« 横浜国際女子マラソン | トップページ | 晩秋の九州旅(前篇) »

2014年11月21日 (金)

黄葉の銀杏並木

南下していた寒気が去ったとは言え冷たい空気に冬近しを感じます。

今まで緑だった銀杏の葉っぱも季節に遅れじと急いで黄葉に色づ

いて来ました。 そんな早朝の銀杏並木を歩きました。

       maple    shoe    maple    shoe    maple

観光にも人気の山下公園沿いの公園通り、神奈川の景勝50選の
銀杏並木には約200本の銀杏の大木が朝陽を浴びて黄色く輝い
ていました。
        0033
        0034

銀杏並木に沿って山下公園があり、バラ園では色とりどりのバラが
寒さに負けじと満開を迎えていました。
        0035

山下公園から日本大通りへ…、日本の鎖国が終焉を迎えた日米
和親条約締結の地では街の多くの名画家さんたちが過ぎ行く秋を
惜しんで絵筆を走らせていました。
        0036

横浜ベイスターズの本拠地・横浜スタジアムがある横浜公園から港
へと続く日本大通りでは朝陽を浴びた銀杏並木が青空に映えます。
        0038

備考 : 山下公園通り銀杏並木他  ( camera ・ 11/下 )

*いつもお訪ねいただき有難うございます。
 来週は留守の為、ブログへのお訪ね及び更新が
出来ません
   のでよ
ろしくお願いします。

    














|

« 横浜国際女子マラソン | トップページ | 晩秋の九州旅(前篇) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

山下公園の銀杏並木、美しい季節ですね。
たくさんの数の木が一斉に黄葉して見事です。
ニュースで、銀杏の実の匂いが問題の事を言っていましたが
どうでしたか?
早朝歩いたようで気持ち良かった事でしょう。
どちらにお出かけですか?
楽しまれて来て下さい。

投稿: ルーシー | 2014年11月22日 (土) 22時37分

michiさん
おはようございます。
朝陽に映える銀杏並木美しいですね。
この間、見たところなので何か嬉しいですわぁ。
歴史上の場所なんですね、鎖国が終焉した場、
スケッチされるのにいい場所ですね。
綺麗なバラが引き立ちますね。
ちらっとバスで通過しただけですが、海辺で明るくて
好い街ですねぇ~♪
タワーから見えた球場ですねぇ♪
あら~お留守になりますのね、寂しいことですわ。
更新とお出で下さるのを待ちわびて
おとなしくしています~
行ってらっしゃいませ~♪

投稿: ムームー | 2014年11月23日 (日) 07時05分

michiさん、こんばんは♪
銀杏並木きれいですねぇheart
この3連休は、穏やかな日差しが降り注ぐ日々でしたね。
薔薇の花もきれいに咲いていますね。
michiさん、今度はどこへお出かけなんでようね?!
また、旅の報告聞かせてくださいね~wink

投稿: ぴあの | 2014年11月24日 (月) 22時52分

michiさん、どこへお出かけかしら。
どうぞお気を付けて。
ブログアップ、楽しみにしてます。

投稿: ひろりん | 2014年11月29日 (土) 17時32分

maple ルーシーさま
日本大通りと公園通り、自然に育った銀杏もボツボツ
葉っぱを散らしています。
素敵な匂い(?)いっぱいの実も落ちて踏まれて可哀想! 
御堂筋(大阪)は実の収穫は入札すると聞きましたが、
横浜は拾い放題なのにね~

maple ムームーさま
そうですね、ムームーさんはこの通りをバスで楽しまれたのですね。
横浜では人気の観光地の並木路なんですよ。
日米和親条約…この場所ではいつも誰かが絵筆を
走らせています。 この時期は紅葉も綺麗で、教会も
絵になって人気なんでしょうね。

maple ぴあのさま
港町よこはま、銀杏並木も公園の小さなバラ園も
港の船とマッチして素敵な風景ですよ。 浜っ子たちも
大好きな場所ですね。 3連休、楽しまれましたか? 
新幹線とバスと船の旅から戻りました。 
upを楽しみにしていて下さい。

mapleひろりんさま
以前から計画していたツアー旅でした。
参加者一同和気あいあいと過ごした7日間、
新たな仲間も出来て楽しい旅でしたよ。 


投稿: michi | 2014年12月 1日 (月) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1492103/58053210

この記事へのトラックバック一覧です: 黄葉の銀杏並木:

« 横浜国際女子マラソン | トップページ | 晩秋の九州旅(前篇) »