« 晩秋の九州旅(前篇) | トップページ | 皇居の紅葉 »

2014年12月 7日 (日)

晩秋の九州旅(後編)

九州の旅も5日目を迎えました。 九州初日を由布院温泉で癒し、

紅葉の金鱗湖から始まった旅も4日目は薩摩半島最南端のホテル

に宿泊。 翌5日朝は好天に恵まれ残り少なくなった旅への期待

が膨らみます。

  bus ship bullettrain ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°bus ship bullettrain

指宿の朝焼け(鹿児島県)
砂風呂を備えたホテルに宿泊、美味しい食事と温泉を堪能した翌朝
錦江湾は朝焼けに染まっていました。 朝食から部屋に戻ると陽は
既に昇り錦江湾は眩しく輝いていました。
       02701

熊本城(熊本県)
地産の工場等を見学の後、鹿児島中央駅から熊本駅迄は九州新幹
線で移動です。 バスが回送される間を利用して加藤清正公築城の
熊本城を見学。 場内の銀杏の大木も黄葉に輝いていました。
       02702

有明海フェリー(熊本県~長崎県)
熊本新港からフェリーで島原新港まで約1時間の船旅です。
港を離れると沢山のカモメたちが乗船客に餌を強請って飛び交い
ます。 好天で穏やかな海、フェリーも快適に航海を続け、やがて
前方に噴煙の普賢岳が姿を現すと島原新港は目前です。
       02703

雲仙温泉(長崎県)
島原市街からバスは雲仙温泉へと向かいます。 到着した雲仙は辺
り一面に火山の湯気や蒸気が吹き上がり、後方の紅葉の山々にも
夕暮れが迫っていました。 自由散策で地獄巡りを楽しみました。
       02704

グラバー邸(長崎県)
翌朝バスは異国情緒漂う長崎中心街へ… 先ず訪ねたのは貿易商
グラバー氏の邸宅、今は重文で日本最古の木造洋風建築のグラバ
ー邸、十数年前に訪ねた時と変らぬ風景が迎えてくれました。
ここから眺める長崎港や街の風景は絶景の一語に尽きます。
グラバー邸への坂道には2つのハート型の敷石があり、2つ見付
け触れると愛が成就すると言われ若者には人気です。
       02801

大浦天主堂(長崎県)
長い鎖国が終った後、フランス人により建てられた礼拝堂は日本
最古の木造ゴシック建築で国宝に指定されています。
内部のステンドグラスが特に素晴らしく、この日も学童たちや多
くの観光客で賑わっていました。 内部は撮影禁止の為、ステン
ドグラスが紹介出来ないのが残念です。
       02802

九十九島観光遊覧船(長崎県)
長崎名物のちゃんぽん等のランチの後、西海国立公園へ。
九十九島観光遊覧船に乗船、曇天で海の色が冴えず残念でしたが
色んな形の208もの島が点在する間を約50分遊覧観光です。
       02803

嬉野温泉(佐賀県)
長崎観光を終え夜は嬉野温泉へ宿泊。 日本三大美肌の湯と言わ
れ、ホテルには色んな湯場が備わっていました。 翌朝、ご婦人方
の肌が艶々と輝いてたのは美肌の湯の効能でしょうか。
朝食には名物の「温泉湯豆腐」も出され、円やかでとろけるような
湯豆腐、煮て温泉湯が白濁する頃が食べ頃でとても美味でした。
       02901

大宰府天満宮(福岡県)
旅もこの日が最終日です。 菅原道真公を祀る天神様は学問、
至誠、厄除けの神様として有名で重文に指定されています。
紅葉も見頃の境内、新地池に架かる過去・現在・未来を表した
太鼓橋を渡り多くの善男善女がお参りに訪れていました。
       02901_2

さよなら、ありがとう!(博多駅近く)
博多駅を午後の新幹線に乗車、7日間お世話になったガイドさん、
運転手さんともお別れです。 博多駅を出発して間もなくの車窓に
「アリガトウ」の文字を掲げて見送ってくれているガイドさんや会社
の人たちの姿がありました。

 
楽しい旅のエスコート、本当に有難うございました。

       02902jr
   
写真が上手く撮れていませんが、「アリガトウ」の文字を挟んで
    向って左端がガイドさん、右端が運転手さんです
 

     備考 : 九州7県全周の旅  ( camera ・11/下 )



 



























|

« 晩秋の九州旅(前篇) | トップページ | 皇居の紅葉 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

michiさん
こんにちは、素晴らしい旅をされましたねぇ~
これ位の日にちがないとまわれないですね。
指宿の朝焼け素敵です~
熊本城に雲仙もいいなぁ~
グラバー邸や大浦天主堂のゴシック建築をみたいですわ。
娘たちは修学旅行で行きましたの。
こちらは行きたいと思っているところなんですよ、異国情緒あふれていますね。
九十九島は上から眺めて感動したことを思い出しました。
ここを遊覧されたのはいい景色だったでしょうね~
天満宮も行きましたが、あんこの入ったお饅頭を食べました、えへへ食べ物はちゃんと覚えていますの。
添乗員さんたちの温かいお見送り嬉しいですね。
好いところへの旅行、素敵です~
私も連れてって~♪
娘が沖縄か長崎か北海道へ行こうと誘いますの。
北海道は寒いから、やめておきますわ。
カニ食べさせろとかうるさいです~とほほ
いつもありがとうございます。
お越しくださるのを心待ちしていますの。

投稿: ムームー | 2014年12月 8日 (月) 17時07分

bullettrain ムームーさま
7日間で九州一周、訪ねた観光地も少なく、のんびり出来て良かったですよ。 
指宿のホテルは2度目の宿泊でした。 今回の旅では以前に訪ねた場所も多く、
高千穂峡や知覧が初めて訪ねる場所でした。
グラバー邸からの風景も以前同様に絶景で、大浦天主堂も以前訪ねた時とは
また違った気持になりました。 歳と共に見方も違ってくるものです。
九十九島、空から観光されたのですか。 素敵だったでしょうね。
大宰府では参道入口付近の松屋さんでガイドさん推奨のアンコ餅を買いました。
今もフリーザーの中に残っていますが、日にちが経っても焼いて食べれば絶品
の味そのままです。
お嬢との旅の計画、いいですね。
北海道は札幌駅のJRタワー日航札幌宿泊がお薦めです。 夜景が特に素敵です。
沖縄では古宇利島大橋がお薦めです。 エメラルドグリーンの海が特に素敵です。
最高のガイドさんたちに恵まれて楽しい旅でしたよ。 

投稿: michi | 2014年12月 8日 (月) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1492103/58203376

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の九州旅(後編):

« 晩秋の九州旅(前篇) | トップページ | 皇居の紅葉 »