« 新緑の嵯峨野路に古寺院を訪ねて | トップページ | あじさい祭の島 »

2018年6月16日 (土)

紫陽花咲く花の寺

約400年の歴史に刻まれた天台宗の寺院、地元では花の寺、
紫陽花寺として親しまれています。
緑いっぱいの境内には梅雨時に似合う紫陽花が墓苑の斜面
一帯に花を咲かせ見事な景観を見せてくれました。
.
      山門を入ると緑が生い茂り、お地蔵さんがお出迎えです
        001
        002
.
境内の池には蓮や菖蒲の花が咲き、紫陽花との共演は心和む風景です
        03
.
       本堂や阿弥陀堂、鐘楼堂も花たちに囲まれていました
        004
        005
.
墓苑の斜面には色とりどりの紫陽花が咲き乱れ、下から眺めると滝が流れ
落ちるような見事な景観を見せてくれていました
        006
        007
        008
.
境内では紫陽花と花菖蒲の風景に多くの人たちが絵筆を走らせていました。
花菖蒲の旬は過ぎている感じでしたが、花と鐘楼堂は絵になる風景です。
絵が描ける人ってとても羨ましくつい見惚れてしまいます。
        009
        010
.
本堂前の泰山木が珍しく大きな白い花を咲かせ注目を集めていました
.
泰山木は北アメリカ原産で、背丈が可成り大きくならないと花が咲かないと
言われています。 又、花言葉は前途洋々、真の輝き、自然の愛情等々、
貴重な花にも出会えラッキーでした。
        011
.
帰路の道路脇の山桃の木には沢山の実が零れんばかりに生っていました。
ひと休みの梅雨の日、心癒されたひと時でした。
        012
.
    備考 : 正覚寺の紫陽花 (横浜市)  ( camera ・ 6/中 )

|

« 新緑の嵯峨野路に古寺院を訪ねて | トップページ | あじさい祭の島 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

michiさん こんにちは
花菖蒲や沢山のアジサイが咲いているお寺ですね。
正覚寺はいったい何処にあるお寺かと検索してみると、都筑区は町田に比較的近い横浜で、地下鉄で行ける場所ですね。
あちこち写真で案内してもらって、もう大分鑑賞した気分になりましたよ。
もうしばらく梅雨の日が続きそうで、何が撮れるかと考えたりしています。

投稿: gumizaki | 2018年6月17日 (日) 10:24

gumizakiさま
いつもありがとうございます。
初めて行きましたが、駅(市営地下鉄)からも近く便利でした。
地元では花の寺、紫陽花寺として知られているようです。
紫陽花の数は少ないですが、境内には蓮や菖蒲も咲いており楽しめました。
泰山木の花を見れたのも良かったですが、帰りの道脇の家の庭で野菜類が
売られていて、安価で新鮮野菜を沢山買えたのもラッキーでした。

投稿: michi | 2018年6月20日 (水) 11:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1492103/73693136

この記事へのトラックバック一覧です: 紫陽花咲く花の寺:

« 新緑の嵯峨野路に古寺院を訪ねて | トップページ | あじさい祭の島 »