« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月27日 (水)

2月の夕焼け小焼け

 春が近づくにつれ不安定な天候が多くなって来ました。
 「春に三日の晴れなし」のように春近しを感じるこの頃です。
 時には牙を剥く自然現象も多くの美しい光景も見せてくれます。
 印象に残った二月の夕焼け小焼けを振り返ってみました。
.
                             
.
2/上 : 
       夕焼け空にキノコ雲を被ったような異様な富士山でした。
        0190201
.
2/上 : 
     ビルの向こうに太陽が沈んで行きます。
     太陽は日毎に移動し、ダイヤモンド富士となる日も真近です。
        0190203
.
2/上 :
    この日の朝陽は高い煙突の向こうに上り不思議な光景を見せてくれました。
        0190204
.
2/中 :
 早朝のTVで霧に覆われた幻想的な東京の街が映し出されていました。
 我が街も・・・と期待して窓外を観ると高層ビルが僅かに霧に霞んでいました。
        0190220
.
2/下 :
   雲の多い一日、沈む夕陽を背に二羽の鳥たちが塒へと帰って行きました。
        0190226a
.
2/下 :
   太陽が雲間に沈もうとしています。
   赤、ピンク、少し黄色味も混じった美しい夕陽が観られました。
   思わずシャッターを押した瞬間、何かが太陽を横切った気配、後で映像を
   確認すると太陽を通り過ぎたヘリが映っていました。
   あと一秒、シャッターを押すのが早ければ太陽の中のヘリ画像が撮れた
   のに・・・、残念な思いでした。
        0190226c
.
     備考 ; 2月の朝陽、夕陽 (家からの画像)  ( 2/上~下 )
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年2月24日 (日)

曽我梅林梅まつりへ

関東では屈指の梅の名所と言われる曽我梅林を訪ねました。
.
神奈川景勝50選や関東冨士見百景にも選ばれている梅の名所
で、梅林には35,000本の梅の木があるようです。
JR下曽我駅から徒歩約15分でメイン会場の中心に着きます。
見頃を迎えた梅林の小路の周りは白、赤、ピンク等々の花が咲
き誇り、陽気にも恵まれ梅の香りが漂う梅林で花々の見事な競
演を堪能しました。
                               
     最寄駅前からメイン会場の中心への道端にも梅林が広がります
        001  
        002  
.
  周りの花を愛でながら約15分でメイン会場中心へ到着、食堂や地場産品店、
  イベント会場辺りは多くの人たちで賑わっていました
        003
.
   梅林越しに富士山が聳える絶景ポイントですが、箱根連山は観えたものの
   霊峰富士は雲に隠れて姿を見せてくれませんでした
        004
.
    中心部より観る梅林、このような風景が周り一面に広がる見事さです
        005
.
   鑑賞用の枝垂れ梅も多く、ピンク、赤、白等々の花がまるで降り注ぐように
   咲く風景は見事の一語に尽きます
        006
        007
        008
        009
        010
.
           可憐な枝垂れ梅に見惚れてしまいます
        011
        012
.
     梅林には食用の白い花の梅も多く咲きますが枝垂れ梅に負けじと
     綺麗に咲き誇っていました
        013
.
 枝垂れ梅の下では正装したワンちゃんが記念写真、可愛くて見惚れてしまいま
        014
.
 暖かかったこの日、梅林では絵筆を走らせたり、花を愛でながら食事を楽しんだ
 り、それぞれの楽しい時間が過ぎて行きます
        015
.
  梅林内に貼られたポスターです。
  このように梅の花と富士山の絶景が同時に観られますが、この日は残念ながら
  富士山は雲の中でした。 でも梅林の見事な梅の花々を堪能したひと時でした。
        016
.
    備考 : 曽我梅林梅まつり(小田原市)  (  ・ 2/下 )

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2019年2月18日 (月)

春節で賑わう中華街

   春節を迎え多くの人たちで賑わう横浜中華街。
  週末には冬の風物詩として人気の祝舞遊行が行われました。
  お馴染みの中国獅子舞や龍舞、民族衣装で皇帝皇姫、将軍、
  舞姫等々のパレード、中国伝統文化の一端を楽しみました。
.
   パレード出発地点の関帝廟通り、新年に相応しい祝意文字のタスキを掛けた
   人気者の獅子舞が進んできました
        001
.
   お祝いには欠かせない爆竹、パレードの途中で轟音を響かせていました
        002
.
 民族衣装隊の皇帝皇姫、将軍や舞姫等々が観衆と触れ合いながらの行進です
        003
        004
        005
        006
        007
.
     愛嬌者の獅子舞、見事な演技とユーモラスな仕草で観衆と触れ合い
     笑いを誘っていました
        008
        009
.
     お馴染みの龍舞、躍動的で見事なパフォーマンスを披露しながら
     通りを狭しと駆け回っていました
        010
        011
.
     関帝廟通りから途中で中央大通りへと移動しました。
     夕暮れが迫りつつある大通りは一層の人たちで埋め尽くされており
     パレードを観るのも一苦労です。
     愛嬌者の獅子舞、頭を咬んで貰うと良い事が訪れるようです。
        012
.
   暗くなりかけた大通り、ランタンの灯りが輝きを増し通りも一層華やかです。
   龍舞は元気いっぱい通りを駆け回り、観衆の拍手を浴びていました。
        013
        014
.
    再び関帝廟通りへ・・・、 明かりが灯され一層華やかに輝く関帝廟、
    多くのお参りの人たちで賑わっていました
        015
.
    パレードが通り過ぎた中華街、通りの上にはランタンで造形された龍が
    夜空を泳いでいました。  街は相変わらずの人たちで溢れていました。
        016
.
    備考 : 春節・祝舞遊行(横浜中華街)  (  ・ 2/中 )
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2019年2月 6日 (水)

富士山と菜の花の絶景

春の訪れを告げるように各地から菜の花の便りも届いています。
神奈川では屈指の富士山絶景スポットとして人気の吾妻山では
菜の花が見頃を迎え富士山との見事な共演を見せてくれました。
.
    最寄駅から徒歩で約25分の吾妻山、雄大な富士山を背景に咲く
    可憐な菜の花との共演は見事でした
        001
.
    山頂の芝生広場の斜面には菜の花が咲き乱れ、眼下には相模湾、
    大島、伊豆半島から三浦半島までの絶景が楽しめます
        002
        003
.
   富士山は両側に箱根連山と丹沢山系を従えるように誇らしげに聳えます
        004
.
 山頂からの絶景は時の過ぎ行くのを忘れさせてくれます
 芝生広場で憩いのひと時を過ごし下山する頃には僅かに雲が漂い始めて
  いました。   絶景を堪能した春を感じさせる冬の一日でした
        005
.
   備考 : 吾妻山の菜の花と富士山(神奈川・二宮町)  (  ・ 2/上 )
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »