« あじさい祭の島 | トップページ | 朝焼けの街 »

2018年7月 3日 (火)

デジタルアート美術館へ

巨大な空間に520台のPCと470台のプロジェクターが創
り出す映像美の素晴らしさ、境界の無い空間に展開される
新感覚の世界を体験しました。
6月21日にオープンしたばかりのデジタルアート美術館は
Borderlessをコンセプトに5つの空間で構成されています。
フロアマップは無く順路は全て鑑賞者任せで、作品は人を
感知して変化するのも多々あり、その変化と美しさに圧倒
された体験参加型デジタルアートの世界でした。
.
開館前には入館を待つ列が出来ていましたが、オープン記念チケットを
持った人だけの入場だったので約15分の待ち時間でした。
        001
.
入館前には係員から簡単な注意事項の説明があり愈々展示空間へ入ります。
館内は暗く作品の明るさのみ、最初に出会ったのは変わり行く四季の花畑、
スケールの大きさと美しさに圧倒されました。
        002
        003
        004
.
順路も分からず移動するとそこには滝と花の風景、滝が流れ花が咲く圧巻の
美しさ。 風景も次々と変化し、滝の流れは人が触れると止まったり、鑑賞者も
作品の一部に参加している感じでした。
        005
        006
        007
.
  ミュージアム内を歩き回る住人や鳥獣たち、床や壁に次々と花が咲き、
  館内移動中も作品が楽しめました。
        008
.
 順路不明のまま辿り着いたクリスタルワールド、作品の中に一歩入った瞬間、
 上も下も無く、自分の位置が分からなくなり、この作品から抜け出せるのかと
 少々焦りました。
        009
        010
.
無数の葉に雨が降り注ぎ色が次々と変化して行きます。 夜空には星が輝き
地上では稲穂が揺れる、地形の営みの一部分を表現しているのでしょうか。
        011
.
壁も床も鏡張りの空間にベネチュアングラスのランプが無数に吊り下がり、人が
近づくと光や色が変化し、音色を響かせて呼応するランプの森も見事でした。
        012
.
  ほっと落ち着けたお絵描き水族館、描いた絵が魚たちに混じって泳ぎます。
  皆さんはご自分の描いた作品が泳ぐのを追って楽しんでいました。
        013
.
 床や壁には蛙が跳ね、鳥が飛び、大きな鯨が泳ぎ、蜥蜴等々が動き回ります。
 流れる水は手で触れると流れを止めたり、童心になって楽しめました。
        014
        015
.
体験参加型作品も多く、運動の森では暗闇でジャンプすると惑星や宇宙を浮遊
している感覚を味わえ、滑り台を滑ると花が咲き、実が生る等々も楽しめました。
        016
.
館内は暗く移動に注意が必要ですが、カメラや動画撮影が可能なのも嬉しい
計らいでした(フラッシュ撮影は禁止)  
オープン記念チケットでの入館は7月末まで可能ですが、当日券は殆ど無く
鑑賞の場合は日にち指定の前売券購入がお薦めです。 貴重な体験でした。
 .
  備考 : MORI Building DIGITAL ART : EPSON teamLab Borderless
        ( 東京お台場   camera ・ 6/下 )

|

« あじさい祭の島 | トップページ | 朝焼けの街 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

michiさん こんばんは
お台場に又見所(観光資源)が増えましたね。
早くも出掛けて素晴らしい画像、私どもも想像をふくらまし楽しませてもらいました。
東京駅をキャンバスにプロジェクション照射が有りましたが、お台場では専用の建物で壁・床・天井へ、数多くのパソコンとプロジェクターを連動させた訳ですから、それはもうすばらしいものになったことでしょう。
今後お台場では「船の科学館」を再開してもらいたいと思っております(余談ですねハハハ・・)。

投稿: gumizaki | 2018年7月 7日 (土) 20:42

gumizakiさま
いつもありがとうございます。
デジタルアートの世界、オープン記念チケットでの入場で
一日の入場定員もあり、ゆっくり鑑賞出来ました。
この日は当日券は無いと案内されていました。
8月からは一般入場となりますが、夏休みでもあり人気を呼び
多くの人たちが殺到するのではと予想されます。
館内では迷った箇所もありましたが、映像美の素晴らしさ、
美しさを堪能しました。

投稿: michi | 2018年7月 9日 (月) 18:44

michiさん
おはようございます
このような素敵なところがあるのですね
最先端の技術を駆使しての体験型、素敵だなぁ
大人も楽しめるなんて素晴らしい~
今は驚くようなことができますね
難しいことはわかりませんが感動の世界が
たくさんあるのは嬉しいですね
いつもありがとうございます

投稿: ムームー | 2018年7月10日 (火) 05:23

ムームーさま
こんばんは、暑い日々ですがお変わりありませんか。
6月21日に新たにオープンしたデジタルアートの
美術館(?)と称するものなんですよ。
今月末まではオープン記念で入場人数も定員があるようで
館内は比較的ゆっくりと鑑賞出来ました。
5つのゾーンから構成されていて美しく素晴らしい映像に
魅了されましたよ。 
体験参加型で映像に近づいたり触ったりすると、変化したり
運動の森では子供から大人までアートと遊べたり、楽しい
体験でした。

投稿: michi | 2018年7月11日 (水) 19:26

In men, the most common cause of baldness (more than 90% of cases) is androgenic alopecia. In this type of disease is not always a pathological process. Just at the genetic level, hair loss programs are implemented at a certain age. The male hormone dihydrotestosterone is directly involved in this process.
http://buypropecia.net/ - Buy propecia

投稿: buy propecia | 2018年7月19日 (木) 05:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1492103/73794342

この記事へのトラックバック一覧です: デジタルアート美術館へ:

« あじさい祭の島 | トップページ | 朝焼けの街 »