« 大塚国際美術館へ | トップページ | 大阪夜景 »

2019年6月 8日 (土)

鳴門・大塚国際美術館への道

鳴門の大塚国際美術館への道
新神戸へ着いた時はどんよりとした曇り空でした。

神戸~鳴門間は高速バスを利用、旅は移動する乗り物からの
風景も楽しみで、バスは前以て前方席を予約しました。
二つの海峡と海に架かる二つの大橋、高速バスから車窓風景は
美術館の絵画鑑賞と同じように旅の楽しみでした。

新神戸で乗車した高速バスは明石海峡大橋へ…、以前宿泊した
絶景のホテルと孫文記念館が眺められ懐かしい記憶が蘇ります
08894

雨に煙る明石海峡大橋を高速バスは一路鳴門へ・・・
08897

この日は美術館から徒歩数分のホテルで宿泊、鯛料理や
海の幸が美味しいホテルで、部屋・眺望・食事等々大満足でした

ホテルレストランと鯛しゃぶ
08940

08949

翌朝、部屋からは太陽で輝く海や鳴門海峡大橋も望めました
08975

朝の展望風呂、大塚潮騒荘や山上に美術館の一部分も見えます
08978

開館迄時間があったので朝の海岸を散策、宿泊したホテル後方に
大塚潮騒荘、美術館の山上部分、鳴門海峡大橋が望めます
08991

竜宮城を彷彿させる大塚潮騒荘、一般人も宿泊出来るようでした
09016

美術館鑑賞を終え帰路は高速鳴門駅から高速バスに乗車しました
高速鳴門駅へは最寄りのバス休憩所から可愛い乗り物で上がります
09295

高速バスに乗車して10分程で鳴門海峡大橋です
眼下には名物の潮の流れも見られました
09303

09306

高速で淡路島を縦断、やがて前方には六甲山の麓に広がる
異国情緒あふれる街・神戸市街が見えてきました
09324

帰路、天候も回復した高速道、明石海峡大橋からは
海と山に挟まれた港町・神戸が迫ってきます
09331

09349

やがて神戸三宮駅が近づき高速バスをここで降車
数年間暮らした懐かしい街神戸を後に次の目的地へと向かいました
09367

備考 : 高速道からの風景と鳴門のホテル  ( 📷 ・ 5/下 )

 

 

|

« 大塚国際美術館へ | トップページ | 大阪夜景 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

michiさん
こんにちは
明石海峡は高速バスで行かれましたか、一度通行
しました、こちらは眺めがいいですねぇ
往復の移動は楽しみですね
お宿から朝陽が見れて鳴門海峡大橋も、素敵
鯛料理もご馳走ですね、食べてみたいですわ
徳島からの帰りに淡路島を縦断しました、懐かしいです
神戸の山と町並みが見れると嬉しいですね
以前にお住いだったのですね、懐かしい景色ですね
ほっとしますね
神戸から京都に帰ると時代が違うように思います
いつもありがとうございます

投稿: ムームー | 2019年6月10日 (月) 10:56

michiさん こんばんは
新幹線で新神戸下車、予約の観光バスで、明石海峡大橋と鳴門海峡大橋を通って鳴門のホテルへ、そこから大塚国際美術館へというルートですか。いいですね!一度そのようなルートで出掛けたくなりました。
大阪では8年間間過ごしましたが、大橋も・・・何も無い時代でしたが、オートバイやパブリカ700等でのドライブして、写真を撮っていたことを想いだしましたね。

投稿: gumizaki | 2019年6月10日 (月) 18:00

ムームーさま
いつもありがとうございます。
新神戸へ着いた時は雨がポツポツと降り出していました。
神戸の街は大雨、明石海峡大橋を通過時は雨も小止みになり
淡路島通過は曇り空でした。
美術館から徒歩3分程のホテルを探して泊まりましたが、余り
期待していませんでしたが、部屋の広さ、配置、料理等々、
今回数泊したホテルでは最高でした。
高速バスは前の席を確保していたので眺望も楽しめました。
いつもの事ですが、車窓の風景も旅の楽しみです。

gumizakiさま
鳴門への高速バス、車窓の風景も楽しめました。
数年前、免許証を返納して、普段は余り不便を感じませんでしたが、
今回のような場合、神戸でレンタカーが借りられず不便も感じました。
自動車やバスに自分で運転せずに乗せて貰うのも眺望が
心行くまで楽しめていいものです。
でも北海道や沖縄等を旅する時はレンタカーが使えず、自ずから
行動範囲が狭くなりますね。
高速バスからの眺望も楽しめましたよ。

投稿: michi | 2019年6月11日 (火) 16:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大塚国際美術館へ | トップページ | 大阪夜景 »