« 菜の花咲く名庭園 | トップページ | 深夜の東大寺二月堂へ »

2017年3月 9日 (木)

夕焼け

          今日もまた美しい夕焼け

          でも富士山は雲と隠れんぼう

          夕陽が富士の稜線に沈むころ

          頭を雲の上に出した富士山

          夕焼け空を楽しんでいるよう!

        fuji☆゜・。。・。。・゜fuji★゜・。。・。。・゜☆fuji

        01730a
        01734b
        01735a

      備考 : 富士と夕焼け(横浜市内から)  ( camera ・ 3/上 )








|

« 菜の花咲く名庭園 | トップページ | 深夜の東大寺二月堂へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい夕焼けですね。ご自宅から撮られたのですか?

投稿: nobunagaE.T | 2017年3月10日 (金) 17時29分

michiさん
裾野まで見える富士山に沈む夕日、しかも色合いが橙色でいいです。
年に何回も無いチャンスでしょうね。

投稿: gumizaki | 2017年3月11日 (土) 05時24分

fujinobunagaE.Tさま
今年は天候も良く富士山が見える日が多いです。
家から眺められますので、いつも楽しみにしているのですが、
春と共に霞がかかったり、天候が不安定だったりで眺められる
日も徐々に少なくなります。

fujigumizakiさま
相変わらずお元気でご活躍ですね。
我家から見る富士山も、太陽が裾野の稜線まで戻って来ました。
後、一週間か10日もすると、ダイヤモンド富士が見られると思うのですが、
例年この季節は天候が不安定なのでどうなりますかねぇ~

投稿: michi | 2017年3月11日 (土) 15時12分

michiさん こんばんは
岐阜に戻ることになりました。
3/26に引っ越します。
いなかに帰っても、よろしくお願いします。

投稿: ひろりん | 2017年3月12日 (日) 22時00分

michiさん
こんにちは。
まぁ~神秘的ですねぇ~
こんなに美しい富士山の夕陽が見れるって
感動しますねぇ、雪を頂いた富士山や
四季を通じて憧れの富士山の景色って最高です。
雲がかかっても靄がかかってもやっぱり
日本一の美しさです~
お家から見えるのが最高の贈り物ですね。
好い所にお住まいですわぁ~
感性豊かで優しくて素敵な言葉をお持ちの
michiさんへのご褒美がいただけるのですね。
感動を頂きました~ありがとうございます♪

投稿: ムームー | 2017年3月13日 (月) 17時20分

fujiひろりんさま
ひろりんさん、こんばんは
春は出会いと別れの季節でもありますね。
ひろりんさんは東京でも大活躍でしたね。
惜しまれて、惜しまれて、岐阜へお戻りですね。
寂しいなぁ!と思う反面、岐阜ではご家族や
元同僚たちが心待ちされていた事でしょう!
益々のご活躍をお祈りすると共に
これからも宜しくお願いします。

fujiムームーさま
ムームーさん、こんばんは
富士山はやはり日本一のお山ですね。
年に二度訪れるダイヤモンド富士ですが、
我家辺りからも1週間位後には見られると思うのですが、
この季節は悪戯好きなのかなぁ!
例年、この頃になると富士山が雲に隠れる日が多く
ダイヤモンド富士にはなかなかお目にかかれないのですよ。
自然の風景は素晴らしいですが、気紛れでもありますね。
この春はご機嫌が良ければいいのですが…

投稿: michi | 2017年3月13日 (月) 19時12分

夕焼けの富士山は、いつも綺麗ですね。
そして夢があります。
最近夕景を見ていません。
夕焼けの富士山、こちらからも綺麗なのですよ。
この景色は、横浜のどのあたりなのでしょうか?

投稿: ルーシー | 2017年3月13日 (月) 21時41分

fujiルーシーさま
こんばんは、ありがとうございます。
今年の冬は富士山が良く見えたのに、肝心のダイヤモンド富士
の頃になって、天候がイマイチなんですよ。
この写真は我家からの夕景です。
 *ポーランドからお帰りなさい。
  ルーシーさんへのコメントが送信出来ないのですよ。
  以前と変えてないのに???思案中です。  

投稿: michi | 2017年3月17日 (金) 18時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1492103/69864985

この記事へのトラックバック一覧です: 夕焼け:

« 菜の花咲く名庭園 | トップページ | 深夜の東大寺二月堂へ »