« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月28日 (日)

好天の港町を散策

  平成から令和へ、改元に伴う大型連休で賑わう街、
  新緑が眩しい大通りや公園は人たちで賑わっていました。

  好天に恵まれたこの日、横浜公園からみなとみらいへ
  いつもの散歩道を散策しました。

横浜公園
楽しませてくれたチューリップ祭りも終わり、僅かに残った
チューリップが
頑張って咲いていました
001_11

横浜中華街
朝から相変わらずの大賑わいです
002_9

日傘を差した太陽
修理で長期休館に入ったマリンタワーの上空には、日傘を差した
太陽が・・・、明日からの天候が心配!
003_9

山下公園
今年も恒例の花壇展、港を背景に綺麗な花を咲かせていました
004_10

005_8

大型クルーズ船
この日の大桟橋には大型客船(ウエステルダム、8.2万トン)が
旅の疲れを癒していました
006_9

赤レンガ広場
ドイツの春祭り(フリューリングスフェスト)開催中で、多くの
人たちが本場の料理やビールで盛り上っていました。
テントの中では飲食しながらドイツ楽団による生演奏も楽しめます。
また移動遊園地も設置され子供たちも大喜びです。
007_9

008_9

花と赤レンガ倉庫
公園に咲く花を愛でながらみなとみらい地区へと向かいました
009_7

ホテルの鯉のぼり
凱旋門を彷彿させるホテルのゲートには今年も鯉のぼりが元気に
泳ぎます
010_3

011_3

汽車道の花
海の中の汽車道も花いっぱいでした
012_2

水陸両用車
観光客を乗せて水陸両用車が水飛沫をあげて観光巡りへ出発です
013_1

帆船日本丸
みなとみらいに係留されている帆船日本丸に掲げられた鯉のぼり
高層ビルやホテルを従えるように青空高く泳いでいました
014_1

015

備考 : 横浜公園からみなとみらい地区へ ( 📷 ・ 4/下 )







 

 

 

 

 

 

| | コメント (3)

2019年4月26日 (金)

ブログナードに泳ぐ鯉のぼり

文明開化の香りが残る老舗も見られ、港へ続く散歩道として
親しまれてきた伊勢佐木町プロムナード。
青江三奈さんの「伊勢佐木町ブルース」の大ヒットで全国に
知れ渡り、フォークデュオとして活躍中の「ゆず」の二人も
この街角からストリートミュージシャンとして生まれました。

プロムナードの緑の並木道の上では今年も鯉のぼりが気持ち
良さそうに泳いでいました。
Img_8352

備考 : 伊勢佐木町プロムナード  ( 📷 ・ 4/中 )

| | コメント (0)

2019年4月21日 (日)

フラワーガーデン in 赤レンガ広場 

恒例となった春のイベントのフラワーガーデン
観光スポットの赤レンガ広場で行われており、港や船の風景と
一緒に楽しめました。
広場では他のイベントも次々行われ、例年に比べフラワーガー
デンの規模は縮小されていましたが、港の風景と共に楽しめま
した。

今年で13回目を迎えたフラワーガーデン
ハート型のフラワーアーチの後方には約8千株の草花の庭園が
広がり、
海の風景と共に散策気分で楽しめました。

001_10

マスコットキャラクター「ガーデンベア」もお出迎えです。
002_8

赤レンガ倉庫の広場に造られた庭園、動物をモチーフにした
十数体の
可愛いトピアリーにも出会えました。
003_8

004_9

005_7

海側の高さ17mのシンボルツリーはピンクのマーガレットで
彩られ、
海を背景にした風景も素敵でした。
006_8

大桟橋には小型の全室スィートの豪華客船スターレジェンド
(9,976t)が寄港中で、花と海と船の風景にも見惚れます。
007_8

備考 : 横浜赤レンガ倉庫広場・第3回フラワーガーデン
     ( 📷 ・ 4/中 )


 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (5)

2019年4月19日 (金)

花と緑のスプリングフェア2019

春の横浜を彩る恒例の花フェスタが開催されています。
桜からバトンタッチされた花たちで街や公園は華やかです。
天候にも恵まれたこの日、多くの人たちが花と緑と港の
風景を楽しんでいました。

チューリップが見頃の横浜公園
今年で41回目を迎えたチューリップまつり
70品種16万球のチューリップが見頃を迎えていました。
横浜スタジアムに隣接する公園、緑濃い樹々の下で咲く
色とりどりの可憐なチューリップは心和ませてくれます。
001_9

002_7

003_7

004_8

005_6

006_7

日本大通りの花の道
日本で最も古い西洋式の通りで周りには歴史的建造物が並びます。
新緑の芽吹きも見られる約400m続く銀杏並木の広い大通りには
花々が美しく咲き、道行く人たちを楽しませてくれていました。
007_7

お花畑が見事な山下公園
横浜港を望む眺めの良い公園は人気の観光スポットです。
公園に咲く数々の美しい花と共に、花フェスタに併せて造られた
幾つもの花壇が並びます。
美しい花壇と大桟橋に停泊する豪華客船とのコラボは必見です。
008_6

赤い靴を履いた女の子
009_6

010_2

011_2

012_1

備考:横浜公園、日本大通り、山下公園  ( 📷 ・ 4/中 )



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2019年4月17日 (水)

クルーズ船の入港

うららかな春の陽気の街
本格的な観光シーズンを迎えた港へは
連日、国内外のクルーズ船が寄港しています。
お馴染みの客船や初入港の客船等々
見学するだけでも夢が膨らみます。

花咲く山下公園から眺める横浜港大桟橋
仲良く並んで日蘭の豪華客船が入港していました。
001_8

大桟橋のウエステルダム(オランダ船籍、8万トン)
002_6

山下公園から大桟橋へ向かいました。
停泊するウエステルダム、8万トンはさすがに大きいですね。
003_6 

船首から船尾方向
004_7

船尾から船首方向
005_5

大桟橋の歓送迎デッキ、通称「鯨の背中」の両側には
飛鳥Ⅱとウエステルダムが仲良く並んで停泊です。
006_6

大桟橋からは大黒埠頭に停泊する客船アザラマ・クエスト
(3万トン・マルタ船籍)も眺められました。
007_6

白いマストに赤い二本線、お馴染みの飛鳥Ⅱ(5万トン)が
大桟橋で束の間の旅の疲れを癒していました。
008_5

備考 : クルーズ船の入港(横浜港大桟橋) ( 📷 ・4/中 )


 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (4)

2019年4月14日 (日)

古都の社寺を巡る花散歩

鎌倉の社寺に咲く桜の風景を眺めながら散策しました。
特に桜の名所ではありませんが、国宝建造物に咲く
桜の
風景も良く似合います。
桜も春風に花弁が舞う季節、新緑の中で咲く桜と
社寺の
風景を堪能しながらの散策でした。

鎌倉大佛
高徳院ご本尊の鎌倉大佛へ。
青い空に聳える国宝の銅造阿弥陀如来坐像の大佛さま、
アジアや欧米等々から訪れた人々も大佛さまと桜の
風景に見入っていました。
001_6
.
002_4

光明寺
700年を超える時を経た日蓮宗の巨刹、日蓮上人の高弟が
捕らえられた土牢が有名です。
ソメイヨシノ咲く参道、花の寺としても知られています。
003_5

 

段葛の参道(鶴ヶ岡八幡宮)
八幡宮へと続く二の鳥居からの500mの段葛の参道。
源頼朝により造られた段葛も整備工事で生まれ変わり、
参道をアーチ状に覆っていた桜も若木に植え替えられ
今年で3年目を迎えます。 順調に育っているものの
以前の様になるにはもう少し年月が必要のようです。
004_6
.
005_4

鶴ヶ岡八幡宮本殿前から
八幡宮本殿前から眺める段葛の桜並木の参道、
舞殿後方の一の鳥居から二の鳥居まで続きます。
006_5

神苑ぼたん庭園(鶴ヶ岡八幡宮)
源氏池の外周に沿うように造られた和風庭園調のぼたん園、
色とりどりの牡丹も見頃を迎え桜との共演も見事でした。
007_5
.
008_4

建長寺
1253年に北条時頼により創建された本格的な禅寺で
境内では重要文化財建築も多く見られます。
総門から眺める桜並木、三門や仏殿前に咲く桜は鎌倉の
社寺では有数のスポットです。
009_5
.
011_1
.
002_5

円覚寺
1282年に北条時宗により開山された鎌倉五山第二位の
鎌倉有数の巨刹です。
総門脇の桜、山門の桜は北鎌倉の春の風景でもあります。
012
.
013
.
014

備考:鎌倉大佛~光明寺~鶴ヶ岡八幡宮(段葛、神苑ぼたん園)
建長寺~円覚寺を散策  ( 📷 ・ 4/中 )

 

 

 

| | コメント (3)

2019年4月10日 (水)

桜満開のプロムナードを散策

横浜市内中心を流れる大岡川、
数キロ続く両岸には桜並木が続きます。
特に南区を中心に3キロ続く両岸からは約500本が
川面に枝を伸ばして咲き
市内でも有数の桜の名所となっています。
家から徒歩圏内のプロムナードで
満開の桜を楽しみました。

両岸から川面に枝を垂らす桜、河口付近ではお花見の
クルーズ船も
運行され、川面からお花見が楽しめます。
001_5
.
002_3

川の両岸には遊歩道があり、満開の桜のトンネルが続きます。
また夜にはライトアップされ夜桜も楽しめます。
003_4
.
004_5

川には幾つもの橋が架けられており車の往来も少ないので
格好のお花見スポットとなっています。

005_3
.
006_4

期間中、プロムナードには幾つもの食べ物店、昔懐かしい玩具店、
ゲーム店等々の屋台も出店され楽しめます。
007_4

桜は古木も多く、長い枝を川面に伸ばして咲く風景は見事で
水深が浅い上流付近では小型ボートやカヌーで
お花見を楽しむ人たちも見かけます。

008_3
.
009_3

プロムナード起点の一つの商店街近くでは、整備された川面で
弁当を広げ
お花見を楽しむ人も多く見かけます。
001_7
 

備考:大岡川プロムナード(横浜市南区を中心に) ( 📷 ・ 4/上 )



| | コメント (3)

2019年4月 7日 (日)

街のお花見散歩

春爛漫、各地から桜の開花や満開の便りが届いています。
暖かい春の陽気に誘われて市内の大神宮を参拝し
人気の観光地で満開の桜並木を観てきました。

市内の高台にある大神宮は天照大御神を御際神とし
横浜の総鎮守、関東のお伊勢さんとしても親しまれており
パワースポットとしても評判です。
境内の桜も満開に花を咲かせていました。

一の鳥居を過ぎ階段を上り二の鳥居へ、
数少ない桜ですが見頃を迎えていました
001_4

境内入口にしめ縄を張った注連柱があり
ここから先は聖域を表しており

日本最大の石柱で造られています

満開の桜が青空に映えて綺麗でした。
002_2

荘厳な雰囲気さえ漂う本殿
寄り添うように咲く枝垂れ桜が雰囲気を和らげます
003_3

青空に満開の桜がより一層映えていました
004_4

高層ビルも望める境内で
記念写真を撮るお幸せなお二人にも出会いました。
桜咲く季節の新しい門出、お幸せをお祈りします。
006_3

大神宮からみなとみらいの桜並木へ立ち寄りました。
さくら祭りは終わっていましたが、高層ビルが並ぶ中で
満開の桜並木は未だ未だ元気に咲き誇っていました。

海に向かって伸びる桜通り
正面や沿道には高層ビルやホテルも聳えます
007_3
.
008_2

大観覧車からのお花見もいいですね
009_2

帆船日本丸と桜咲く港町も絵になる風景でした
010

備考:伊勢山皇大神宮と桜、横浜みなとみらい桜通り 
( 📷 ・ 4/上 )

 

 

| | コメント (4)

2019年4月 4日 (木)

熱海のMOA美術館へ

熱海の高台に建つMOA美術館を訪ねました。
館内では特別展「URUSHI 伝統と革新」が開催中で
日本を代表する名匠たちの漆工芸品に魅せられました。
メインロビーやムア広場からは伊豆大島や三浦、房総、
伊豆半島等々の眺望が望め、紺碧の海を背景に
咲く満開の桜との美しい風景に時を忘れます。

美術館へは長い7基のエスカレーターを乗り継ぎます。
エスカレーターの壁面、天井の照明は刻一刻と色が変わり
SF映画の世界に入って行くような不思議な感覚でした。
001_3
.
0027

途中の円形ホール天井には、直径20mの万華鏡が
上映されており思わず目を点にして見入りました。
万華鏡は2度と同じ模様が出来ないので、ここで観たのは
一期一会と思うと心が締め付けられる思いでした。
003_2

ムア広場には英国の彫刻家ヘンリー・ムアの
「王と王妃」像があり
満開の桜との風景にも魅せられました。
004_3
.
005_2

メインロビーから見るムア広場と太平洋に浮かぶ
伊豆大島の風景もとても素敵でした。

006_2

ムア広場から望む満開の桜越しの青い海の彼方には
初島や伊豆大島が望める絶景です。
007_2

館内では漆工芸の特別展が開催中で、名匠たちの
漆工芸作品の数々に見惚れました。

(尚、添付の画像はMOA美術館ホームページのものです)
蓬莱之棚・松田権六

008_1
蝶牡丹蒔絵沈箱・白山松哉
009_1


   
備考:熱海MOA美術館と眺望 ( 📷 ・ 4/上 )
 

| | コメント (3)

2019年4月 2日 (火)

熱海海上花火大会

熱海で今年最初に行われた花火大会を観てきました。
今回は年間十数回行われる海上花火大会の
オープニング特別大会で、県内より集結した
花火師たちの技が熱海の夜空を彩りました。
打ち上げ会場の熱海湾は三方を市街と山に囲まれた
すり鉢状で
反響した炸裂音の凄さでも知られています。
初めて観る熱海の海上花火大会
部屋から花火が観えるホテルに泊まり
花火と共に炸裂音の凄さも堪能しました。
.
初めて観る熱海海上花火大会
目前で打ち上げられる花火の数々は期待通り楽しめました
01491 
.
01498
.
単発のスターマインや新種の花火が間断なく打ち上がり
オープニングに相応しい期待通りの花火大会でした
01558
.
01566
.
01583
.
01630
.
ホテルの部屋から観る花火の後方には高層ホテルの明かりが灯り
花火の明るさで山頂の熱海城も浮かび上がる眺めでした。
01636
.
海上を染めて打ち上げられる数々の花火
初めて観た熱海海上花火大会を大いに楽しんだ熱海の夜でした。
01641 
.
01654
.
01656  
.
備考 : 熱海海上花火大会  ( 📷 ・ 3/下 )
(静岡ディスティネーションキャンペーン オープニング特別花火大会)
*次回は4月20日に開催、年間14回行われます。 (雨天決行)
 

 

| | コメント (2)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »