« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月29日 (月)

北海道の旅・札幌編 ①/4

厳冬の北海道へ行って来ました。
今回は東京からの列車旅、車窓の風景を楽しみながらの移動で
した。 滞在は札幌を主として、ホテルライフを楽しむのを主目的
に眺望が素晴らしいお気に入りのホテルを予約しました。
.
大雪も予想しての旅でしたが、期待した雪も滞在中は殆ど降らず
晴れの日も多く、札幌を拠点にして近郊の観光へも出掛けました。
今回の旅を順次4回アップを予定しています。
皆さんの旅のご参考になれば幸いです。
.
          snow.          snow          snow
 
東京から新幹線と特急を乗り継いで札幌に着いたのは暗くなっていました。
駅前から見上げると宿泊の高層ホテルは冬の空高く誇らしげに聳えていました。
        001
.
チェックインの後早速部屋へ・・・  今回の部屋は南側に面した部屋でした。
眼下に札幌駅前広場、大通リ公園~すすきの方面の風景、夜景が一望です。
        002
.
以前、初めての宿泊時、夜空に浮かぶ光が異次元の光景にも感じられた夜景、
大倉山シャンツェがライトアップされ冬の夜空に浮かびます。
        003
.
北側からの眺望は、石狩湾に向かって伸びる真っ直ぐな道路に沿って光の洪水が
煌きます。 以前、この夜景に魅了されこのホテルの虜になりました。
        004
.
晴れた日、近くの北大へ散策に出かけました。 広大な校内は積雪も多く残り
昭和10年築のタイル張りと時計塔が目を引く農学部が聳えていました。
        005
.
クラーク像を過ぎレトロな洋風建築と広大な森が息づく校内をポプラ並木へ向か
いました。 今はすっかり葉っぱを落としたポプラ並木が並ぶ風景は見事でした。
        007
.
校内では園児たちが元気いっぱい雪と戯れる微笑ましい光景にも出会いました。
        008
.
札幌駅前の「牧歌の像」、北海道の象徴としてのポプラの若木、トウモロコシ、
スズラを持つ3人の女性、仔羊を抱き、角笛を吹く2人の男性で構成されて
おり、降り出した雪にも我慢強く耐えているようでした。
        009
.
札幌のシンボルとしての時計台は国の重文にも指定されており、140年もの間
時を刻み、鐘を鳴らし続けている観光名所です。
        010
.
夜の大通リ公園を散策、公園一帯は雪まつり準備中で、雪像用の大きな骨組みが
TV塔と高さを競い、通りにはイルミネーションが輝き繁華街へと誘います。
        011
        012
        013
.
北海道開拓の歴史が刻まれたアメリカ風ネオ・バロック様式の旧道庁赤レンガ庁舎
を訪ねました。
北海道は今年、命名から150年を迎えるのを記念してプロジェクションマッピング
行われていました。 アイヌの神の使いのシマフクロウが誘う大地創造の物語が
庁舎壁面に描き出され見事な演出に魅入りました。 札幌の夜は更けていきます。
        014
        015
.
 備考 : JRタワーホテル日航札幌、北海道大学、札幌時計台、大通り公園、
       旧道庁赤レンガ庁舎    ( camera ・ 1/下 )
 
 
 
 
.
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年1月18日 (木)

チューリップ咲く島

湘南の青い海、彼方には真っ白に雪化粧した富士山が聳えます。
例年にも増して寒い冬、湘南の冬の風物詩として定着した江の島
のウィンターチューリップが見頃を迎え一足早い春の兆しです。
.
湘南の宝石でお馴染みのサムエルコッキング苑では2万本のチュ
リップが咲き、夜にはライトアップされたチューリップとイルミネー
ションの共演が楽しめます。
.
 
江の島から眺める富士山、真っ白に雪化粧して聳えていました。
        001
.
サムエルコッキング苑には2万本のチューリップが見頃を迎えていました
        002
        003
.
湘南の宝石でお馴染みの江の島観光灯台、夜にはライトアップされた
チューリップとイルミネーションの共演が楽しめます。
        004
        005
        006
.
太陽光で眩しく輝く太平洋、彼方には伊豆大島も浮かびます。
        007
.
2020年東京五輪のセーリングが行われる江の島の海、海上には多くの
ヨットが浮かんでいました。
        008
.
   備考 : 江の島ウィンターチューリップ ( camera ・ 1/中 )
         *イルミネーション期間(2017.11/25~2018.2/18)
 snow来週より北の大地へ旅に出ます。
   ブログ更新、訪問、コメントは暫く出来ませんが宜しくお願いします。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

消防出初式

快晴の休日、横浜消防出初式が行われました。
陸海空が一致協力して行われ数万人以上の来場者が訪れます。
オープニングの市長挨拶に続き各種演技等が次々披露されます。
やがて消防の皆さんによる日頃の訓練の成果が披露されました。
市民を災害から守る仕事をされている消防関係者の皆さんの活
には心からお礼を申し上げます。
.
主会場の赤レンガ広場は超満員、オープニング等をパスした私は少し離れた場所
から一斉放水を見学しました。 陸海空による一斉放水、海上保安庁も参加の消
防艇の放水には綺麗な虹もかかっていました。
        01654
        01658
        01663
.
この日の大桟橋歓送デッキ(通称・鯨の背中)には二隻の客船が停泊、冬晴れ
微風の暖かい日、皆さんものんびりと時を過ごします。
        01695
.
やがて二機のヘリが飛来、海上からの救出訓練を披露し、主会場から飛び去って
行きました。 プログラムは続きましたが主会場満員の為、一部分のみの見学で
会場を後にしました。
        01699
        01723
        01738
        01747
.
   備考 : 横浜消防出初式 (赤レンガ倉庫広場)  ( camera ・ 1/上 )

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年1月 4日 (木)

初詣

今年の初詣は昨年に続き鶴岡八幡宮へ行って来ました。
.
鎌倉初代将軍源頼朝ゆかりの神社として知られ、境内は国の史跡
に指定されています。 古都鎌倉の中心にあり、境内奥の高台に
建つ朱色の社殿は美しく、その風格から往時が偲ばれます。
.
例年3が日の初詣の人出が250万人を数える八幡宮、この日も多
くの善男善女の波で埋まっていました。
.
JR鎌倉駅前の大通り中央の一段高い段葛の参道は二の鳥居から三の鳥居まで
約500m続きます。 両側には桜並木が続く段葛、中央に日の丸が飾られ、参道
彼方には朱色の本宮が望めます。
        001
        002
.
三の鳥居を過ぎて境内へ・・・、満員の初詣客の向こうの舞殿の上方には朱色が
鮮やかな本宮が眺められます。
        003
.
境内は超満員、二か所に於いて安全を考慮して入場規制がされていました。
        004
.
入場規制に従い朱色が青空に映える本宮への階段を上がります。
入場規制の効果もありそれぞれが混乱も無く無事に初詣のお参りが出来ました。
        005
.
普段でも込み合う人気の小町通り、この日はより一層の大盛況でした。
        006
.
鎌倉駅は列車が着く度に初詣客が次から次と降り立っていました。
        007
.
       備考 : 鶴岡八幡宮初詣(鎌倉市) ( camera ・ 1/上 )

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

今年もよろしくお願いします

 
              新年おめでとうございます
.
        0649
         ( camera 2018.01.01. am06;49 横浜市内より)
.
              新年は快晴の朝を迎えました
         富士山に初日が射し白い雪が赤く染まります
 
             皆さまのご多幸をお祈りします
              今年もよろしくお願いします
.
                  2018年 元旦
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »