« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月22日 (月)

紫陽花咲く島

   梅雨に入って各地から紫陽花の便りが届いています。
 水族館や遊園地等で子供から大人まで楽しめる海に浮ぶ島、
    アミューズメントパークの八景島シーパラダイス。
  2万株もの紫陽花が満開を迎え島は紫陽花島のようです。
   島を訪れた人たちは満開の紫陽花を楽しんでいました。

      。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 道の両側に咲く紫陽花を観賞しながら島内をのんびり散策です。
       0060

       0062

  あじさい祭りの期間中、島内を巡るアジサイトレインから
  紫陽花観賞を楽しむ事も出来ます。
       0068

   地上90mの展望塔シーパラタワーからは島内は勿論、
   東京湾~房総半島まで360°の眺望も楽しめます。
       0069

人気の「紫陽花の滝」ではアナベルも大輪の花を咲かせていました。
       0091

       0095

 アクアミュージアムやドルフィンファンタジーが人気の八景島、
 イルカプールの窓からは愛嬌たっぷりに白イルカが背面泳ぎを
 楽しんでいました。
       0116

備考:横浜八景島シーパラダイス・あじさい祭り ( camera ・ 6/中 )

















| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年6月16日 (火)

花の寺を訪ねて

  梅雨も中休みで薄日の射す蒸し暑い日、雨の季節を迎え

  紫陽花も一段と鮮やかな古都鎌倉の寺を訪ねました。

   ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

円覚寺
鎌倉独特の丘陵地に沿って建てられ壮大な空間を創り出している
円覚寺。 創建は1282年(弘安5年)、北条時宗が蒙古襲来で
戦没した霊を敵味方なく弔う為に建立したと言われています。
境内には国宝建造物も多く四季を通じて多くの人たちが訪れます。
       0002

明月院
別名・紫陽花寺とも言われ境内に通じる参道は人たちで混雑して
いました。 鎌倉随一の紫陽花の名所、境内には二千五百株の
青色を中心とした紫陽花が見頃を迎えていました。

月笑軒
総門前のお休み処、お茶を頂きながらの紫陽花観賞も優雅ですね。
       0008

山門と紫陽花の道
山門から続く道の両側には名月院ブルーと言われる紫陽花が
咲く人気の場所、多くの人たちの行列が続きます。
       0015

本堂円窓から
本堂円窓から見る後庭園。 普段は円窓越しに見るのみですが
花菖蒲が咲く今と晩秋の紅葉時のみ特別公開されます。
       0020

浄智寺参道
うっそうとした森の中へと続く参道、鎌倉石で造られた石段も擦り
減り時の経過が忍ばれます。 1283年(弘安6年)北条時宗に
よって創建され、境内は国の史跡に指定されています。
       0110

東慶寺
1285年(弘安8年)に創建され、かっては「駆け込み寺」とも
「縁切り寺」とも呼ばれた女性を救済する為の尼寺です。
花の寺としても知られ四季それぞれに色んな花にも出合えます。
今は紫陽花や花菖蒲等の花も満開で、他には今の時期にのみ
見られる二つの貴重な花にも出合う事が出来ました。

金仏と花菖蒲
紫陽花咲く境内を行くと優しいお顔の金仏さまに出合います。
後方の茶室前の花菖蒲も満開を迎えていました。
       0131

イワタバコ
境内の湿った岩肌に群生し、星型で小さく可憐な花に魅了されます。
       0140

イワカガミ
43年前に植えられた1本の木からは枝が四方八方に岩肌を這い、
白い紫陽花に似た花を無数に咲かせていました。 仄かに匂う花は
午前、午後の各1時間に限り特別公開され、見学者の長い列が続い
ていました。(公開は6月15日で終了)
       0151

 備考 : 北鎌倉の古寺に咲く花  ( camera ・ 6/中 )























| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年6月10日 (水)

梅雨入り

       notesあめあめ ふれふれ かあさんが
         じゃのめで おむかい うれしいな
            ピッチピッチ チャップチャップ
                 ランランランnotes

  気象庁は8日に東海~関東の梅雨入りを発表しました。

これから暫くはうっとしい日々が続きます。 家の近くでは美しく

  着飾った紫陽花が雨に濡れて益々元気に咲いています。

        梅雨時に毎年繰り返される災害

     今年は平穏無事であって欲しいものです。

       rain゜・。。・゜゜・。。・゜rain゜・。。・゜゜・。。・゜rain 

梅雨入りの日、横浜は雨のち曇り。 最寄りのデパートには色とり
どりの艶やかな傘の花が咲き梅雨入りをアピールです。
       02

梅雨入り2日目、朝から降っていた雨も午後には上がり、顔を見せ
なかった太陽でしたが、西の空に綺麗な夕焼けを残して帰って行き
ました。
       031905

そして3日目、梅雨は早くも中休み。 窓に射す朝陽も眩しく暑い
一日の予感。 窓から見える未明の街の風景、高層ビル群が霧の
中に浮び幻想的な朝の訪れでした。
       040420 

       備考 : 梅雨の風景  ( camera ・ 6/上 )







| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年6月 3日 (水)

横浜開港祭花火ショー

横浜に初夏の訪れを告げる開港祭が今年も盛大に行われました。

黒船来航がきっかけで1859年6月に開港した横浜、「港に感謝

しょう!」をテーマにした市民祭も今年で34回目を迎えました。

マリン、ランド、ステージのテーマで行われた3日間の数々のイベ

ント、横浜港周辺は連日大いに賑わいました。

そんな開港祭のフィナーレを飾った人気の「光と音の花火ショー」

港の夜空をキャンパスにして大輪の花を咲かせた花火ショーを楽

みました。

    ★happy01☆゜・。。・゜゜・。。・゜★lovely☆゜・。。・゜゜・。。・゜★happy01

臨港パーク(MM21地区)前面海上で行われた花火ショー、今年は
夜景と花火が同時に楽しめる「くじらの背中
」(横浜港大桟橋デッキ)
から観賞しました。
薄暮のみなとみらいビル群にも明りが灯り、花火客を乗せた観光
船が出航を待ちます。
       0003

愈々花火が始まりました。 混雑する主会場から少し離れた大桟橋
からはゆったりと観賞出来ました。 レーザー光線と花火のコラボ
は見えなかったものの、横浜一の素晴らしい夜景と一緒に花火を楽
しみました。
       0016

       0017
       0056
       0078
       0088
       0108
       0142

  花火が終ったみなとみらい、大観覧車とビル群の灯りが
  一層輝いていました。
       0150

  振り返れば浜っ子自慢の観光スポットの山下公園です。
  夜空に聳えるマリンタワーより高く朧月が港を照らします。 
  初夏を迎えた楽しい夜のひと時でした。
       0154

  備考 : 第34回横浜開港祭2015  ( camera ・ 6/上 )






























| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »