« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月30日 (火)

初夏の贈りもの~紅い宝石~

東北の懐かしい友から夏の便りが届きました
酸味と甘みが絶妙のバランスで赤い宝石とも言われる
山形産サクランボの「佐藤錦」

学生時代共に学び遊んだ仲間、今は故郷山形で暮らす
友人からコロナ見舞いも兼ねた貴重な🍒の贈りもの

食すれば果肉から甘酸っぱい独特の味が
口いっぱいに広がる至福の瞬間
懐かしい友の顔と想い出が走馬灯のように蘇りました
001_20200630141001
002_20200630141001

備考 : サクランボの贈りもの ( 📷 ・ 6/下 )

*Mt.Fuji in 2020
( 038 )  June 28. pm19:22 (横浜市内から)
00628

| | コメント (4)

2020年6月25日 (木)

梅シロップができました

梅シロップを作りました。
青梅2㎏と氷砂糖凡そ1.6㎏で約2㍑の
美味しいシロップが出来ました。

梅シロップの効能は色々言われていますが
美容と健康に良い栄養素等が豊富に含まれています。

作り方も簡単なので初めての方でも容易に作れます。

*先ずエキスを取る瓶とシロップ保存瓶を消毒しておきます
*梅を綺麗に洗った後、水に1~2時間漬けます(アク抜き)
*梅のヘタを取り水気を拭き取ります(冷蔵庫に一晩寝かせ
るとエキスが出易くなります)
*瓶に梅と氷砂糖を交互に入れます(通常・梅1:1氷砂糖)
00602a
00602b

*2日目頃からエキスが出て来ます 
画像は6日目、11日目、15日目の順です
毎日1~2回瓶を振るとエキスも出易く、氷砂糖とも良く混ざります
00606_20200625154301
00611
00615

*15日目に梅エキスを取り出しました
エキスは15分程弱火にかけます(殺菌&長期保存等)
沸騰しないよう注意してアクが浮いてくればすくい取ります
冷めたシロップ(エキス)は殺菌処理した密封瓶に入れ
冷蔵庫で保存します。 約2.2㍑出来ました。
00615h

*保存と賞味期限
密封容器に入れ冷蔵庫で1年位、空気の出入りがあれば短くなります
*効能
疲労回復、美肌&美容効果、血流改善(血栓、動脈硬化予防)等々
*レシピ
水、炭酸水、紅茶、牛乳等で割ったり、ヨーグルトに入れたり等々

*出来たてのシロップで梅ゼリーを作りました
{シロップ3:7水 + ゼラチン(液500ccに約5g)}
0616

備考 : 美容と健康に梅シロップ ( 📷 ・ 6/上~中 )


*Mt.Fuji in 2020
(NO.37) June 20.
  am07:38(横浜市内より)
006200738

 

| | コメント (5)

2020年6月20日 (土)

夜明けの街

未だ目覚めぬ街の上を薄紅色の光の帯が伸び
今明けつつある青い空とのツートンカラーが美しい

やがて東の空を赤く染めて太陽が昇って来る
ビルは太陽光で輝きやがて街は目覚めを迎えます

西の空に聳える富士山も朝陽を浴びて
僅かに残った雪を赤く染めて行きます

コロナに翻弄される街
今日も平穏な一日であります様に祈りつつ

街の上に長く伸びた赤い帯と青い空のコントラストが美しい
00402

先月まで「宵の明星」として西の空に輝いていた金星
今は「明けの明星」として東の空で輝きます
タンクの左上方には微かに三日月も観られた未明の空
00404

やがて日の出を迎え街やベイブリッヂも目覚めを迎えます
刻々と変化する空の色、再び同じ光景には出会えない自然の風景
00430
00431
00432
00436

西の空には雪解けが進む富士山を朝陽が薄紅色に染めて行きます
00437

備考 : 横浜市街の夜明けの風景 ( 📷 ・ 6/中 )

*Mt.Fuji in 2020
(NO.36) June 20. am04:39(横浜市内から)
00439

| | コメント (2)

2020年6月18日 (木)

ラッキョ漬けが出来ました

今年も砂丘ラッキョ(鳥取)が出るのを待って漬けました。
他の産地物に比べて実のしまりが良く
シャキシャキ感に仕上がります。
漬けてから約1~2週間頃から食べられますが
特に漬かり始めの頃の少し生っぽさが残るラッキョは
市販品では味わえない絶品です。

例年、土付きラッキョの小粒を選びます
①水洗い ②薄皮を剥く ③先端と根を切る
④一つまみの塩をまぶし半日程度置く
001_20200618153601

⑤塩漬けしたのを水洗し更に薄皮、柔らかい皮を剥ぐ
⑥熱湯に7~10秒浸す ⑦日陰で乾かし水気を取る
002_20200618153601

ガラス瓶にラッキョを入れ酢を注ぐ
*容器は熱湯消毒の後、アルコール分35度以上の
リキュール類等で殺菌し乾燥させておく
⑧ガラス瓶にラッキョを入れ酢をラッキョが浸るまで入れる
*我家は市販のラッキョ酢を使いますが、仕上がりが酸っぱいので
ラッキョ酢1㍑に氷砂糖約400g程度を溶かしたのを使います
⑨赤唐辛子(種を取ったもの)を一瓶に1~2本程度入れる
003_20200618153601

⑩密封し冷暗所に保存、漬けてから4~5日の間は
一日一回程度瓶を振って混ぜる
⑪1~2週間頃から食べられ、常温で一年は保存可能です
004_20200618153601
005_20200618153601

備考 : 砂丘ラッキョの甘酢漬け ( 📷 ・ 6/上~中 )

*Mt.Fuji in 2020
(NO.35) June 15. pm19:15 (横浜市内から)
0200615d1916

| | コメント (4)

2020年6月10日 (水)

6月の赤い月

窓の外を見ると右上方が少し欠けた赤い月が
東の空低くに浮かんでいた。

「ストロベリームーン」と言われる6月の満月には
出会えなかったが、少し歪な今夜の赤い月も興味深い。

月の光は地球を覆う大気層を通過して地表に届くが
月が低い位置の時程大気層の影響を受け易く
殆どの色は散乱するが赤色は通過して地表に届く。

29.5日をかけて天の12星座をゆっくり巡って来た
今宵の赤い月を眺めるのも感慨深い。

「ストロベリームーン」に祈れば願いが叶うと言われ
特に「恋愛成就」に効果があると言われている。
そんな甘酸っぱい懐かしい時代を懐かしみ
時には夜空を眺めてコロナ疲れの心を癒すのも如何だろうか。

6/10 pm21:56
0012156

6/10 pm21:57
0022056

6/10 pm22:01
0032201

6/10 pm22:02
0042202 

備考 : 赤い月の出(横浜市内)  ( 📷 ・ 6/上 )

*Mt.Fuji in 2020(横浜市内より)
(NO.34) June 10  am09:15
0050713

| | コメント (2)

2020年6月 6日 (土)

公園に咲く花々

新緑に萌える公園、花々も春から夏へと模様替えです
春の咲き残った花、初夏の咲き始めた花々が
心を和ませてくれます

花の色がよく変わる事から「七変化」とも言われ
正岡子規は「紫陽花や 昨日の誠 今日の嘘」と言う
紫陽花にとっては有難くない俳句も読まれています
梅雨を代表する花でもありますね
001_20200606152101
002_20200606152101
003_20200606152101

水面に浮いたように咲き幻想的な雰囲気さえ漂います
モネが生涯かけて描き続けた睡蓮の絵画は余りにも有名で
大塚国際美術館(鳴門)で観たモネの絵画が懐かしいです
004_20200606152101
005_20200606152101
006_20200606152101

棚田付近では未だ多くの花菖蒲が咲き残っていました
007_20200606152201

多くの白詰草に混じってひっそりと咲く赤詰草が可憐です
008_20200606152201

葉が十字形で奴凧に似ている事から「ヤッコの木」と言われ
大きな木に可愛い多くの花を咲かせていました
009_20200606152201

木には「箱根空木」の札が架けてありました
漏斗状の花で白→ピンク→赤に色が変化して行くようです
010_20200606152201

備考 : 新緑の公園を散策(横浜市内) ( 📷 ・ 6/上 )


*Mt.Fuji in 2020 (横浜市内から)
(NO.33) May 04. pm17:36
011200504

| | コメント (0)

2020年6月 3日 (水)

プードル犬と旅客機

青空にモクモクと湧く白い雲
トイプードルに似ているようにも見える
目も鼻も口も見られ前足らしきものも

そんな雲の上を上昇続ける一機の旅客機
コロナ以前には
北風時には羽田への着陸機が
南風時には羽田から離陸機が
数分間隔で飛び交い目を楽しませてくれたのに
今は欠航が相次ぎそんな光景は程遠い

010_20200603150301
011_20200603150301
朝から穏やかに吹く南風に向かって
モコモコした毛の犬に似た雲の上を上昇する旅客機
コロナが終息して以前の光景が戻るのは何時だろう
安心して旅を楽しめるのは何時だろう

備考 : 雲の上を飛ぶ旅客機 ( 5/下 )

*Mt.FUJI in 2020 (横浜市内から)
(NO.32) May. 17. am10:01
012200517






 

 

 

| | コメント (2)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »