« TOKYO MEGA ILLUMINATION | トップページ | 龍が舞いランタンが揺れる横浜中華街 »

2018年12月 3日 (月)

ドイツのクリスマスマーケットがやってきた

9年目を迎えたドイツのクリスマスマーケットが横浜で行われて
います。
今年はドイツの古都アーヘンのクリスマスを再現、入り口で
きなプリンテン人形が迎えてくれていました。
本場をイメージしたヒュッテの屋根の装飾人形は観ているだ
でも楽しくなります。
ヒュッテでは本場の郷土料理や物産品も多数販売されており、
い夜にはグリューワインが温めてくれます。
広場では今年もスケートリンクがオープンし、海側には本物
モミの木ツリーが煌き、クリスマス気分をより一層盛り上げて
ました。
.
    入り口にはアーヘンの伝統的なお菓子「プリンテン」がモチーフの
    高さ3mのプリンテン人形がお目見えです。
        001
.
   ヒュッテの屋根にはドイツから輸入の人形装飾がされ、観ているだけでも
   楽しくなります。
        002
        003
        004
.
  海側には高さ10mの本物のモミの木ツリーが煌き、幸せの鐘には順番待ちの
  長い列が出来ていました。
        005
        006
        007
.
          ロシアの民芸品マトリョシカ人形も人気でした。
        008
        009
.
  無数のライトが灯ったイルミネーションルーフがつくる光のトンネルが華やかで
  楽しいクリスマスマーケットでした。
        010
.
マーケット横の広場ではアートとコラボしたスケートリンクがオープンしていました。
壁面をキャンパスにして毎年異なるアーティストによって演出され、今シーズンは
大胆な画風で生き物を描くミロコマチコさんの世界が広がっていました。
アートとスケートがコラボしたリンクでは、滑ったり転んだりして多くのスケーター
が更け行く夜のひと時を楽しんでいました。
        011
        012
.
   備考 : ドイツ・アーヘンのクリスマスマーケット(横浜赤レンガ広場)
         ( camera ・ 12/上 )

|

« TOKYO MEGA ILLUMINATION | トップページ | 龍が舞いランタンが揺れる横浜中華街 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

赤レンガ倉庫でのドイツのクリスマスマーケット、ドイツに行った気分で、伝統のお菓子を頬張るというのも楽しそうですね。
大聖堂が有名な、オランダやベルギーに近い国境の街とか、なかなか出掛けることも難しい中で、ドイツの方からいろいろ観光地や伝統の食べ物を紹介してくれ、中世の雰囲気に浸れるのもいいものでしょうね。

投稿: gumizaki | 2018年12月 4日 (火) 16:42

gumizakiさま
いつもありがとうございます。 日頃、益々ご活躍ですね。
赤レンガ恒例のドイツクリスマス市を覗いてきました。
ヒュッテの数が例年より少し少ないかなぁ!と感じましたが
多くの皆さんが詰めかけてグルメ等楽しんでいました。
マーケットに隣接してアイスリンク、海側にはモミの木の
大きなツリーもあって、これから暫くは賑わいそうです。

投稿: michi | 2018年12月 5日 (水) 10:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1492103/74707623

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツのクリスマスマーケットがやってきた:

« TOKYO MEGA ILLUMINATION | トップページ | 龍が舞いランタンが揺れる横浜中華街 »