« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月23日 (月)

古寺院の紫陽花を訪ねる

四季を通して観光客で賑わう鎌倉ですが、特にこの時期は古寺院に

咲く紫陽花見物の人たちで混雑します。 そんな古寺院を北鎌倉か

ら鎌倉へ… 紫陽花が見事な四ヶ所の古寺院を訪ねました。

shoe camera train shoe

東慶寺
JR北鎌倉から徒歩数分、かっての尼寺の風情を残す地に満開の
紫陽花が参拝者を迎えてくれます。 石段を上った山門から墓苑
へと続く道の両側には紫陽花が咲き、仏像佇む奥の花菖蒲も満開
を迎えていました。
0009

明月院
鎌倉の紫陽花と言えば明月院が有名で別名・紫陽花寺として知られ
ています。 この時期、北鎌倉駅からの参道は紫陽花見物の人たち
で混雑します。 院内を埋め尽くすブルーを中心とした日本古来の
姫紫陽花は見事の一語に尽きます。

山門へと続く紫陽花の道は一番の見所、この日も多くの人たちで賑
わっていました。
0030

枯山水の庭園前の本堂、円窓越しに見られる奥庭園は、初夏の花菖
蒲、秋の紅葉の時期のみ特別公開されます。 円窓越しの風景も見
事でこの日も多くの人たちが行列を作っていました。
0035

院内のお休み処・月笑軒。 赤い傘と紫陽花の風景が見事でした。
0039

成就院
北鎌倉から徒歩で鎌倉へ… 人気の江ノ電で成就院へ向かいまし
た。 関東の駅百選の極楽寺駅から数分の成就院、本尊は縁結びの
不動明王で、本堂前の分身は人気のパワースポットでもあります。
0124

しかしこの寺院の一番の人気は両側に紫陽花が咲く108段の石段
の参道です。 紫陽花咲く彼方には弧を描くように由比ヶ浜が眺め
られる絶景です。
0132

電車と紫陽花
成就院から次の目的地までの途中に紫陽花と電車が見られる人気
の踏切があります。 線路の両側に咲く紫陽花、その中をレトロな
江ノ電が走ります。 踏切付近では皆さんが電車と紫陽花のシャッ
ターチャンスを狙います。 
0161a

長谷寺
紫陽花の名所としても人気の長谷寺、経蔵裏の眺望散策路にはこの
時期多くの人たちが紫陽花見物に訪れ、入場の順番が来るのを待ち
ます。 この日は約30分待ちでした。
0171

裏山の急斜面に植えられた約2500本の紫陽花は山を埋め尽くす
見事さです。 眺望散策路からは紫陽花を楽しみながら由比ヶ浜も
眺められる絶景です。
0212

0222

備考 : 北鎌倉~鎌倉・古寺院散歩  ( camera ・ 6/中 )


| | コメント (9) | トラックバック (0)

2014年6月19日 (木)

菖蒲まつり

都内でも菖蒲の名所の一つとして知られている菖蒲園を訪ねました。

菖蒲まつり開催中の園内には色とりどりの菖蒲が見頃を迎えていま

た。 雨が似合う菖蒲ですが、この日も真夏のような太陽が降り

注ぐ園内、訪れた人たちも木陰で休憩しながら観賞されていました。

sun sun sun

初めて訪ねた菖蒲園、整った園内にはそれぞれに名前が付けられた
約二百種六千株の花たちが美を競うように咲いていました。
001_2

002_2

003_2

004_3

大都会の中を流れる荒川の河川敷、緑の芝生が広がる風景は大都
会の中に居る事を忘れさせてくれます。
広い川巾の荒川越しに聳えるスカイツリーを背景にして花菖蒲が咲
き、川辺では午後のひと時を楽しむ釣り人が一人、ここだけ時が止
まっているような長閑な風景でした。
006_2

備考 : 堀切菖蒲園&堀切水辺公園  ( camera ・ 6/中 )





| | コメント (7) | トラックバック (0)

2014年6月13日 (金)

アドベンチャーワールドへ

風光明媚な南紀白浜、行きたかった冒険の国・白浜アドベンチャー

ワールドを訪ねました。 多くのパンダたちや白クマとの出会い、

ケニア号で巡るサファリーワールド、そして色んな動物たちとの

触れ合い、そんな期待を抱きゲートを潜りました。

さて、どんな出会いが待っていたのでしょうか。

白浜駅からバスに揺られて約10分でゲートに到着です。
ゲートに描かれたパンダや動物たちのの姿に夢が膨らみます。
エントランスドームでは仲良しオウムの出迎えを受け園内へ…
0138

園内で最初に出会ったのが愛嬌いっぱいのレッサーパンダ、早々と
お昼寝でしょうか。 無邪気な寝顔がとっても可愛いですね。
0151

ブリーディングセンターでもジャイアントパンダが爆睡中です。
パンダは何カ所かに分かれて展示されていましたが、思っていた
ように多くのパンダに出会えず残念でした。
0156

サファリーワールドを巡るケニア号に乗車し動物たちの世界を訪ね
ました。 凛々しい顔のトラたち、家族揃って爆睡中のライオン、
お馴染みの象やキリン等々を約30分で巡ります。 草食動物区は
歩いて回る事も出来、猛獣区域もレンタル車でも回れます。
レンタル車で巡るお客さんに餌を強請る熊さん、滑稽な姿に笑みが
こぼれます。 
0193

ビッグオーシャンではイルカショーが楽しめます。 沢山のイルカ
が色んなパフォーマンスを披露し楽しませてくれました。
0268

大いに楽しめたのは優しい動物や鳥たちと出会えるふれあい広場
でした。 ミーアキャットの滑稽な姿、何か身体に感じると思って振
り返るとカピバラだったり、兎やアヒル、フラミンゴ等々に混じって
見事な羽根のクジャクが散歩していたり・・・ 
色んな動物や鳥たちに出会い、触れ合って楽しいひと時でした。
0279

0302

0325

怪獣館の一角では生後約半年の白クマの子供に出会えました。
愛くるしい姿に人々は何時までも見入っていました。
0339

比較的コンパクトに纏ったアドベンチャーワールド、ここでは一部
の動物しか紹介出来ませんでしたが、食事やレクチャータイム、
一緒に写真を撮ったり、象さんに乗ったり、家族連れや子供たち
が楽しめる施設だと思いました。

備考 : アドベンチャーワールド(和歌山・白浜) ( camera ・ 6/上 )


























 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年6月 9日 (月)

嵯峨野・嵐山を散策

緑萌える嵯峨野~嵐山、そんな嵯峨野の寺院を散策しました。

既に梅雨入りだった京都、週末とあって街は観光客でいっぱいでし

が、嵐山~嵯峨野は比較的のんびりと新緑を楽しめました。

嵯峨嵐山駅を降りると小雨模様、散策予定を変更して雨宿りも兼ね

トロッコ列車に乗車、保津川渓谷の風景を楽しみました。

観光トロッコ列車
ノスタルジックな気持にさせてくれる観光トロッコ列車が嵯峨駅に
入線です。 木製の座席、天上からはランプ風の電灯、5号車は窓
ガラスが無いオープン車両、保津川渓谷に沿って7.3キロを25分
で走る観光トロッコ列車です。

1499

保津川下り
緑萌える渓谷沿いをのんびりと走ります。 景勝地ではスピードを
緩める配慮もしながら終点の亀山駅へ。 人気の保津川下りはここ
から始まります。 今回は同じ列車で嵯峨嵐山駅へと折り返しまし
た。 時々雨降る中、保津川下りの舟が何艘も川を下ります。

1594

常寂光寺
トロッコ嵐山駅で下車、天候も回復し周りを緑に囲まれた道を常寂
光寺へ向かいます。 山門から仁王門、本堂へと続く道は緑のトン
ネルで心が和みます。 苔生す庭園の奥には檜皮葺で重文の多宝
塔が建つ日蓮宗のお寺。 京都でも屈指の紅葉の名所として知ら
れています。

2636

麦畑
京都は何処へ行っても魅力的な場所に出会います。 散策の途中に
こんな風景に出会いました。 散策中の人たちは立ち止まってシャッ
ターを押されていました。 見事な麦畑に暫し見惚れました。

3658

二尊院
釈迦如来と阿弥陀如来のニ体の本尊を祀ることからつけられた寺の
名前の由来。 総門から本堂までの参道は「紅葉の馬場」と呼ばれ
る紅葉の名所。 時間が止まったような緑いっぱいの石畳の参道を
楽しみました。

4672

祇王寺
苔庭の緑が目に眩しく歩くのも忘れます。 平清盛と二人の女性の
秘話が伝わる真言宗の尼寺に歴史の流れが偲ばれます。

5691

竹林の道
通りたかった竹林の道を歩きました。 見事に整備された竹林の道
を着物姿の素敵なお嬢さんが散策です。 暫くご一緒してモデルに
もなって貰ったり…、楽しい道行きでした。

6716b

野宮神社
珍しい黒木鳥居の神社は源氏物語の別れのシーンの舞台でもあり
縁結びの神様として有名です。 この日も多くの善男善女が訪れて
いました。 暫くご一緒したお嬢さんともここでお別れです。
彼女たちも熱心にお祈りをされていました。

6735

渡月橋と嵐山
大堰川に架かる長さ154mの渡月橋は嵐山のシンボルです。
数年前の大洪水から復旧を遂げ緑の嵐山を借景に見事な姿を楽し
ませてくれました。

7757

京都駅
前夜遅く着き京都で宿泊しました。 巨大な京都駅の屋上階段の見
事な光のパフォーマンスに暫し見入っていました。 
京都は何時訪ねても人の洪水、四季を通して観光客の耐える事の無
い人気の京都に今更ながら驚かされます。

8760

観光トロッコ列車、緑鮮やかに萌える寺院、散策をたのしんだ竹林、
散策中は雨にも合わずに思い出いっぱいの京都になりました。

備考:観光トロッコ列車、常寂光寺~二尊院~祇王寺~竹林の道~
     野宮神社~渡月橋   ( camera ・ 6/上 )





 

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2014年6月 3日 (火)

遠い花火

市民の祭り、第33回横浜開港祭が5月末から6月初めの3日間に

行われました。 いよいよ横浜の夏がスタートです。

陸、海、ステージに分かれた40を超える多彩なプログラムは五感

で体験し楽しめるものばかりで毎年多くの人たちで賑わいます。

最終日の「光と音・水と花火のショー」は30分間に約6000発の

花火が優雅に豪快に舞い、横浜の夜空を美しく彩ります。

shine shine shine

毎年約70万人もの見物客で賑わう横浜開港祭。 今年は残念なが
ら見学出来ませんでしたが、最終日の花火ショーの一端を約7~8
km離れた家の窓から眺めチョッピリ祭り気分に浸りました。

シンボルのランドマークタワーを背景に花火が上がります。
0068


0084

備考 : 第33回横浜開港祭2014(横浜・臨港パーク海上) 
      ( camera ・ 6/上 )



  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »