月15日 (水) 19時51分

michiさん
こんばんは。
お待ちしていました~♪
お帰りなさいませ~
退院おめでとうございます。
若くて優しい看護師さんに親切に
していただいて回復も早かったのでしょうねぇ。
お父ちゃんも鼻の下を伸ばしていましたよ。
にらんでやりました、私という人がいるのにぃ~
うふふふ
ブログの再開楽しみにしております~
無理にならないようになさってくださいね。

投稿: ムームー | 2013年5月15日 (水) 20時19分

ムームー様
ムームーさん、お気遣いありがとうございます。
優しい看護師さんに囲まれて、もう少し入院したかった
のですけどねぇ~  追い出されました?
父ちゃんの気持分かるなぁ!
父ちゃん、鼻の下伸ばした者同志、仲良くしましょう!


 

投稿: michi | 2013年5月18日 (土) 18時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1492103/51270668

この記事へのトラックバック一覧です: 大和の国の古寺参り:

« チューリップ祭り | トップページ | 薔薇まつり »