« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

時の過ぎゆくままに

            今年も数時間を残すのみとなりました

           時の過ぎゆく速さに唯々驚くばかりです

       今年も拙いブログを訪ねて頂きありがとうございました

                良い新年をお迎え下さい

        00401809
                    2016.12.31. PM17.14


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月24日 (土)

クリスマスマーケット in 赤レンガ倉庫


   各地からム楽しいクリスマスの便りが届いています。 

   本場ドイツのクリスマスマーケットの雰囲気をイメージしたイベントが横浜

   赤レンガ倉庫で行われていました。  冬の風物詩として定着した感のあ

   るクリスマスマーケットも今年で7回目を迎えました。   

   約1ヶ月に亘って行われていたイベントの昼と夜を訪ねました。

       xmas      sunhappy01      xmas      happy01      xmas

     マーケットの入口では大きな雪だるまが迎えてくれ大人気でした。
        0030_2

  モミの木の並木道を行くと大きなくるみ割り人形の向こうにグルメやクリスマス
  ショップが楽しい15台のヒュッテが並びます。
        0067

      会場ではこんな可愛い衣装を着せた愛犬と一緒に楽しむ人も・・・
        0078

    今年のテーマは「ホワイトクリスマス」。 会場内では時々雪も舞い  
    訪れた人たちやくるみ割り人形も雪を被ります。
        0080
        0081

  隣のスケートリンクの今年のテーマは「日本の四季」、リンク壁面には県立平沼
  高校美術部の皆さんによる高さ3m、長さ65mの日本の四季の移り変わりが
  描かれ、その前で皆さんはスケートを楽しんでいました。
        0108
        0122

         クリスマスマーケットは夜の部へと移ります。

    会場入口からLEDライトで飾られた「モミの木の並木道」を行くと
    クリスマスの楽しいショッピングゾーンへと導いてくれます。
        001

   装飾も可愛い15台のヒュッテが左右に並び、本場ドイツの食べ物や
   ショッピングが楽しめます。
        005
        011

   ヒュッテ前では大きなサンタさんやソリを引いたトナカイも迎えてくれ、
   何れも人気者で一緒に記念の写真を撮る人も多く見受けられました。
        017
        015_2

    ヒュッテの先には「幸せの鐘」が人気の高さ10mのモミの木ツリーが
    横浜港を背に輝いていました。
        019

    マーケット横のアートリンクも今年で12回目を数えます。
    多くの人たちが滑ったり転んだりして冬の夜のひと時を楽しんでいました。
        023
        025

   備考:クリスマスマーケット in 赤レンガ倉庫2016 (11/26~12/25)
       Art Rink in 横浜赤レンガ倉庫「日本の四季」(12/3~2/19 '17)
       ( camera ・ 12/下 )

















        

































        

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月21日 (水)

みなとみらいのイルミネーション

  師走の街、今年もみなとみらい21地区は煌びやかに輝きます。

  毎年、色んな趣向を凝らして楽しませてくれるクリスマスツリーや

  イルミネーション。 師走の夜のみなとみらい地区へ出掛けました。

       xmas      shine      xmas      shine      xmas

Ocean Fantasy Tree (クィーンズスクエア)
映画「100回目の恋」とタイアップしたツリーが登場です。
海の中の生きものたちが舞うファンタジックなツリーで、1日6回のショータイム
には光と音と共に魚たちが舞い踊る幻想的な世界へと誘い込まれる気分です。
        001qe

 ベイホテル東急のツリー
 ホテル1Fロビーの吹き抜け空間には今年も大小2つのツリーが飾られ、
 ツリー下の雪原にはコテージが建ち、プレゼントが並ぶ装飾が見事でした。
        002

クィーンズパーク
今年のテーマはOcean Fantasy Tree。
煌くイルミネーションの木の下で沢山の可愛いイルカたちが迎えてくれました。
        003

Bright Illumination (グランモール公園)
欅並木が20万球のLEDでブルー、シャンパンゴールド、ホワイトの3色の
イルミネーションで飾られ光のトンネルのようです。
        004

 トナカイとサンタクロース(インターコンチネンタルホテル)
 館内ロビーに飾られたツリーの上の吹き抜けには、キュートなトナカイと
 サンタクロースのディスプレイが天空を駆けていました。
        005

  Landmark Bright Christmas 2016 (ランドマークプラザ)
  今年のテーマは「くるみ割り人形」の物語です。
  高さ8mのツリーはくるみ割り人形をモチーフにした装飾で聳えます。
        006lm

  くるみ割り人形の不思議な冒険 (ドッグヤードガーデン)
  この季節限定でクリスマスのバレエ組曲・くるみ割り人形の名曲と共に
  180度体感型プロジェクションマッピングが上映されていました。
  クリスマスの夜に繰り広げられるクララとくるみ割り人形の不思議な
  冒険の世界へと誘ってくれました。
        007

 Snow Tree (ロイヤルパークホテル)
 1FロビーにはSNOWをテーマにした6mのツリーが3000球のLEDと
 純白のオーナメントで飾られて聳えます。
        008

  日本丸 (日本丸メモリアルパーク)
  記念船として係留されている帆船・日本丸。 漆黒の中で白い船体を
  一層鮮やかに浮かびあがらせていました。
        009

  ファンタスティックガーデン (ワールドポータース)
  人気の汽車道からの夜景を楽しみワールドポータースへと向いました。
  約12万球のLEDが見事なガーデンを展開し、後方には高層ビル群も
  聳える見事な風景です。
        010

 カラフルカーテン (ナビオスよこはま)
 汽車道に位置するホテルの凱旋門を彷彿させるゲートに今年はカラフルで
 点滅するカーテンが出現です。 カーテン越しに見るみなとみらいのビル群
 の夜景が額縁に入った絵画のようで素敵でした。
        011h


 備考:師走のみなとみらい・ツリー&イルミネーション (camera ・ 12/中)









        
























| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月14日 (水)

夢乗せて

  黄昏の美しい空、大きな汽笛を響かせ飛鳥Ⅱが岸壁を離れて行きます。

  夕陽が空を赤く染め、ビル群の灯りも輝きを増す頃、豪華客船・飛鳥Ⅱが

  乗客の夢乗せてワンナイトクルーズへ出航して行きました。

              ship        ship        ship   

     夕暮れが迫る横浜港大桟橋、飛鳥Ⅱが白い巨体を休めます。
        0001

    美しい夕景、飛鳥Ⅱが停泊する後方のビル群も輝きを増します。
        0009

   不夜城のように輝く巨大な船体、ドラの音が響き出航を迎えます。
        0014

       X’masのワンナイトクルーズも多く企画されている飛鳥Ⅱ
       大きな汽笛と共に大桟橋を静かに離れます。
        0018

    やがてベイブリッヂを潜り、乗客の夢乗せて一夜の旅の始まりです。
        0030

          備考 : 飛鳥Ⅱの出航  ( camera ・ 12/上 )














| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年12月 9日 (金)

湘南の宝石・江ノ島シーキャンドル

   今年もイルミネーションが煌く季節が巡って来ました。

   ここ湘南の海に浮かぶ江ノ島、湘南のシンボルとして親しまれている

   江ノ島シーキャンドル(観光灯台)を中心に島内もイルミネーションで

   彩られていました。

      shine       shine       shine       shine       shine

    島を結ぶ江ノ島大橋、島の上には江ノ島シーキャンドルが輝きます。
         0091

  苑内に入ると6万個のクリスタルビーズを使った10mのシャンデリアが
  煌びやかに輝く光のトンネルがありシーキャンドルも見えてきます。
        0111

     江ノ島シーキャンドル(観光灯台)から周囲360度に吊るされた
     直径70mのイルミネーションは見る人の目を釘付けにします。
        0112
        0115

   苑内一面は煌びやかなイルミネーションで飾られ一面が光の洪水です。
        0118
         0142

  苑内の休憩所では温かい飲み物等もあり、展望広場からは湘南海岸の
  夜景や遠く画面中央には横浜ランドマークタワーも見られます。
        0150

  苑外も各所でイルミネーションが輝きます。 ここ亀ヶ岡広場でも木々や
  芝生一面にイルミネーションが灯され、近くの水族館の人気者のイルカ
  やシーキャンドル、富士山のイルミネーションも楽しませてくれました。
        0160michi
        0180
        0182

         島内の土産店通りや道もイルミネーションで飾られ
         道端の可愛い花畑も心を癒してくれました。
        0187

 備考 : 江ノ島のイルミネーション(期間  : ~2017/2/19まで)  (camera・12/上)




















  











 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月 6日 (火)

長谷寺の紅葉ライトアップ

   紅葉も顔を真っ赤にして最後のひと踏ん張りで頑張っています。

   鎌倉の紅葉スポットの一つ長谷寺も本番を迎えていました。

   鎌倉の数ある寺院でライトアップされるのは長谷寺のみで、昼と夜

   とではまた違った幻想的な光景に出合えます・

   そんな長谷寺の紅葉ライトアップを見に出掛けました。

        maple     maple     maple     maple     maple

   到着は日没少し前、石畳の参道は紅葉トンネルのような光景でした。
        0004
 

      境内には多くの地蔵や仏像が配置されています。 
      上の境内への途中紅葉を背景にして水子地蔵が並びます。
        0016

    日没が近づき上の境内ではライトアップが始まりました。
    釈迦如来座像や四天王像と共に紅葉が鮮やかに照らし出されます。
        0019

      辺りも暗くなり釈迦如来像の後方には青くライトアップされた
      本堂が浮び上がっていました。
        0034

  境内には良縁地蔵が3ヶ所にあり全ての地蔵を見付けると良縁に恵まれる
  と言われています。 3ヶ所とは、石畳参道、経堂横、眺望散策路ですが
  皆さんも挑戦されては如何でしょうか。
  ちなみに写真のお地蔵さんは石畳参道の良縁地蔵です。
        0047

  写経場の前の優しい顔の和み地蔵さん、見ているだけで心が癒されます。
        0066

  下の境内にある放生池、石灯籠と紅葉、水面に映える紅葉が見事でした。
        0070
        0073

      赤く大きな提灯が印象的な山門、境内は下と上の二つがあり
      見事な紅葉に染まっていました。
        0085

    備考 : 長谷寺(鎌倉)紅葉ライトアップ   ( camera ・ 12/上 )


















      








| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年12月 3日 (土)

能舞台庭園の紅葉

 紅葉も旬を迎えましたが、葉っぱも1枚、2枚と風に舞うようになって来ました。

 散歩道の途中にある三方を山に囲まれ池泉を配した庭園に立ち寄りました。

 自然いっぱいの日本庭園、灯籠や水琴窟も楽しめ、鳥の囀りも聞かれる閑雅

 な趣があります。 庭園の木々も競って色鮮やかな紅葉に染まっていました。

         maple     maple     maple     maple     maple

        0100_2
    

        0101
        0104
        0119
        0143
        0155
        0156

  備考 : 久良岐能舞台    ( camera  ・ 11/下 )
  能楽会理事により日比谷に建てられ、その後、東京芸大に寄贈されました。
  同大に能舞台が新たに作られたため、能楽研究家が譲り受け当地に移築復元。 
  昭和59年、横浜市に寄贈され現在は能楽の普及振興の拠点となっています。









| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »