« 陽はまた昇る | トップページ | 或る梅雨の日の表情 »

2020年7月17日 (金)

グレープフルーツジャム

数日前から冷蔵庫で転がっていたグレープフルーツ
見た目は赤く甘そうな果肉のルビーも意外と酸っぱく
そのまま果物として食すのはチョット敬遠気味
間もなく滞留在庫として捨てられる運命に!

そんなルビーを有効活用してジャムを作りました
やがてルビーは見た目にも美しいジャムに変身
朝の食卓で美味しいジャムとして重宝しています

皮を剥ぎ袋も取って果肉だけを取り出す
好みに寄り綿を取った皮を細切りにして果肉に混ぜ
グラニュー糖を振りかけ約5分置くと水分が出てくる
*砂糖の量は果肉の約30%(好みにより増減する)
001_20200717183101

水分が出たら30~40分混ぜながら煮詰める
アクが出れば取り除き、焦げ付かないよう注意する
少しサラサラの状態で完成(冷めれば粘りが出てくる)
002_20200717183101
003_20200717183101
004_20200717183201
005_20200717183201

殺菌した瓶に入れて冷蔵庫で保存する
006_20200717183201
007_20200717183201

備考 : グレープフルーツでジャム作り ( 📷 ・ 7/中 )

*Mt.Fuji in 2020
(NO. 42)  July 2. Pm18:34 (横浜市内より)
007021834






|

« 陽はまた昇る | トップページ | 或る梅雨の日の表情 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

はじめてグレープフルーツジャムを見ました。
きっと美味しいでしょう。
夏みかんより甘みがあるので出来上がりはより美味しいでしょう。
何個くらいで作ったのですか?
私は、大好きなグレープフルーツなのですぐになくなってしまいジャムになる時はないと思いますが・・・

投稿: ルーシー | 2020年7月19日 (日) 10:46

ルーシーさま
ありがとうございます
コロナウイルス感染拡大が続きますね
自動車を数年前に廃車にしたのでルーシーさんのように
自動車での外出も出来ず、交通機関での外出も危うくて
自宅付近での行動が多くなっています
冷蔵庫に残っていたグレープフルーツ、ジャム作りは
特に難しくなく、綿を取り除いた皮を入れて正解でした
もう少し水分が多く残ってる状態で完了した方が良かっ
たかなぁ!と思ってます。 美味しく出来ましたよ

投稿: michi | 2020年7月20日 (月) 10:33

日本のコロナウイルスの感染者が、また増加しつつありますが、中国や韓国の感染者は微増に留まっているのに不思議ですね。
日本人の気質からすると、もっと早めに感染をストップ出来るのでは・・・と思っていたのですが、ちょっと甘かったようです。
パン食にはやはりバターとジャムですよ。本当に美味しそうに出来ていますね。
私の方は、毎年庭先の苺を収穫して、苺ジャム作りをしていたのですが、近年耕作面積が狭くなったりして中止しています。最近はパンにバターだけになり、少し寂しくなっていますね。

投稿: gumizaki | 2020年7月20日 (月) 19:06

gumizakiさま
ありがとうございます
コロナの感染拡大が止まりませんね
日本でコロナ感染者が出てから約半年、政府のやり方
を振り返ると危機管理が欠如していると思います
こんな時に行うgo to Travel、経済を動かす事は大切
ですが、更に感染を広げるようで心配ですね。 
東京等地域により不公平感も否めず、年配者や団体旅行の
自粛等々、go to Troubleと言われる所以でしょうか?
ジャム作りは短時間に誰でも簡単に出来ると思います
朝の食卓に一品加わると楽しみな朝食になりますよ

投稿: michi | 2020年7月22日 (水) 10:05

ま~素敵なジャム、安心していただけますね
最近、パン食の朝じゃなくてジャムも買ったままで
日が切れそうです
こんな風に美味しくできれば食べたいです♪
こんな時期に旅ってどういうことでしょう
経済なりたたないのは観光だけではありませんね
心配になりますね
いつもありがとうございます

投稿: ムームー | 2020年7月23日 (木) 11:48

ムームーさま
ありがとうございます
冷蔵庫に残っていたグレープフルーツ、
皮も活用してジャムを作ってみました。
我家の朝食はいつも定番のパンとコーヒーに
ヨーグルトやフルーツ等々でジャムは必需品です。
添加物も無く安心で美味しく出来ましたよ

投稿: michi | 2020年7月25日 (土) 10:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 陽はまた昇る | トップページ | 或る梅雨の日の表情 »