« 美しい夕景 | トップページ | ひな祭り »

2016年2月19日 (金)

針供養

使い古した糸や針を持ち寄り、豆腐や蒟蒻に刺して日頃の感謝と
更なる上達を祈願する伝統の行事が行われました。
地元天満宮で和服姿の女性が多く参加して神事の後、針塚前の
祭壇に供えられた豆腐に愛用の針を刺し供養する珍しい行事です。
境内ではおでんや甘酒も振舞われ、暖かい日射しの下、和やかに
時が過ぎて行きます。
春を感じられた暖かい日、境内の紅白の梅も花開き青空に映えて
いました。
       
色さめし 針山並ぶ 供養かな (高浜虚子)

       1003
       1007
       1035
       1037

       備考:岡村天満宮・横浜市  ( camera ・ 2/上 )












camera       

|

« 美しい夕景 | トップページ | ひな祭り »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

岡村天満宮での針供養が結構盛大に行われ、とても意義深いことだと思います。
最近 縫い針を使用するのは、衣服の取れたボタンを縫い付ける程度しかありませんが・・・。
最近は年を取ったせいか、糸の穴通しに四苦八苦するようになってしまいました。

投稿: gumizaki | 2016年2月19日 (金) 19時49分

michiさん
こんにちは。
針供養はそちらでもあるのですね。
素晴らしい行事ですよね。
今は針を使うきかいが少ないですが
こうして供養をしてお礼を述べるって
素敵ですね、あら、michiさんも
針が通らないですか、難しい作業に
なりましたね。
メガネをかけても天眼鏡で見ますもの。
父がしてたことが今はわかりますわ。
天満宮と梅のお花っていいですねぇ~
いつもありがとうございます。

投稿: ムームー | 2016年2月20日 (土) 13時41分

gumizakiさま
家の近くの天満宮で初詣には時々御参りしましたが、
針供養は初めてでした。 女性のみならず、和服姿の
年配の男性もお参りされていました。

ムームーさま
何もかも近代的になって一般の人たちは針を使う機会も
減ったのではないでしょうか?
TVで報道されていましたが、ミシン等での仕立の洋服と
手縫いの洋服では着心地が全然違うようですね。
この天満宮は家の近くですが、鎌倉時代に京都北野天満宮の
御分霊を頂いて創建された由緒ある天満宮のようです。
ブログのお蔭で新しい発見が出来ました。

投稿: michi | 2016年2月20日 (土) 19時12分

珍しい行事ですね。
梅の季節、いい香りが漂ってきそうです。

投稿: ひろりん | 2016年2月20日 (土) 20時50分

ひろりんさま
近くの天満宮で偶然にも針供養の神事に出合いました。
針には縁遠くなりましたが、由緒ある天満宮と知って
改めて見直しました。 梅が綺麗でしたよ。

投稿: michi | 2016年2月21日 (日) 19時09分

針供養、女性にとっては素晴らしい行事ですね。
感謝することは素晴らしいことです。
あまり使用することが少なくなった昨今ですが、なくてはならないもので
感謝を込めて今お参りするのは、大切です。
我が家の近くで行わられるのは3月上旬のようです。

投稿: ルーシー | 2016年2月22日 (月) 21時32分

ルーシーさま
今の家庭では簡単な針仕事しか見なくなりましたが
女性の方にとっては大切な仕事の一つでしょうか。
この日は偶然に出合ったのですが、女性は勿論、和服姿の
男性の方も居られて厳かに盛大に行われていました。
何事にも感謝の気持ちを忘れないようにしたいものです。

投稿: michi | 2016年2月23日 (火) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1492103/64039913

この記事へのトラックバック一覧です: 針供養:

« 美しい夕景 | トップページ | ひな祭り »