« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

ドッグヤード・プロジェクションマッピング

20周年を迎えたランドマークタワーの記念行事の一環としてドッ

ヤードガーデン(重文)では最新の空間演出プロジェクションマ

ビングが行われており鑑賞しました。

高さ10m、横29m、船型の壁画を使った180度の空間を演出。

黒船来航、文明開化から現在、そして未来を飛ぶ船に乗って駆け巡

る横浜の歴史。 壮大なスケールとスピード、臨場感溢れる映像を

楽しみました。

日本初の180度体感型映像がドッグヤードガーデンの壁面に映し
出されます。 ガーデンへの入場は整理券が必要で各回500名に
制限されています。 この映像は海中を泳ぐ魚たちのようです。
00830b

横浜の現在の街ですが分かり難いですね(ジャックの塔辺り)
00830e

ガーデンでの鑑賞を終え次はガーデンを見下ろせる外から映像を楽
しみました。 ガーデンに座って映像を楽しむ人たちが見えます。
映像は黒船来航でしょうか。
00830f

今回の映像は横浜の過去から未来へが壮大に描かれています。
映像の写真撮影はOK(フラッシュは禁止)ですが、スピード感が
あり、写真では壮大さや臨場感をお伝え出来ないのが残念です。
00830g

備考:ドッグヤードガーデン・・・横浜市  ( camera  ・ 8/下 )





| | コメント (9) | トラックバック (0)

2013年8月18日 (日)

盆踊りの夜に…

暑い日が続いていますが皆さまにはお変わりありませんか?

お盆休みも終盤の週末、横浜みなとみらい21地区(MM21)で

第6回を迎えた大盆踊りが行われました。 港やベイブリッジも望

める絶好のロケーション。 MM21地区では色んなイベントも多

く、過ぎ行く夏を惜しんでいるかのようでした。

night

暮れ行くMM21地区、ひと際聳える大観覧車。 上空には綺麗な
月が輝いていました。
01

プラザを行くと何処からともなく歌声が… 通路に面したクィーン
ズサークルでは、横浜~沖縄の友好イベント「沖縄チャンプルカー
ニバル」が開催中で、沖縄出身のアーティストが熱唱していました。
02

通りかかった頃は歌もほぼ終りで、夏川りみさんが「涙そうそう」
を熱唱中でした。 黒山の人だかりで後ろからは殆ど見られず、
隙間から辛うじて見る事が出来ました。
03

沖縄大好き!夏川りみさん大好き!
もう少し早く着いておればと悔やまれた夏の夜でした。
04

プラザを抜けると盆踊り会場の臨港パークです。 ランドマークタ
ワーも望める会場では多くの人たちが踊りを楽しんでいました。
05

地域の交流を目的に第6回を迎えた大盆踊り。 どらえもん等の曲
も流され、櫓に上がる子供たちもいて大いに盛り上がっていました。
06

ベイブリッジも望める臨港パーク会場。 踊りへの参加は自由で
皆さんは夜の更けるのも忘れて楽しんでいました。
07

ホテルの上にも月が輝き、遠くにマリンタワーも望める臨港パーク。
潮風に当たりながらそれぞれの夏の夜を楽しんでいました。
08

近くの広場では外国人によるパフォーマンスも… 流暢な日本語と
芸で人々の笑いを誘っていました。 
夏の夜の街は眠りを忘れたか
のように人々で溢れていました。
09

備考 : 臨港パーク大盆踊り他・・・横浜市  ( camera  ・ 8/中 )








| | コメント (11) | トラックバック (0)

2013年8月16日 (金)

燈籠流し

例年になく暑い夏、恒例のお盆の燈籠流しが行われました。

住職の続経が流れる中、旅立った肉親を偲び、一つ一つに名前や想

いが書かれた燈籠が蛍のように幻想的に水面を流れます。

燈籠流し、送り火等心に沁みる行事、いつまでも残したい風習です。

clover

それぞれが名前や想いを綴った燈籠に明りが灯され、間もなく燈籠
流しが始まります。
01

川面を幻想的に流れる燈籠、人々は肉親を偲び自分が流した燈籠と
一緒に川面を下ります。 先祖の墓参も滞りがちな私も燈籠を川面
に流し肉親を偲びました。
04

07

街中を流れる川面の上流、川幅は未だ狭くやがてはビルの間をぬっ
て大海へと続きます。 春には桜の名所となる川面、旅立った肉親
を偲び人々の思いを込めた燈籠が静かに流れます。
08

場所等 : 横浜市  ( camera ・ 8/中 )




| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年8月10日 (土)

羽ばたく孔雀のように…(花火シリーズ・3)

夏の夜空に大輪の花を咲かせる花火。 一瞬の見事な芸術作品に

は魅了されます。

三浦半島南東部、南北約10キロに及び緩やかな弧を描く海岸線に

約1キロに渡って広い砂浜の三浦海岸があります。

海の家も完備の浜は、昼は多くの海水浴客で賑わい、今夜は見事

花火のエンターティメントに多くの人たちが酔いしれました。

night

暑かった夏の太陽も西の空に帰って行き、浜辺に吹く風も心地よく
焼けた肌を通り過ぎて行きます。
暗くなりかけた浜辺には多くの人たちが集い花火の開始を待ちます。
001_2

やがて辺りには夜の帳も下りて轟音と共に花火の開始です。
夜空をキャンパスに大輪の花が次々と見事に咲き競います。
003_2

広い白砂の浜辺に詰めかけた多くの人々はゆったりと花火観賞を楽
しんでいました。 夜空には創作や新作の花火、キャラクター花火
等々が次々と打ち上がり、子供たちからも歓声が上がっていました。
004_2

海岸をステージにして打ち上がる花火、特に夜空から降り注ぐ光の
シャワーと海面に大きく羽ばたく孔雀を連想させる花火とのコラボ
に人々は拍手喝采です。
夏の暑さを忘れさせてくれた納涼花火大会、楽しい夏の夜のひと時
でした。
011_2

012_2

名称等 : 三浦海岸納涼花火大会・・・三浦市  ( camera ・ 8/上 )





| | コメント (13) | トラックバック (0)

2013年8月 4日 (日)

開国花火(花火シリーズ2)

目の前に広がる東京湾の大海原。 沖には猿島が浮かび、黄昏迫る

悠然と飛鳥Ⅱの白い船体が外洋へと旅立って行きます。

よこすか開港祭のフィナーレを飾る開国花火が横須賀新港沖海上

打ち上げられ、会場周辺は多くの花火ファンで埋まりました。

真夏の夜のひと時、夜空に咲く大輪の花の競演を楽しみました。

会場の一つ、しおかぜ公園は早くから見物の人たちで埋まります。 
夕暮れと共に何処からともなく花火客を乗せた船が漂っていました。
0009

日没後の空は何とも表現出来ない美しさです。 蒼い空に赤い夕焼
けが混じり、花火を前に会場を埋めた人々に自然からの素敵なプレ
ゼントです。
0010

珍しくこの夜は気温が低く湿気も少なく、心地よい涼風が肌を通り
過ぎる絶好の花火観賞日和。 辺りも暗くなり、やがて轟音と共に
海面を赤く染めて夜空に七色の花が咲きます。
0080

米海軍横須賀基地ではこの日はフレンドシップディで一般開放日。 
基地内ではバザーや模擬店、演奏会等多彩な催しが行われました。 
基地見学を終えた人たちも夜は花火見物にと詰めかけます。

0122

約30分に凝縮された花火大会は、内容が濃くスターマインや水中
花火、キャラクター花火等々約5000発が次々と打ち上がります。
会場を埋めた人たちからはその度に拍手喝采でした。
0180

名称等:2013よこすか開国花火大会・・・横須賀市 ( camera ・8/上 )






| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年8月 3日 (土)

海上花火大会(花火シリーズ1)

暑中お見舞い申し上げます

夏と言えば花火! 夜空に咲く大輪の花に今年も酔いしれました。

第28回を数える地元新聞社主催の花火大会が今年も盛大に行われ

主会場の海辺の広大な公園は数時間も前から超満員。 花火客を乗

せた多くの船舶も海上を漂います。

横浜港大桟橋に停泊する豪華客船の乗客の皆さんも花火を楽しんで

おられるようでした。 心配された雨もなく、多くの人たちと一緒に

花火を楽しみました。

会場の一つとなった臨港パークは人気のみなとみらい地区にあり、
ベイ・ブリッヂやマリンタワー、大桟橋に停泊する飛鳥Ⅱも望める
絶好のロケーション。 有料にも拘わらず多くの人たちで満員です。
0020_2

やがて定刻に愈々花火の開始です。 今年の打上げ数は1.5万発。
海上から趣向を凝らして夜空に花を咲かせます。
雨は免れたものの微風の会場周辺、今年は連続打上げも多く、大輪
の花が煙で隠される場面もあって少し残念でした。
0021_2

022_2

023_2

約1時間半に及ぶ花火も滞りなく終了し、見物の皆さんは三々五々
と家路につきます。 最寄駅は混雑の為通行規制のアナウンス。
会場周辺一帯の花火客は最寄駅を避けて次の駅まで歩かれる人も…
夏の夜の楽しいひと時でした。 (昨年度は19万人)
024_2

名称等:第28回神奈川新聞花火大会・・横浜市 ( camera ・ 8/上 )

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »