« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月29日 (日)

春の雪

気分も爽快に街や公園を闊歩する春なのに
暫く続いた春の晴天も寒暖の差があったり
新型コロナウイルス拡大で心も沈みがち

前日は夏日一歩手前の暖かさの横浜も
今日は一転して雪が舞う真冬の寒さ
桜も予想外の吹雪に戸惑っている事でしょう

朝からの雨が吹雪に変わり街はうっすらと雪化粧でした
001_20200329184801
002_20200329184801

窓から見えた桜も思わぬ吹雪に寒そうです
003_20200329184801
004_20200329184801

備考 : 雪の降る街 (横浜市内)  ( 📷 ・ 3/下 )

関東5都県の週末は不要不急の外出は自粛要請中でした
国や自治体の要請に協力し各自が責任ある行動で
新型コロナウイルスの一日も早い終息を願うばかりです

*Mt.Fuji in 2020
(NO.21) Mar.23. pm17:52(横浜市内から)
00503231752

 




| | コメント (0)

2020年3月27日 (金)

枝垂れ桜咲く春の公園

好天に恵まれた公園に降り注ぐ太陽も暖かく
緑の芝生には色とりどりの花も咲いていました。
3月18日に開花宣言した横浜の桜も、付近では
未だ咲き始め程度、ここ海に面した山下公園では
ひと足早く枝垂れ桜が満開を迎えていました。

間もなく花フェスタを迎える市民憩いの山下公園では
色とりどりの花たちが咲き始めていました
001_20200327152301
002_20200327152301

海に面した芝生に並ぶ数々の花壇、フェスタ期間中には
人気投票も行われます。 いつも賑わう公園も
新型ウイルスの影響もあり人影もまばらでした
003_20200327152301

公園の「赤い靴を履いた女の子」像も少ない人出に寂しそう
004_20200327152401

新型コロナウイルス陽性患者が多数発生したクルーズ船
ダイヤモンドプリンセス号は横浜港大黒埠頭に停泊中でした
入港以来50数日が経ち、船内消毒の後、検査も終え
船内改装の為、隣の本牧埠頭へこの日の午後出航して行ったようです。
 (乗客乗員約3,700名、感染者712名、死亡者10名でした)
005_20200327152401

公園に咲く枝垂れ桜、港や街の風景と共に見事な姿を見せてくれます
006_20200327152401
007_20200327152401
008_20200327152401

シンボルのマリンタワーも老朽化の為、大規模改修中で
カバーが架けられていました。 再開は2022年4月の予定です。
009_20200327152401

人気の中華街も新型コロナウイルスの被害を受け閑散としていました
お店の人の話では、複数の料理店に中国人を誹謗中傷する
手紙も届く中、励ましの応援メッセージも寄せられているとの事でした
応援への感謝の気持ちを伝えるべく善隣友好の象徴の善部門に
「ありがとう」の横断幕を掲げたとの事でした。
010_20200327152401
011_20200327152401

備考 : 山下公園の枝垂れ桜他 ( 📷 ・ 3/下 )

*Mt.Fuji in 2020
(NO.20)  Mar.26. pm17:49 (横浜市内から)
003261749

 

| | コメント (2)

2020年3月23日 (月)

夕焼け富士と奇妙な雲

春の天候は気まぐれですが今年3月は晴れの日も多く
夕焼けに染まる富士山の姿を度々見せてくれます。
富士山の北の稜線に沈む太陽、気付けば階段状?の
細長い奇妙な雲が上空に伸びていました。

夜、TVの天気予報で「横浜から見られた雲」として
紹介されていましたが、名前を憶えてなくて調べたら
「帯状形地震雲」と似ており不気味な感じです。
地震との関連性に根拠は無さそうですが
自然は時として
不思議な現象を見せるものです。
03181739d
03181744b

備考 : 夕景で見られた奇妙な雲(横浜市内から)  ( 📷 ・ 3/中 )


*Mt.Fuji in 2020
(NO.19) Mar.20.  am09:39 (横浜市内から)
2003200939



 

| | コメント (2)

2020年3月18日 (水)

ダイヤモンド富士

一年に二度訪れる太陽と富士山が織り成す光景
富士山頂に太陽が沈む時、太陽光が四方に放たれ
一瞬ダイヤモンドのように輝き
ダイヤモンド富士と言われています。
今年もその季節ですが、春の天候は気まぐれで
もし観られたら幸運と言えましょう!
その前後の数日を追いました。

03/13 pm17:32
当地点から観て太陽は左稜線へ、頂上までもう少しです
003131732

03/15 pm17:33
陽が沈むに従い雲間から富士山も顔を覗かせてくれました
003151733a

03/15 pm17:35 & 17:36
富士山頂に太陽が沈みます 
一瞬観られた炎のような現象がとても幻想的でした
003151735d
003151736c

03/16 pm17:36
山頂を過ぎ右稜線に沈んだ太陽、頂上付近では
ダイヤモンドのように光が四方に放たれていました
003161735d

03/16 pm17:37 & 17:38
頂上を過ぎ右稜線に沈む太陽、頂上付近は強風が
吹き荒れているのがよく分かります
003161737c
003161738e

03/17 pm17:33 & 17:36 & 17:39
光の反射が少なく稜線に沈む円い太陽が観られました
太陽と富士山に魅せられた夕景でした
003171733
003171736
003171739

備考 : 家から観たダイヤモンド富士の光景 ( 📷 ・ 3/中 )

*Mt.Fuji in 2020
(NO.18) Mar. 13. am11:41(from Miura City)
0m03131141













| | コメント (3)

2020年3月15日 (日)

桜が開花しました

春到来!
東京では14日に全国で最も早く
開花宣言がありました。

ここ横浜では東京に一歩先を越されましたが
家の前の公園ではソメイヨシノが
12日に可憐な花を咲かせてくれました。
東京より2日早く我家の開花宣言です。

001_20200315184101
002_20200315184101
003_20200315184101
004_20200315184101

備考 : 公園の桜が開花 ( 📷 ・ 3/中 )

*Mt.Fuji in 2020
(NO.17) Mar. 11.  pm17:36 (from Yokohama)
005111736






 

| | コメント (2)

2020年3月10日 (火)

ダイヤモンド富士の季節

今年もダイヤモンド富士の季節を迎えています。
富士山頂と太陽が重なって生じる一瞬の自然現象
山頂と太陽が重なり合う一瞬、太陽はダイヤモンド
のように輝きを放つ瞬間があります。

富士山の西側からは日の出の時、東側からは日没の時
春と秋の年2回その瞬間に出会える機会が訪れます。

関東の多くからは日没時に観られ、観測場所を移動すれば
約2ヶ月間に亘り出会えるチャンスがあります。
「春に3日の晴れ無し」の如く、春の不安定な天候に左右され
ダイヤモンド富士に出会えるのは可成り厳しい状況と言えます。

当地からは間もなく観られるダイヤモンド富士の風景
日に日に富士山頂に近づく太陽、一会限りの夕景を追いました。

2/13 pm17:11
002131711

2/18 pm17:20
002181720

2/23 pm17:23
002231723

3/5 pm17:34
003051734

3/6 17:33
003061733

3/6 17:34
003061734

3/6 pm17:35
003061735

3/9 pm17:34
003091734

3/9 pm17:37
003091737 

備考 : 富士山頂に近づく太陽(横浜市内)  ( 📷 ・ 2/中~3/上 )


*Mt.Fuji in 2020
(NO.16) Mar.03. am10:02 (from Yokohama)
0103031002









 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年3月 2日 (月)

春の公園で

季節も移り花の3月を迎えました。
この日は4月並みの暖かさ
街中とは思えない自然豊かな大きな公園
暖かい日和に誘われて多くの家族連れが
自然の中で春の一日を楽しんでいました。

池の向こうの小さな梅園では花を楽しむ人も
B01

桜園ではのんびり日向ぼっこ
間もなくいっぱいの花見客で賑わう事でしょう
B02

花壇の花も咲き始めていました
B03

整備されたグランドでは球技等に興じたり
芝生に張られたテントでは
お弁当を広げ春の日を楽しんでいました
B04
B05

公園の片隅で数本の桜が満開でした
淡い紅色の木にはおかめざくらの名が架けられ
青空に映えて可愛く美しい桜でした
B06
B07

時の過ぎるのを忘れさせてくれる長閑な棚田の風景
可愛い水仙も頑張って咲き楽しませてくれました
B08
B09

備考 : 市内の公園で(横浜市) ( 📷 ・ 3/上 )


*Mt.Fuji in 2020
( NO.15 ) Feb.23  pm17:27 (from Yokohama)
B1002231727

 

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »