« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月22日 (日)

春節

中国の旧正月を祝う「春節」が始まっています。 華人にとっては

最大で最も大切な伝統的な祝日です。

ここ横浜中華街でも盛大に祝われ、期間中には中国伝統文化を

紹介する数々のイベントが行われます。 観光客で超満員の横浜

中華街、この日は隣接する公園で行われた伝統文化、娯楽表演

見学しました。

      ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 休日のこの日、中華街の通りは満員の人出で溢れていました
       0002

 実存した武将の神霊を祀る廟は武神、財神として信仰があり
 この日も多くの人たちがお参りに訪れていました
       0003

 春節娯楽表演の会場となった公園、開始30分前に着きましたが
 既に超満員の盛況でした
       0005

 愈々中国伝統文化の数々が披露される娯楽表演が始まりました
 舞踊、武術、雑技、獅子舞等々の妙技に拍手喝采です
       0015

 仮面を変え瞬時に幾つもの顔に変化させる早業は見事でした
       0021

 見物人が口に銜えた薔薇の花、目隠しの人が鞭で打ち落とす
 薔薇を銜える人の額には冷や汗も・・・
       0043

   4本の瓶の上に重ねられた何脚もの椅子の上での妙技
   見物人もヒヤヒヤドキドキの連続です
       0059

 大きな目鼻口が愛くるしく大きな頭で極彩色の中国獅子舞は
 人々に福をもたらし、邪気を払うと信じられています。
 可愛く愛居ある獅子舞の登場に人々も自然と笑顔になります
       0129
       0150

約1時間の表演を終え中華街通りへ。 店頭からは蒸した中華まん
の匂いが漂います。 お店のウィンドウには寒空にも拘わらず裸の
北京ダックが並んでいました。
       0192

 備考 : 横浜中華街・春節(2/19~3/5)  ( camera ・ 2/下 )





























 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2015年2月17日 (火)

春の海

 時折肌を通り過ぎる冷たい風、しかし太陽は日に日に力強さを

 増し、「春近し」を感じさせてくれます。

 三浦半島の西海岸では暖かい太陽に誘われ、夏を待ち兼ねた

 人たちが海のレジャーを楽しんでいました。

         yacht゜・。。・゜゜・。。・゜sun゜・。。・゜゜・。。・゜yacht

      穏やかな海、ウィンドサーフィンを楽しむ人たち
      江の島の彼方には春霞みの富士山も聳えます
       0027_2

  マリーナの港で船体を休めるヨットやクルーザー、波に揺らぐ
  マスト越しには春霞みの富士山も顔を覗かせます
       0033_2

   沖合いの岩場に建つ白い灯台と赤い鳥居、波間に浮ぶ
   色とりどりのボート、穏やかに時間が過ぎて行きます
       0048_2
       0071_2

    *弟(裕次郎)の3回忌を記念して兄(慎太郎)が1億円の基金を
      集め、弟が育ちこよなく愛した当地に建立しました。
      通称、裕次郎灯台として親しまれ、海の安全を守っています。

夏には海水浴客で賑わう海岸も今は人影も少なくボートも浜で休ん
でいました。 海上からそそり立つように聳える富士山、好天に誘わ
れて何艘ものヨットが波静かな海上に浮かぶ風景に見惚れます
       0078_2

    備考 : 三浦半島西海岸の風景  ( camera ・ 2/中 )



   











| | コメント (7) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

バレンタイン・デー

      今年もバレンタイン・デーが目前に迫りました。
 聖バレンタイン・デーは司祭の死を悼む宗教的な行事でしたが
 今や世界各地で男女の愛の誓いの日として祝われています

 女性が男性にチョコレートを渡し愛を告白するのは日本独自の
 習慣
ですね。 チョコレートの仕掛人は神戸のモロゾフチョコレ
 ートが
最初と言われ、それを広げたのが東京のメリーチョコレ
 ートだと言
われています

   この日は義理チョコで一喜一憂(?)の男性諸氏も、
   いつかは愛しの
人から本命チョコを夢見て・・・

   商魂逞しくデパートのエレベーターもバレンタイン色です
       0005
       0026

     備考 : 横浜市内デパートで  ( camera ・ 2/中 )





| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年2月 7日 (土)

春の香り

冬晴れの穏やかな日、吾妻山に菜の花と富士山の絶景を見に

出掛けました。

JR二宮駅前から山頂へと続く登山道、道の両側に咲く水仙を愛

でながら約20分で山頂に到着です。 山頂からは眼下に相模湾

が広がり、彼方には伊豆半島~房総半島も望める絶景です。

でも皆さんの目的は山頂に咲く菜の花越しに望む富士山の風景、

天下一の絶景です。 皆さんは花と海と富士山の素晴らしい風景

を心行くまで堪能されていました。

   fuji 。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。fuji

 山頂に咲く菜の花、日本一の富士山を背景に見事な風景です
       0025
       0026

 富士山を中心に右方には丹沢の山並み、左方には箱根の山々、
 伊豆半島~房総半島が相模湾に浮かぶ絶景です。
       0055

 何処からともなくエンジン音が… 見上げると相模湾上空を
 気持ち良さそうにモーターパラグライダーが空中散歩です。
       0071

春未だ遠し・・・とは言え、日毎に太陽の暖かさが増して来ました。
芝生広場では目の前に広がる絶景を楽しみながら、それぞれの
時間が過ぎて行きます。
       00100

 黄色い絨毯を敷き詰めたような菜の花、芝生広場や展望台では
 それぞれに絶景を楽しまれていました。
       0125

 ご主人と一緒に登山の猫ちゃん、暖かい日射しを浴びながら
 暫しの休憩です。
       0139

 菜の花と富士山の絶景を堪能して二宮駅へ戻って来ました。
 駅前には小説「ガラスのうさぎ」に登場する少女がガラスの
 兎を抱いた像があります。 
第二次大戦の自らの体験を綴った高木敏子著の小説で、疎開先
だった当地に永遠の平和を願う人々の寄付で建立されました。
       0172

 備考 : 吾妻山の菜の花と富士山  ( camera ・ 2/上 )























| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »