« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月30日 (日)

春の海

ようやく訪れた春、心地よい風を肌に感じながら湘南の海を歩き

した。 沖合にはヨットが浮かぶ湘南の海、暖かく穏やかな浜辺で

母と子が春の休日を楽しんでいました。

yacht

湘南の海に白い帆のヨットが幾艘も波間に浮かびます。 逗子海岸
から眺める江の島の彼方には春霞の富士山が微かに浮かんでいまし
た。
001

青春を葉山で過ごした石原兄弟、逗子海岸には芥川賞受賞50周年
を記念した文学碑「太陽の季節」が建立されていました。
002

この日の森戸海岸は穏やかでヨットものんびりと海上に浮びます。
春の海 ひねもす のたりのたりかな…を実感です。
004

磯辺の切り立った岩山の見事な枝ぶりの一本の松は「千貫の松」
として名勝にもなっています。
006

青春を過ごしこの地をこよなく愛した裕次郎の記念碑には兄慎太郎
自筆の詩が刻まれ、今も多くの人たちが訪れています。
沖合には裕次郎の3回忌を記念して平成元年に灯台が建てられ、
「裕次郎灯台」の名称で沖合の名島の赤い鳥居と共に多くの人たち
に親しまれる景勝地となっています。
007

備考 : 逗子~葉山~森戸海岸  ( camera ・ 3/下 )








| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年3月21日 (金)

豪華客船

春なのに… 例年になく寒い日が続いた横浜にもやっと春らしさが

訪れ愈々観光シーズンの到来です。 浜っ子自慢の横浜港大桟橋

にも国内外から多くの客船が寄港するから楽しみです。

そんな折、豪華客船・クィーンエリザベス号(以下、QE号)がワー

ルドクルーズの途中、横浜に寄港し見学に駆けつけました。

ship

9万トンを超えるQE号。 深夜に大桟橋に接岸し旅で疲れた巨体
を休めていました。 海上からQE号見学の観光船もいっぱいの人
を乗せて海上に浮かびます。 上空に浮かぶ飛行船も歓迎飛行で
しょうか。
0015

ツートンカラーの船体に赤いファンネルが似合います。 横浜の観
光スポット・赤レンガ前広場~象の鼻地区~大桟橋にかけてQE号
歓迎の人たちで埋まります。
0046

大桟橋に接岸したQE号の船首から船尾方向、余りの大きさに船体
もレンズからはみ出します。 人気のみなとみらい地区の高層ビル
群もQE号に人気を独り占めされたようです。
0098

くじらの背中とも言われる大桟橋歓送デッキにはひと目QE号を見
ようと集まった人たちで溢れんばかりです。
0120

QE号は深夜に入港し再び深夜の出航でした。 背が高く普通だと
ベイブリッヂにつかえるので大潮の引き潮を狙っての接岸、出航だ
ったようです。 今回は慌ただしい寄港でしたが、又いつか是非横
浜へ迎えたいものです。
0131

ship

もう一つの豪華客船

横浜港を母港とする豪華客船・飛鳥Ⅱ、大桟橋で束の間の休息です。

QE号が入港する約1週間前の休日、用事を済ませた帰りに飛鳥Ⅱの

出航を見送る機会に出会いました。

大桟橋で旅の疲れを癒す飛鳥Ⅱ、快晴の空に白い船体が眩しく輝き
ます。 赤レンガ倉庫前広場を散策する人たちも優雅な飛鳥Ⅱに見
惚れます。
1026

出航準備もすっかり整い大桟橋でゆっくりと船体を休めていました。
バルコニー付の客室でいつか旅が出来る事を夢見ながら…
1048

大桟橋から山下公園へ… 今回はここから飛鳥Ⅱの出航を見送りま
した。 大きな船体がゆっくりと大桟橋を離れます。 
哀愁の秘話の主人公「赤い靴を履いた女の子」像も遙か異国を偲び
つつ飛鳥Ⅱを見送っているようでした。
1069

ゆっくりとした速度でベイブリッヂを目指します。 港には夕暮れが
迫り白い船体が赤く染まり輝いていました。 この日から1泊2日
のワンナイトクルーズへ、そして3日後から112日間の世界一周
へ旅立ちます。 次は7月1日横浜寄港のようでした。
豪華客船の旅は夢のまた夢、皆さんがいい旅でありますように…
1079

備考 : 豪華客船・クィーンエリザベス号&飛鳥Ⅱ 

          ( camera ・ 3/中 & 3/上 )









| | コメント (7) | トラックバック (0)

2014年3月16日 (日)

夢の国のパレード

開園30周年を迎えた東京ディズニーランドは趣向を凝らした期間

限定のエンターテイメントで益々盛り上がりを見せています。

ゲートを入るとそこはもう夢の国、老若男女を問わず誰もが幸せ

いっぱいになれる不思議の国です。

数々のアトラクションを楽しみ、そしてハピネス・イヤーの今、

ディズニーの仲間たちが繰り広げるスペシャルバージョンの昼と夜

二つのパレードも楽しみました。

happy01 happy01 happy01

ゲートを入ると目に飛び込んでくるシンデレラ城は30周年パージ
ョンに飾られ青空高く聳えていました。
001_2

幾つかのアトラクションを巡りながらパレードの開始を待ちます。
30周年を迎えた今、期間限定の幸せをテーマにしたスペシャルバ
ージョンのパレードが始まり、ディズニーの仲間たちが訪れた人た
ちを幸せいっぱいにしてくれます。
可愛い三匹の子豚の愉快な行進に笑みが零れます。
002_2

大きなピンクの象さんがゆっくりと通り過ぎて行きます。 象さん
の上からも、周りの観客からも千切れんばかりに手を振ります。
003_2

やがて白鳥のフロート車に乗ったお姫様が通り過ぎて行きます。
観客も幸せいっぱい、笑顔いっぱいです。 誰もが笑顔になるハピ
ネスをディズニーキャラクターと分かち合えた昼のパレードでした。
004_2

再び幾つかのアトラクションでヒヤヒヤドキドキのスリルを楽しん
だり、3D映像で旅をしたり、可愛いキャラクターと遊んだり…
やがて園内にも夜の帳が訪れます。 ふと見上げると真っ暗な夜空
に記念バージョンで飾られたシンデレラ城が燦然と輝いていました。
005_2

愈々夜のエレクトリカルパレード・ドリームライツがお馴染みの
ディズニーミュージックに乗せて幻想的に始まります。
ウェスタントレインの上からは人気者のミッキーが愛嬌を振り撒き
ます。
006_2

パレードは絶え間なく続き周りを取り囲んだ観客からため息と歓声
が続きます。 身体を七色に変えながら大きなモンスターが通り過
ぎて行きました。
007_2

大人気のプーさんの登場で一段と歓声が上がります。
目的のアトラクションの時間予約券は幾つか確保出来たのですが、
プーさんと旅する「プーさんのハニーハント」の予約券は早々に無
くなり、予約券無しでは長時間待ちで断念、見れずに残念でした。
008_2

はて、これは何でしょう? 天に届かんばかりの巨体を鮮やかな色
に変化させながらモンスターが悠々と通り過ぎて行きました。
009_2

可愛いですね。 以前に訪れた時も出会ったてんとう虫君、少し大
きく成長して愛嬌たっぷりに通り過ぎて行きました。
010_2

大きなピンクキャットの上からシンデレラ似のお姫様が微笑みかけ
ます。 可愛く愛嬌あるキャットの顔、目の前を通り過ぎ大きく可
愛いお尻と尻尾が遠ざかって行きました。
30周年バージョンのシンデレラ城が輝きを増していました。
011_2

煌びやかな飾りのフロート車やキャラクターたちが通り過ぎます。
綺麗な花で飾られたフロート車から天使が微笑み観客に幸せをいっ
ぱい振り撒きながら通り過ぎて行きます。 
夢の国で過ごした幸せなひと時、楽しかった思い出を胸いっぱいに
して家路に着きました。
012

備考:東京ディズニーランド30周年記念  ( camera ・ 3/中 )
    THE HAPPINESS YEAR ( 2013 4/15~2014 3/20 )











| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年3月 8日 (土)

三浦の桜まつり

弥生3月を迎えても寒気の居座りで真冬並みの日々が多いこの頃で

すが、三浦半島では河津桜が元気に見頃を迎えていました。

関東では一足早く花を咲かせる三浦海岸の河津桜、そんな春色の風

景を訪ねました。

三浦海岸駅を降りるといっぱいの花弁をつけた桜が満開を迎え、特
設テントでは地元の新鮮野菜や特産品が販売され賑わっていました。
010

桜まつり会場に向う沿道には地元の人たちが植え育てた約千本の
河津桜が咲き、可憐な菜の花とのコラボが見事でした。
011

沿道に続く桜並木と菜の花の横を通り過ぎる赤い電車、訪れた多く
の人たちは見事な風景のシャッターチャンスを狙っていました。
0022_2

0048

満開の河津桜、可愛い花弁が青空に映えてとっても素敵でした。
0060

桜まつり会場の小松ヶ池に到着です。 近くでは露店も店開きし、
満開の桜の下では早春の日射しを浴びて人々が花見を楽しんで
います。 ピンクの桜の花の帯が水面に映り揺らいでいました。
0070

0074

最寄駅への帰りは野菜畑の中の道を通りました。 緑の野菜が元気
に育つ傍で農家の人が新鮮野菜を販売していました。 安くて新鮮
な採れたて野菜は何よりのご馳走です。 空っぽだったリュックが
新鮮野菜でいっぱいになりました。
尚、桜まつりは3月16日まで行われています。
0091


備考:三浦海岸桜まつり…三浦市(神奈川)  ( camera ・ 3/上 ) 













| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »