« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月24日 (金)

紅葉とイルミネーション

 紅葉が美しい秋川渓谷と関東最大級と言われる600万球の
 イルミネーションが輝くさがみ湖イルミリオンへ行ってきました。
.
 紅葉と清流が作り出す美しいコントラストの秋川渓谷ですが、
 11月も後半に入り紅葉も旬を過ぎていた感がしました。
.
撮影スポットの石舟橋付近では未だ紅葉が楽しめ、曇天でしたが渓谷に
架かる吊り橋と紅葉、そして清流の美しい風景を楽しめました。
        001
        002
.
近くでは冬に備えて木の実等を食べる可愛いお猿さんにも出会いました。
        003
.
関東最大の600万球と言われるさがみ湖イルミリオンへ着いたのは
5時過ぎで既に辺りは暗くイルミネーションが輝きを増していました。
.
駐車場前の入り口付近ではビッグスノーマンがお出迎えです。
        004
        005
.
光の海では鳥たちや可愛いニモ等の魚たちが青い大海原で、人気の
キャラクターも戯れます。
        006
        007
.
光のナイアガラは滝をモチーフにしたイルミネーション、光の滝がなだれ落ち
光の船に乗って写真も撮れるので人気でした。
        008
.
お馴染みの光のトンネル、鮮やかに色が変化する光の回廊からは
光の海で泳ぐ魚たちも眺められ楽しめました。
        009
.
光の大宮殿は見所の一つで、高さ15mを超える大宮殿で音楽に合わせた荘厳な
噴水ショーが楽しめました。 宮殿と噴水の100万球の光が私たちの振る光のタク
に連動して様々な色や形に変化して輝くイルミネーションショーは見事でした。
        010
        011
        012
.
 備考 : 秋川渓谷の紅葉( 東京 ・ あきる野市 )、 
       さがみ湖イルミリオン( 神奈川 ・ 相模原市 )  ( camera ・ 11/下 )

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

音楽イベントとポルシェ祭り

秋晴れの横浜港大桟橋には大型客船が二隻仲良く並んで停泊し
訪れた人たちは客船や港の風景を楽しみ散策していました。
.
近くの広場では日本を代表するマーチング・ユニットが見事な演奏
と動きで人たちを魅了し、隣接する赤レンガ広場では日本最大と言
われるポルシェ祭りが行われ多くのファンが詰めかけていました。
.
通りの銀杏並木も黄葉が進み季節も冬へと移りつつあるようです。
.
notesMusic in Motion 2017
象の鼻パーク特設会場では今年で10回目を迎えた音楽イベントが行われ、見事な
パフォーマンスに観衆から拍手喝采でした。
.
日本の吹奏楽発祥の地・横浜、その最初の姿が1869年の吹奏楽だったと言われ
います。 更なる普及、発展を目指しての公開演技で、素早い動きと見事な演奏
魅了されたひと時でした。 私が通りがかった頃は三組を残すのみで少ししか見
られず残念でした。
        0001
        0002
        0003
        0004
        0005
        0006
.
carEXCITING PORSCHE MEETING Ⅹ
今年で10回目を迎えたポルシェの祭り、大桟橋の客船も見渡せる会場では全国か
ら集結した新旧のポルシェが並びマニアの人たちは興味津々で見入っていました。
        0007
        0008
.
maple大通りの黄葉
朝夕の冷え込みで大通りの銀杏並木も黄葉が進み秋から冬へと季節が移りつつ
ありました。 通りでは音楽イベントも行われており大勢の人たちが楽しんでいま
した。 木の下には沢山の実が落ち、歩道の実は踏まれて匂いが辺りに漂います。
        0010
        0011
.
   備考 : 象の鼻パーク特設フィールド及び赤レンガ倉庫広場の催し
          ( camera ・ 11/中 )

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

日本丸総帆展帆

大海原を帆走する姿は優雅で「太平洋の白鳥」と呼ばれた帆船
日本丸。 昭和5年に建造され、船員養成の練習船として活躍、
重要文化財に指定され、横浜みなとみらい地区に係留されてい
ます。
秋晴れのこの日、全29枚の帆を広げる今年最後の総帆展帆が
行われ見学しました。
.
3本マストの日本丸、最も高いマストは水面から46mで、帆を広げる作業は
マストに上がってすべて手作業で行われます。
        001
        002
        003
.
全29枚の帆を広げて優雅な姿の日本丸、4月から11月の間に凡そ12回の
総帆展帆が行われます。
        004
        005
        006
.
横浜みなとみらい地区グランモール公園の樹々も紅葉し青空に映えていました。
紅葉に彩られた樹々の葉っぱも時折吹く風に舞い落ちて、間もなくイルミネーション
が灯され季節も秋から冬へと移って行きます。
        007
        008
.
  備考 : 帆船日本丸の総帆展帆(横浜みなとみらい)  ( camera ・ 11/中 )
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

松茸をいただきました

山で採れる美味しいきのこ、その王様は何と言っても松茸ですね。
でも今、松茸は高価過ぎて店先のを眺めるだけで手が出ません。
今は某社の「松茸のお吸物」で風味を懐かしむのが精いっぱい。
そんな或る日、予想もしなかった本物の松茸を頂きました。
市内で野菜等の卸商をされてる方で、今迄も時々新鮮な野菜
や果物を頂いています。
今回はきのこの王様・松茸を頂き嬉しいやら恐縮するやら・・・
どんなレシピが美味しいかなぁ!と頭を悩ませています。
              diamond      diamond      diamond
        001_2
嘘のような本当の話
子供の頃、故郷の庭で採れたての松茸の炭火焼きをして食べたものです。
現在では考えられない贅沢三昧でした。 そんな或る日、兄と松茸採りの
帰りの山道、斜面の上の方で何やら白い大きな塊が・・・
鳥かなぁ?と思って暫く待っても一向に動く気配なく、斜面を登って近づくと
何と大きくなり過ぎた松茸の傘が捲れ上がり白い部分が見えていたのでした。
今では考えられない嘘のような本当の話、懐かしい想い出です。
.
   備考 : 松茸を頂く ( camera ・ 11/上 )

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

大型客船の入港

秋の観光シーズン、横浜港にも客船の入港が相次いでいます。
秋晴れの日、大型客船の入港に出会いました。 バハマ船籍で
白い船体の7.5万トン超の巨体がゆっくりと入港してきます。
大桟橋送迎デッキでは多くの人たちが出迎えました。
乗船客の皆さんには日本での滞在が楽しく思い出に残る旅で
あって欲しいものです。
     ship            ship            ship
横浜ベイブリッジを潜って白い船体のSUPERSTAR Virgoの入港です。
        0dscn1097
        0dscn1098
.
観光船も行き交う湾内、人気の水陸両用車も海上を進みます。
        0dscn1107
.
次第に近づく客船を多くの人たちと一緒に送迎デッキで出迎えました。
        0dscn1129
        0dscn1131
.
もう間もなく接岸です。
        0dscn1152
.
13階建、935室の船体が無事接岸しました。
        0dscn1157
        0dscn1172
.
大桟橋に接岸した白い船体は出航までの束の間の休憩です。
        0dscn1176
.
  備考 : 客船SUPERSTAR Virgoの入港 (横浜港大桟橋)
        ( camera ・ 11/上 )
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年11月 3日 (金)

ガンバレ、ベイスターズ

プロ野球日本シリーズが19年振りに横浜に帰ってきました。
福岡で2連敗し横浜に戻った横浜DeNAベイスターズですが
横浜での初戦にも敗れ3連敗で崖っぷちに立たされました。
しかし選手の頑張りとファンの大声援でその後は2連勝して
横浜の夜は熱く燃え福岡へと希望をつなげました。
4日からは福岡ドームでの最終決戦、果たしてセ3位からの
下剋上日本一が成るのでしょうか。   市民の一人として
横浜DeNAベイスターズに熱い声援を送ります。
.
横浜での3戦目が行われたこの日、数時間後に迫った秋晴れ
横浜スタジアムは束の間の静寂に包まれていました。
.
             秋晴れの横浜スタジアム
        0img_5853_2
.
         センターポールに翻る日章旗と両球団旗
        0img_5856dena
.
 備考 : プロ野球日本シリーズ第5戦前の横浜スタジアム ( camera 10/上)
        (福岡ソフトバンクホークス : 横浜DeNAベイスターズ)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »