« 夏の終りの花火大会 | トップページ | 踊りの街 »

2015年8月29日 (土)

想い出の「北斗星」

青函トンネルの開業と共に1988年3月、華やかにデビューし、
上野~札幌間を16時間で結んだ寝台特急「北斗星」。
走り続けた27年間、車両の老朽化や北海道新幹線の開業が来春に

迫り、時代の変化と共に今月22日に札幌発の列車がラストランと
なりました。
ブルートレインとして多くの人々に惜しまれながら去った北斗星を
思う時、冬の道東旅の帰りに乗車した懐かしい想い出が蘇ります。

     ☆bullettrain゜・。。・゜゜・。。・゜★train゜・。。・゜゜・。。・゜☆bullettrain

四季それぞれに素晴らしい北海道、特に冬は魅力いっぱいです。
道東の冬を満喫した帰り、札幌~上野間を北斗星に乗車したのが
昨日のように思い出されます。
赤い機関車に引かれた青い客車が札幌駅ホームに入線です。
       011913

    発車間際の札幌駅ホームは吹雪に見舞われました。
       021915

    食堂車で美味しい食事を堪能した後、売店で記念の
    オレンジカード付乗車証明書を求めました。
       03

東北本線を疾走する北斗星、福島辺りでしょうか朝陽を迎えました。
                                (am 6時15分頃)

       040615

赤い機関車に引かれ定刻通り上野駅に到着、16時間の夜行列車の
旅も今は懐かしい想い出となりました。
       061111

       071116

 冬の道東旅の想い出(2003年)
  旅の初日、搭乗機からは雪に覆われた日高山脈が眼下に・・・
       08

見渡す限り流氷に覆われた海、流氷を砕きながら網走流氷観光船
おーろら号がオホーツク海を進みます。 時折、厚い流氷に乗り上
げて傾く船にヒヤヒヤしながらの撮影でした。
       09

    備考:想い出の冬の道東旅と寝台特急「北斗星」
       ( camera ・ 2002年 2/下~3/上)
























|

« 夏の終りの花火大会 | トップページ | 踊りの街 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

michiさん
おはようございます。
北海道への旅、いいですね。
北斗星ですかぁ、きよしくんの歌にありますの。
でもあれは星のことかな?
トワイライトが終わるまでに乗りたかったです~
でも母子3人だとえらい出費なので諦めましたの。
姉娘が雷鳥やトワイライトに執着していました。
青い車体に赤い機関車もいいなぁ、素晴らしい旅をされたのですね。
赤い夕陽も神秘的♪
雪を頂いた日高山脈、綺麗ですねぇ~
流氷のオホーツク海なんて見事な眺めですね、ご婦人は
奥様でしょうかぁ~
これからもあちらこちらにお出かけされるといいですね。
いつもありがとうございます。

投稿: ムームー | 2015年8月30日 (日) 07時43分

michiさん、鉄道の旅もいいですね。
今度は ・・・ ななつ星in九州 かな?
或る列車もいいなぁ・・・
乗ってみたいです。

投稿: ひろりん | 2015年8月30日 (日) 16時38分

bullettrainムームーさま
先般、北斗星がラストランを迎え、上野駅や札幌駅では
北斗星を惜しむファンの人たちで大賑わいとTVが報道していました。
と言う事で北斗星に乗車した13年前の懐かしい想い出が蘇りました。
またその時の道東の旅、特に流氷のおホーツク海を砕氷船に乗ったのは
凄い感動でした。
トワイライトエクスプレスは乗りたかったのですが、遂に乗れなくてとても
残念です。 姉お嬢もファンだったのでしょうか? 昼間に日本海を走る
トワイライトって本当に魅力的だったのですが…

bullettrainひろりんさま
飛行機や新幹線の旅もいいですが、在来線の旅もいいものです。
今思うに、リニアモーターカーって本当に必要かなぁ!
私だったら、トンネルの多いリニアより新幹線を利用しますけどね。
狭い日本、そんなに急いで何処へ行く…なんて言葉もありますね。
ななつ星、庶民には贅沢で手が出ませんよ。

投稿: michi | 2015年8月31日 (月) 20時18分

北斗星、乗らずに終わってしまいました。
早いのも良いですが、ある程度時間をかけて味わうのも良いですね。
素晴らしい体験をして良い思い出ですね。
冬の雪模様は、北海道ならではです。

投稿: ルーシー | 2015年9月 1日 (火) 21時57分

ついに寝台特急が日本から姿を消してしまい
ましたね!
私が帰省の時に乗った「あけぼの」も廃止され
今では新幹線や飛行機での帰省になって
旅の情緒も薄れてしまいちょっと残念です。
train夜行寝台列車はsnow冬の雪の中を汽笛を鳴らして
走る姿が好きでしたけどねぇ~。o○dog

投稿: 歌まろ | 2015年9月 2日 (水) 07時38分

bullettrainルーシーさま
世の中便利になるのは有難いですが、歴史ある建物や
乗り物が姿を消すのは寂しいですね。
最近の旅は列車で可能な場所は出来るだけ列車を利用しています。
北斗星は上り列車1回だけでしたが、この時の冬の道東旅と共に
懐かしい想い出です。

bullettrain歌まろさま
老兵はただ消え行くのみ(?)とかの言葉もありますが、
古き良きものが消え行くのは寂しいものです。
北海道や九州は以前は飛行機が多かったのですが、最近は殆ど列車旅です。
駅弁を食べながらローカル線を行く…、そんな旅も姿を消すのでしょうか?

投稿: michi | 2015年9月 2日 (水) 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1492103/61379618

この記事へのトラックバック一覧です: 想い出の「北斗星」:

« 夏の終りの花火大会 | トップページ | 踊りの街 »