« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月30日 (金)

花火

湘南に夏の訪れを告げる第57回逗子海岸花火大会が行われまし

た。 今年で市制60周年を迎える逗子市、お祝の花火も夜空に花

を咲かせます。

最寄駅から徒歩10分のアクセスの良さ、花火会場の海岸は早くか

人々で埋め尽くされました。

一般応募のメッセージ花火を皮切りに、海上を色とりどりに染めて

豪快に花火が夜空に打ち上がります。

夜空に咲く大輪の花、楽しいショータイムは瞬く間に過ぎて愈々フ

ィナーレを迎えます。 呼び物のグランドフィナーレは15分間に

約6000発の花火が夜空に舞う見事さ、人々はひと足早い夏の夜

の花火に酔いしれました。

happy01 happy01 happy01

海岸を埋めた観衆、湘南の海は暮れて行きます
0001

音楽に乗せて定刻に花火の打上げが開始されます。
見事な花火の数々をご覧ください。
0135

0200

0201

0225

0241

備考 : 第57回逗子海岸花火大会(主催・逗子市観光協会) 
     ( camera ・ 5/下 )









| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年5月25日 (日)

文学館とバラ園

湘南海岸を走るレトロな江ノ電、最寄駅から数分も歩くと緑が眩し

い小路になります。 オゾン注ぐ小路の招鶴洞を潜ると木立に囲ま

れたお洒落な洋風建築の文学館に着きます。

館からは広い庭園越しに湘南の海も一望出来る絶景のロケーショ

ン。 庭園ではバラまつり開催中(~6/8迄)で、色とりどりのバラ

見頃を迎えていました。

tulip bud tulip bud

最寄駅から数分も歩けば文学館への緑の小路です。 目にも鮮やか
な緑のトンネルに身も心もリフレッシュです。
1001

オゾン降り注ぐ小路を行くとやがてお洒落な洋風建築の文学館に着
きます。 前庭に裸婦像が建つ館は加賀百万石の前田家の別邸で、
後に鎌倉市に寄贈された鎌倉を代表する洋風建築物で、国の有形
文化財になっています。
1004

バラ園では色とりどりのバラが美を競っていました。 
洋風建築の館とバラがマッチしてとても素敵な風景です。
1006

194種ものバラにはこの地にゆかりの深い名前、国内外の皇室や
著名人の名前等々を持つバラが植えられているのも見どころの一つ
となっています。
1026

このバラにはプリンセス ドウ モナコの名前が付けられていました。
かってのモナコ王妃を偲んででしょうか? 
1051

S11年建築の館は三方を山に囲まれ、唯一開けた正面の芝生広場
とバラ園越しには湘南の海が望める絶景です。
S58年、鎌倉市に寄贈された館は文学館として当地にゆかりの文
学者、川端康成、夏目漱石、与謝野晶子他の作品や愛用品等が収
集保存されています。
1054

備考:鎌倉文学館バラまつり  ( camera ・ 5/下 )





| | コメント (7) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

トライアスロン横浜大会

五月晴れの空、初夏のような太陽が燦々と降り注ぐ港町よこはま。

世界シリーズ第3戦・2014世界トライアスロン横浜大会が行われ

国内外の多くの選手たちが横浜を駆け巡りました。

世界の選手たちが出場した初日のエリートの部には残念ながら行け

ませんでしたが、2日目のエイジの部には知人の出場もあり応援に

駆けつけました。

run bicycle yacht run

多数参加のエイジの部は幾つものグループに分かれてのスタートで
す。 公園の前面海上で行われる1.5kmのスイム、選手たちは緊
張の面持ちでスタートの合図を待ちます。

010d

海上の折り返し点付近を力泳する選手たちは1.5kmを泳ぎます。 
選手の周りには多くの救助舟が選手の安全を見守ります。 
何名かの選手が救助舟で岩壁へと運ばれていました。

0021

スイムを終えた選手たちは公園周辺を周回する40km
(エイジ2部は20km)のバイクに挑戦です。

0050

緑が目に眩しい公園通りを選手たちはゴール目指してペダルを踏み
ます。

0055

レースも愈々終盤を迎えました。 公園を周回する10km(エイ
ジ2部は5km)のコースで健脚を競います。 
スイム会場の海が広がる周回コース、豪華客船も旅の疲れを癒して
いました。

0060

ランのコースとなった公園ではバラが見頃を迎えていました。 
力走する選手には家族や知人から声援がかかります。 満開のバラ
と声援に励まされて選手はゴールを目指して最後の力走です。

0064

備考 : 世界トライアスロン横浜大会(エイジの部)・山下公園周辺 
      ( camera ・ 5/中)

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

帆を上げて ~日本丸・総帆展帆~

かっては太平洋の白鳥と言われた初代の帆船日本丸。

船員育成を目的に1930年就航、多くの船員を世界に送り出して

きました。 

五月晴れの休日、この日は29枚の帆を全て広げる総帆展帆が行わ

れ、大空を羽ばたく優雅で美しい白鳥のような姿に訪れた人たちは

魅了されました。

yacht ship yacht ship

MM21地区へ続くスカイウォークに着いた頃には既に帆の一部が
広げられていました

0002

29枚すべての帆が広げられた帆船日本丸とランドマークタワーは
MM21地区の人気スポットにもなっています
0049_3

帆船が係留されている日本丸メモリアルパーク広場では市内の中学
校吹奏楽部による演奏が行われ多くの人たちが聴き入っていました

0090

五月晴れの青い空に白い帆が良く似合っていました
0112

備考 : 帆船日本丸の総帆展帆(横浜市)   ( camera ・ 5/中 )

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2014年5月 6日 (火)

鯉のぼり

肌を通り過ぎる風が心地よい五月、楽しみだった今年のGWも愈々

お終いですね。 皆様も楽しく過ごされた事でしょう!

そんな五月の心地よい風を肌に感じながら賑わう街を散策しました。

happy01 chick ship shine

人気のみなとみらいから続く汽車道の終りに凱旋門を彷彿させるよ
うな一風変わった形のホテルがあります。 建物の中程の門(?)
が額縁の役目をしていつも素敵な風景を楽しませてくれます。
そんな額縁の中では五月の風をいっぱいに受けて色とりどりの鯉が
気持ち良さそうに泳いでいました。 子供たちの幸せを祈って・・・

A0544

この日は県庁舎が一般公開されていました。 知事室や貴賓室を見
学してキングの塔が聳える屋上へ・・・  大きな鯉が大空を舞ってい
ました。 屋上から眺める大桟橋には豪華大型客船が航海の疲れを
癒していました。

A0545

備考: ナビオス横浜、神奈川県庁舎  ( camera ・ 5/上 )


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

よこはま港まつりパレード

GWも後半に入った週末、横浜開港祭みなと祭りのオープニングを

飾る恒例の第62回よこはまパレードが華やかに行われました。

キッヅパレードに続いて行われたスーパーパレードはマーチングバ

ンド、ダンス、踊り、パフォーマンス等々、学校、企業、団体等が

参加する大人気のイベントです。 全長3.4kmのコースで行われ

沿道は多くの人たちで埋め尽くされました。

notes happy01 notes happy01 

パレードの先導を務める県警音楽隊の見事な演奏と行進です
0017

震災の東北からは花笠まつりと相馬盆踊りの皆さんの元気いっぱい
の参加に沿道から大きな声援でした
0039

人気の中華街を抱える横浜、華僑の皆さんによる龍舞や獅子舞が
道路いっぱいのパフォーマンスです
0062

武者姿の皆さんの行進に当時が偲ばれます
0138

琉球国祭り太鼓は南国ムードいっぱい、一段と賑やかに晴れやかに
パレードが盛り上がります
0217

県下の複数の大学による見事なマーチングバンドや米軍軍楽隊等
多数が参加し見事な演奏と行進を披露してくれました
0240

アンデス土着の民族音楽を演奏するグループが民族衣装で行進です
0261

県下の複数の中学、高校の吹奏楽部、マーチングバンド部も見事な
演奏と行進を披露してくれました
0414

パレードの最後を飾る横浜市消防音楽隊の見事な演奏と行進に
いつまでも見惚れてしまいます
0486

備考 : ザ よこはまパレード2014  ( camera ・ 5/上 )










| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年5月 2日 (金)

東京・躑躅と鯉のぼり

   都内でも有数のツツジの名所と言われている根津神社、

   そして古の江戸城に咲くツツジの美しい庭園を訪ねました。

根津神社・文京ツツジまつり
ツツジの名所として知られ重要文化財の根津神社、この日は「文京
つつじまつり」の期間中でもあり境内のツツジ苑には満員の人たち
が訪れていました。
約百種類三千株のツツジが密集する苑内には早咲き、遅咲きがあり
遅咲きは今が満開、皆さんは美しい花の風景を堪能されていました。

0023

0052_2

0067

文京つつじまつりの文京まといが賑やかに行進です
0094

皇居東御苑
高層ビルが連なる丸の内を抜け皇居大手門から東御苑へ一歩入る
と大都会の喧騒が嘘のように広大で静かな庭園が広がります。
御苑には刃傷沙汰の松の廊下跡や大奥跡、そして天主台跡も残り
兵どもの夢の跡が偲ばれます。
二の丸庭園の絨毯を敷き詰めたように咲くツツジの後方に、江戸時
代を偲ぶ数寄屋風の茶室が建ち、見事な風景を創り出していました。

大手門では旧大手門渡櫓の屋根に飾られていた鯱が迎えてくれます
0109

江戸城大奥跡の芝生の向こうには高層ビル群が聳えます
0132

ツツジの絨毯と江戸を偲ぶ諏訪の茶室の風景が見事でした
0150

尚、江戸城天主を三代将軍家光が建てた5階建、高さ60mを再現、
  東京五輪の開幕に合わせ竣工を目指す計画があるようです。

東京タワー・鯉のぼり
東京タワーには高さと同じ333匹の鯉のぼりが元気に泳ぎます。
55周年が過ぎた今も東京のシンボルタワーとして輝いていました。

0222 

備考 : camera ・ 4/下

0052

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »