« 地上450mからの絶景 | トップページ | 大塚国際美術館へ »

2019年6月 3日 (月)

横浜開港祭

開港160年を迎えた横浜港
開港を祝うと共に先人たちの歴史と伝統を称え
港に感謝する目的の市民祭も38回を迎えました。

6月最初の2日間、陸と海で多彩な催しが行われ
フィナーレを飾ったのは横浜港をキャンパスにして
花火とレーザー光線が一体となった花火ショー
出掛けていて現地での観覧は叶いませんでしたが
家から遠くに打ち上がる花火を楽しみました。

みなとみらいの夜空に花火が打ち上がります
001_15

開港祭フィナーレの花火はレーザー光線と音楽とのコラボで
低層の花火が多く、家からは高く打ち上がる花火の鑑賞でした
002_14

003_14

004_13

005_12

006_14

備考 : 第38回横浜開港祭 ( 📷 ・ 6/上 )

 

 

|

« 地上450mからの絶景 | トップページ | 大塚国際美術館へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

michiさん
こんにちは
市民祭も38回になるのですねぇ
こういう素晴らしい開港祭
花火とレーザー光線と音楽とのコラボ
最近は様々なことがおこなわれますね
お家からの鑑賞もいいですね
これだけ観れるって素敵
花火は今年は観に行きたいですわ
多くの言葉をいただいて感謝しています
ありがとうございます♪

投稿: ムームー | 2019年6月 4日 (火) 10:44

michiさん こんばんは
6月1日・2日は毎年横浜開港記念日で、毎年1日は出掛けていたのですが、今回は自治会の会合と重なり行けませんでした。
しかしそのメーンイベントの花火打ち上げを自宅から鑑賞出来るのですから、凄いことですよね。
花火見物はどこも人出が多く大変ですから、年末毎週土曜日夜開催のレインボーブリッジ花火大会になりそうです。
もうすぐ梅雨ですね。

投稿: gumizaki | 2019年6月 4日 (火) 18:37

ムームーさま
毎年6月初旬に2日間行われます。
メインはステージショーや海上での催しですが
最終日のフィナーレには花火が打ち上げられます。
レーザー光線と音楽、炎とのコラボで、低く上がる
花火が多く、我家からは高く打ち上がる花火だけが
見えます。
この日の夕刻に京都から帰って来たので、打ち上げに
やっと間に合った次第です。

gumizakiさま
6月の開港祭、ゆっくり観た事は少ないですが
臨港パークは多くの人たちで賑わうようです。
梅雨が明けると花火も本番を迎えますが
歳と共に暑さ対策も大変で、つい安易な鑑賞に
なってしまいます。
現地で観れたら一番いいのですが、努力しないで
いい画像も望めませんね。

投稿: michi | 2019年6月 6日 (木) 09:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地上450mからの絶景 | トップページ | 大塚国際美術館へ »