« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月29日 (土)

花の寺に秋を訪ねて

 徳川家康の妻お勝の方(後の英勝院)が1636年に創建したと
 言われ、鎌倉に残る唯一の尼寺の秋を訪ねました。
.
 花の寺としても知られ今の季節は彼岸花や可憐な萩の花々が
 境内に咲き愉しませてくれました。
 久し振りの秋晴れのこの日、花々を愛でながら境内の奥に広
 がる美しい竹林を散策、穏やかな静寂に時を忘れ心洗われた
 秋のひと時でした。
.
  古の面影を残す正門は普段は閉まっているので通用門から境内に入ります。
  英勝院の命日等の特別な日のみに開門されるようでした。
        03430
.
   境内散策路一面は彼岸花一色に染まりますが少し旬が過ぎていました。
   アゲハ蝶がご馳走を求めて花から花へと飛び移っていました。
        03440
        03441
        03442
.
   境内には仏殿、書院、鐘楼等々の重文建物もあり、重文の山門前には
   彼岸花に混じって芙蓉が大きな花を咲かせていました。
        03450
.
    境内奥に広がる竹林も美しく、喧噪の街を忘れて穏やかな静寂を楽しみ
    散策です。
        03460
        03461
.
  春には白い藤の花等四季を通じて色んな花が愉しめる花の寺としても
  知られています。 彼岸花は旬を少し過ぎていましたが、可憐な萩の花
  が今を盛りと咲き誇っていました。
        03470
        03471
.
  花々と重文建物、樹々の緑等に癒された秋の日のひと時、境内に佇む優しい
  お顔の石仏に送られて心穏やかに帰路に着きました。
        03480
.
        備考 : 英勝寺の彼岸花 (鎌倉市)   (  ・ 9/下 )

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年9月24日 (月)

巾着田の曼殊沙華まつり

今年も彼岸花の季節がやってきました。
.
日本最大規模と言われる彼岸花の群生地がある日高市(埼玉)では
「巾着田曼殊沙華まつり」が開催されていました。
蛇行する高麗川に囲まれた雑木林の中はまるで真紅の絨毯を敷き
詰めたように500万本の彼岸花が見頃を迎えていました。
.
昨秋は両陛下も訪れ鑑賞された巾着田の彼岸花、コスモスも秋風
に揺れながら彼岸花との共演を楽しませてくれました。
.
     最寄駅(西武池袋線・高麗駅)から徒歩約15分で公園に着きます。
     道筋に咲く彼岸花、コスモスも間もなく見頃を迎える気配でした。
        001
.
       曼殊沙華まつり開催中の公園は入口付近から真っ赤な絨毯を
       敷き詰めたように見事な景観を見せてくれました。
        002
        003 
        004
.
  高麗川沿いの雑木林の中は一面が真っ赤に染まっていました。
  巾着田の由来は市内を流れる高麗川の蛇行で和装で小物を入れる時
  に使う巾着に地形が似ている所からこの名前が付いたようです。
        005
.
 公園を包むように高麗川が流れ、訪れた人々は清流の畔でお弁当を広げたり
 子供たちと水遊びに興じたりして初秋のひと時を楽しんでいました。
        006
.
     高麗川に架かるあいあい橋の付近も彼岸花がいっぱい、橋の上から
     観ると雑木林の中は赤い絨毯を敷き詰めたような見事さでした。
        007
        008
.
    群生する彼岸花は地面だけでなく木の枝にも花を咲かせていました。
    雑木林の中には赤に混じって白い彼岸花も咲き、整備された花の中の
    遊歩道を散策しながら500万本と言われる花々を堪能しました。
        009
        010
        011
        012
.
公園前に広がる地にはコスモスが秋風に揺れ彼岸花と共に楽しませてくれました。
        013
        014
.
帰路、駅へ向かう道路脇の栗の木には早くも栗の実が弾け秋の訪れを実感です。
        015
.
     備考 : 巾着田の曼殊沙華まつり(日高市・埼玉、2018.09.15~30)
              (  ・ 9/下 )

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年9月 9日 (日)

夜空の芸術品ワイドスターマイン

  豪華な演出で横浜港の夜空を音と光で彩る新しい祭典
  スマートフェスティバル2018が行われました。
  第1部の和楽器演奏に続き、第2部は音と光で彩るワイド
  スターマインが横浜港の夜空に芸術作品を演出します。
  今回の花火は30分で2万発が打ち上げられ、一瞬の休
  み無く開始から終了までの殆どがワイドスターマインの
  連続で感激の花火鑑賞でした。
  現地での鑑賞ではありませんでしたが、遠く離れた家の
    窓から夜空に打ち上がる見事な花火を楽しみました。
  .
横浜最大の花火大会が中止になって2年、寂しい思いでしたが今回新企画で
帰ってきました。 定刻の19時半、いきなりスターマインが夜空を染めます。
        00349
        00358
        00364
.
  我家と打ち上げ場所のみなとみらい会場とは約6~7㎞離れていますが、
  轟音と共に打ち上がる見事な花火が目前に眺められ感激でした。
        00391
        00418
        00432
.
  音楽とアートがコラボした新しい夜の祭典、第1部の和楽器演奏と海面近くの
  低い花火は観えませんでしたが迫力満点の夜の祭典でした。
        00436
        00438
        00463
        00482
.
2年前に中止された地元新聞社主催の花火大会は花見客のマナー欠如も原因の
一つと言われています。 今回の新しい形での祭典が再び中止されないよう私たち
花見客もマナー厳守で楽しみたいものです。 
スターマインがランドマークタワーよりも高く打ち上げられフィナーレを迎えます
        00485
        00492
        00494
        00497
.
  備考 : スマートフェスティバル2018
       第2部・スカイシンフォニー イン ヨコハマ2018  (   ・ 9/上 )
   主催 : 市内企業や横浜市、地元大学等でつくる実行委員会 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »