« 大阪夜景 | トップページ | 北鎌倉の紫陽花寺を訪ねて »

2019年6月15日 (土)

雅な平安王朝の世界へ

旅の最終に京都の風俗博物館を訪ねました。

古代から近代に至る平安時代の貴族の世界を体感できる博物館で
「源氏物語~六条院の生活~」の展示が行われていました。
平安時代の風俗、衣装等々、源氏物語の様々な場面を通して
貴族の装束、色目や文様、生活の様子が展示されています。

千年と言う時空を超えて平安時代を五感で感じられる世界が広がり
雅な平安王朝の世界へタイムスリップしたひと時でした。

ビルの一室の博物館、エレベーターを降りると目の前には
源氏物語の世界が飛び込んできました。 反り橋に水が流れる
六条院春の御殿での優雅な蹴鞠の様子が再現されていました。
A1
A2

公家女房の十二単と武官の衣装
A3

貴族女性の装いでしょうか
A4

「偏つぎ」と言う漢字の知識を競い合う遊びの様子です
A5

冷泉帝の即位の一場面、宝剣を持つ女性と共に描かれていました。
A6
A6_1

女房たちの詰め所、御膳を調える場所のようです
A8

当時の遊びの一つ、乗馬での弓や球技の様子です
A9
A10

日本最古の物語と言われる「竹取り物語」、天上界(月の世界)と
地上界が描かれ、かぐや姫が月へ帰るシーンです
A11
A12

「四季のかさね色目」、幾重にも重ね着した装束で
貴族たちが季節の花々に感じた色彩の妙を表しています
画像は「梅かさね」ですが、他にも菖蒲、捩り紅葉等々を展示
A13

御殿の蹴鞠見物や宴席等に出された「椿餅」と言う
文献上では最も古い和菓子を運ぶ女性たち
A14

館内の展示風景です
A15

備考:風俗博物館(京都)・「源氏物語~六条院の生活~」展示
( 📷 ・ 5/下 )



 

 

 

 

 

 

 

|

« 大阪夜景 | トップページ | 北鎌倉の紫陽花寺を訪ねて »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

まぁ、素敵ですね
風俗博物館は娘たちは行きましたが、私は
観ていませんが、素晴らしいのですねぇ
平安絵巻のようなかずかずに見とれますね
このような衣装を着て日常生活をおくるのは
大変でしょうね
衣装の色合いがいいですね、おすべらかしもいいなぁ
月に帰るという発想が夢があって素晴らしいですね
私も見に行きたくなりました
見せて貰えて嬉しいです
いつもありがとうございます

投稿: ムームー | 2019年6月16日 (日) 07:12

michiさん こんばんは
京都には源氏物語の博物館が出来ているのですか。
平安時代の風俗や衣装等々、源氏物語の様々な場面を通して、貴族の装束や生活の一端も思い巡らすことが出来るのですね。
このような雅な生活をおくれたということは、その頃もう立派な国家統治がなされていたということですから、日本の誇れる文化ですね。
最近の関西事情等いろいろ教えてもらい勉強になります。

投稿: gumizaki | 2019年6月16日 (日) 19:19

ムームーさま
平安絵巻?と言うのでしょうか、豪華な衣装や色彩に圧倒されます。
大昔はこんな立派な衣装を纏っていたのですね。
この博物館は昨年も訪れましたが、訪れた日から休館に入っており
観られませんでした。 今回は調べて行ったので開館していましたが、
訪問した翌日から模様替え等で暫く休館になるようでした。
展示品の数々も素晴らしくつい見惚れてしまいました。
京都では八条口近くにオープン初日のホテルがあり、興味本位で予約
しましたが、部屋や食事は良かったですが、眺望が望めず残念でした。

gumizakiさま
更新が遅れていますが、鳴門~大阪の帰りに訪ねました。
昨年も訪ねましたが休館で観られなかったので二年越しの夢実現でした。
平安時代の歴史等は殆ど知識はありませんが、千年余以前の時代の
一端を目の当たりにして興味津々でした。
博物館はビルの一室にあり、特に宣伝もしていない様子で予め知っている
人が訪れるようで、この日も私たちの他には女性が一人だけだけでした。
日本の歴史の風俗や衣装等の一端に触れられて有意義なひと時でした。

投稿: michi | 2019年6月17日 (月) 10:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪夜景 | トップページ | 北鎌倉の紫陽花寺を訪ねて »