« どんど焼き | トップページ | 富士山と菜の花 »

2016年1月21日 (木)

寒中神輿錬成大会

湘南に春を呼ぶ新春恒例の寒中神輿錬成大会が湘南江ノ島海岸で
行われました。 今年で32回目の大会は、藤沢・鎌倉両市の神輿愛
好会が行う恒例の行事で、寒中に於ける神輿技術の錬成と1年間の
活動に対する安全、身体健全を祈願して海中渡御を行います。
また連合会の中で今年成人式を迎えた人たちのお祝も兼ねて行わ
れました。

        yacht゜・。。・゜゜・。。・゜yacht゜・。。・゜゜・。。・゜yacht

浜に着いた時、会場では既に国歌演奏が流れ、引き続き連合会で
成人を迎えた人たちのお祝の式典が行われていました。
       001

10℃を下回る曇天の寒い日、海中渡御に備えて担い手の男たちが
焚き火で暖を取ります。
       003

愈々神輿が担がれ錬成大会の始まりです。 裸の男達に担がれた
神輿に乗る成人の若者、神輿を担ぐ若者(たすき掛け)、海中渡御
へと向います。
       005

身を切るような寒い日、連合会の男達に担がれた神輿の海中渡御
の始まりてす。 裸の男達に混じって勇ましい女性や成人式を終え
たばかりの若い男女も神輿を担いでいました。
       007

ゴム長を吐いて或いは素足になって、浜辺はカメラマンや見物人
で混雑し、大会の興奮は最高潮に達します。
       009

    海中での渡御を終え神輿が浜に戻って来ました。
    担い手の人たちの勇ましい掛け声が浜に響きます。
       0154a

海中渡御を無事に終えた4基の神輿、連合会の人たちや見物人
の今年の健康を願っての三三七拍子で大団円を迎えます。
       0179

海水に濡れた身体、浜に上がると寒さが一層堪えます。
浜では温かい豚汁の炊き出しが行われ、冷えた身体を温めます。
豚汁は見物人にも振舞われ私も美味しく頂きました。
       0187

   神輿が全て陸揚げされた浜では和太鼓が打ち鳴らされ
   大会に花を添えていました。
       0205

 備考 :  第32回寒中神輿錬成大会 (藤沢、鎌倉神輿愛好会)
       ( camera ・ 1/中 )




















  






|

« どんど焼き | トップページ | 富士山と菜の花 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

寒中神輿錬成大会~
素晴らしい、愛好会があるのですねぇ~
海中渡御、おお~すごいわぁ~
担がれる人たちに担ぐ人たちが一丸に
なって勇壮ですね、今でもこういうことに
参加される人たちがいるのは嬉しいですね。
男らしくて頼もしいですわぁ。
豚汁食べたい~
和太鼓もいい雰囲気ですね、何かおばば
でも血が騒ぎますわ♪
いつもありがとうございます。
こちらは雪景色でした~

投稿: ムームー | 2016年1月21日 (木) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1492103/63568498

この記事へのトラックバック一覧です: 寒中神輿錬成大会:

« どんど焼き | トップページ | 富士山と菜の花 »