ニュース

2016年1月11日 (月)

出初式

小春日和を思わせる快晴微風の日、恒例の出初式が行われました。
11時から始まったオープニングセレモニー、会場は超満員の盛況
です。 市長の挨拶に始まったステージセレモニーは後方からでは
望めず、一斉放水及び航空救助訓練見学を主会場を離れて見学し

ました。

       ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 雲一つない快晴、主会場となった赤レンガパークは早くから
 超満員の盛況、ステージイベント見学を諦め象の鼻パーク&
 横浜港大桟橋に移動して一斉放水等を待ちます。
       001

予定のイベントが進み一斉放水が主会場と大桟橋から始まりました。
力強く豪快な放水、快晴の青い空に綺麗な虹が架かっていました。
       0026
       0034

 横浜消防が誇る航空隊、消防艇に加え海上保安庁消防艇も
 参加して躍動感溢れる放水に見惚れます。
       0040

やがて大空を飛来した横浜消防のヘリによる救助訓練の始まりで
す。 海中に漂う遭難者を救助ヘリが見事な連携で救助します。
       0113

   一連の訓練を披露したヘリは高層ビルを背に見学者に
   手を振りながら基地へと帰って行きました。
   会場周辺ではイベントが続き、色んな体験コーナーや
   ふれあいコーナー等々で終日賑わっていました。
       0141

 備考 : 横浜消防出初式(赤レンガパーク会場) ( camera ・ 1/上 )


















| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年10月16日 (金)

観艦式参加艦船一般公開

三年に一度行われる自衛隊の一大イベントの観艦式。
主力艦船、航空機、潜水艦等多数が参加して相模湾洋上で実戦さな
がらの訓練が行われます。 一般国民も乗艦して訓練の模様を見学
出来るのですが、今回は応募者多数(3年前の約2倍)で抽選に漏
れ乗艦通知が届きませんでした。
観艦式参加の艦船が横浜にも停泊しており、一般公開日に乗艦して
見学しました。

      shipairplane゜・。。・゜゜・。。・゜airplaneship゜・。。・゜゜・。。・゜airplaneship

「いずも」(護衛艦・19,500トン)
先ず横浜港大桟橋に停泊中の「いずも」を見学です。
今年3月就役したヘリコプタ搭載護衛艦はまるで空母のようです。
厳しい手荷物検査の後、「いずも」を眺めて乗艦口へと向います。
       0022

タラップを上った乗艦口では海上自衛隊の若い隊員たちが笑顔で
迎えてくれました。
       0031

艦内に入った所がヘリの格納庫、後方にはヘリを甲板へ移動する
航空機用昇降機が備わり、巨大さに圧倒されました。 しかし残念
ながら公開は格納庫のみで、飛行甲板は非公開で残念でした。
       0034

見学を終えて地上へ・・・ 見上げると巨大なメインマストで太陽が
旭日旗のように輝いていました。
       0057

  横浜港大桟橋送迎デッキから見る「いずも」甲板には、
  搭載ヘリが並び観艦式本番に備えているようでした。
       0069

山下公園から眺める大桟橋、手前に護衛艦「いずも」が、後方には
豪華客船「飛鳥Ⅱ」が並んで停泊する普段では見られない光景です。
       0106

 新港埠頭の「ちはや」と「くろべ」
 大桟橋から新港埠頭へ・・・ ここでは「ちはや」(向って左)と
 「くろべ」が並んで停泊していました。
       0150

「ちはや」(潜水艦救難艦・5,450トン)
タラップを上ると巨大な深海救難艇DSRVが目に飛び込んで来ま
す。 救難艇が使われるような事故が無いよう祈るばかりです。
       0155

「ちはや」一日艦長
甲板では隊員による音楽演奏や装備品等を見学、丁度一般女性の
一日艦長就任式も行われ和やかな雰囲気でした。
       0177

「くろべ」(訓練支援艦・2,200トン)
訓練用の装備を備えた「くろべ」、艦首には76ミリ速射砲が、
後尾には護衛艦の対空ミサイル射撃を支援する高速標的機
(最速540Kt)が備えられ、隊員の和やかな対応の中にも
緊張が漂います。
       019076

観艦式(本番:10月18日)には参加出来ず残念ですが、隊員の
親切丁寧な対応で和やかな雰囲気で見学出来ました。
これらの艦船が実戦で活躍する機会が無いよう願うばかりです。

 備考:自衛隊観艦式参加艦船一般公開  ( camera ・ 10/中 )



       


























| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月29日 (火)

天体ショー

秋晴れの一日、夕暮れが近づき富士山に向って沈む太陽、
ダイヤモンド富士です。 
そして辺りが暗くなった頃、東の空には大きなお月さまが…
前夜の「中秋の名月」より大きく明るいスーパームーン、
二つの天体ショーに宇宙の不思議を感じます。

      sun゜・。。・゜fullmoon゜・。。・゜fullmoon゜・。。・゜sun

sunam05:43(朝陽)
目覚めると部屋の中に赤い光が差し込んでいました。
窓の外を見ると朝焼けの空に赤い太陽が上がっていました。
美しい光景、気持の良い一日の始まりです。
       01543

fujipm17:16(ダイヤモンド富士)
夕方、西の空に太陽が帰って行きます。 霞んでいた富士山も姿を
見せ、太陽が山頂目指して沈みます。 春と秋の2回、関東各地か
ら見られるダイヤモンド富士の光景に魅入りました。
       021716

       031717

スーパームーン
前夜の「中秋の名月」に続いてこの夜はスーパームーン、
地球~月間の距離は昨年よりも短く356,876kmです。
全国各地で観測された方も多かった事でしょう!

moon3pm17:55
東の空から大きな月が上ります。 今年のスーパームーンは
通常の満月より最大で14%大きく、30%明るいようです。
       041755

moon2pm18:12
スーパームーンには色んな言い伝えもあります。 願い事が叶う
と言われる半面、不吉な事の前兆とも言われたりしますが、特に
根拠は無いようです。 皆さんの願いが叶うといいですね。
       051812

moon1pm18:23
高く上がるにつれて赤い満月が徐々に変化して行きます。
子供の頃、月の模様について「兎が餅つきをしてる」とか。
あの頃の夢に描いた月が懐かしい気がします。
       061823

fullmoonpm18:55
時間の経過と共に月の模様もハッキリしてきました。
次のスーパームーンは、2016年:11月14日、2017年は
無くて、2018年:1月1日、元旦に初日の出とスーパームーン
が同じ日に見られるなんて、希望の年であって欲しいものですね。
       071855

 備考 : 横浜市内から  ( camera ・ 9/下 )




















| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年7月29日 (水)

恐竜に出会う夏

夏休みに入った子供たちは猛暑も何のその、元気いっぱい飛び回
っています。 そんな折、最寄りの百貨店では夏休み家族向け企画
として「恐竜と出会う夏2015」が行われていました。
世界三大恐竜博物館の一つ、福井県立恐竜博物館所蔵の恐竜の
全身骨格が館内に展示され子供たちも興味津々でした。

      ☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜☆

3F正面入り口では全長6.2mのトリケラトプスの全身骨格が
展示され、太古の時代へと誘ってくれます。
       02

 3F連絡通路では太古の時代へタイムスリップしたような恐竜
 アートが展示されていました。
 縦2m、横3mの大きなトリックアートは、今にも飛び出して来
 そうで思わず後ずさりしたくなるような迫力です。
       01

 備考 : 京急百貨店・恐竜に出会う夏  ( camera ・ 7/下 )





| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年10月16日 (水)

台風一過

大型で強い台風26号が房総沖から東北、北海道へと足早に去って

行きました。

被害に遭われた地方の皆さま、特に甚大な被害が発生した伊豆大島

の皆さまに衷心よりお見舞い申し上げます。

私の街も夜明け前より暴風雨に見舞われました。 激しく窓を打つ

雨と風の音、耐える事数時間、暴風は暫く続いたものの、台風が通

り過ぎた空は急速に回復し、街の上に七色の橋が架かりました。

雲間から顔を覗かせた富士山も見事な虹を眺めているようです。

招かれざる客の台風、再び災害が起きないよう願いたいものです。

typhoon rain sun 

台風一過の早朝、街の上に見事な虹の橋が架かりました
22_3

虹の下には雲間から富士山も顔を覗かせていました
24_2

備考 : 台風一過の虹・・・横浜市内  ( camera ・ 10/中 )

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月14日 (土)

少女マンモスYUKA

シベリアの永久凍土から2010年に発掘された一体のマンモス。

3万9千年前に生息した推定10歳の少女マンモスが世界で初公開

されており会って来ました。

全長3メートルのYUKAは豊かな体毛に覆われ、ほぼ完全な状態

で発見されました。 専用の冷凍ケースに入れられて展示されてお

り、併せて同時期に生息した「ケサイ・KOLYMA」も冷凍ケース

で展示されています。 共に大変貴重な標本だと言われています。

太古のロマンを感じた夏のひと時でした。

 *YUKAの由来…ロシア連邦東シベリア「ユカギル」で発見。
   発見された地名にちなんでYUKAと名付けられました。

奇跡の大発見、ほぼ完全な状態で発掘された少女マンモスYUKA
世界初公開です(ポスタ
ーより)
0827ayuka

天然の冷凍庫に閉じ込められていた為、四股、鼻、毛、皮や肉等柔
らかい部分も残っていたようです。 展示の為、日本に搬送されて
きた少女マンモスYUKA (web写真より)
*YUKAの冷凍展示標本は撮影禁止でした。
0827dyuka

館内にはYUKAを始め関連標本が多数展示されていました。
YUKAと同じケマンモスの全身骨格標本です。
0827e

マンモスと同時期に生息し絶滅したケサイKOLYMAの貴重な冷
凍標本とケサイの全身骨格標本も展示されています。
0827f

0827g

マンモスの歯や体毛に触れるコーナーや映写もされており、多くの

皆さんが太古の昔を偲んでおられました。

備考 : 特別展・マンモスYUKA(パシフィコ横浜)…横浜市

      camera ・ 9/上












| | コメント (9) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

産休に入ります

梅雨入りはしたものの暑く好天続きの日本列島。 梅雨は何処へ行

ったのかなぁ? 今週も30℃の真夏日の地方も…

そんな折、設備の整った部屋で悠々自適に過ごすニ頭のパンダ。

お馴染みの愛らしい姿で来園者の心を虜にしていました。

近くて遠い中国、日中友好の架け橋になって欲しいですね。

heart妊娠の兆候が見られるシンシン。 4日から産休に入り、当分の間シンシンの一般
  展示は中止されます。 出産の場合は6月中旬~7月上旬とか。 
  次にお目見えする時には可愛い赤ちゃんと一緒に元気な姿で会いたいですね。
01

リーリー君、暫くは一人で寂しいけど頑張ってね。
02

暑い夏が苦手の白クマ君。 パンダ舎の様に快適な設備も無く暑さを凌ぐにはこれに
限るとばかりに豪快に水中へダイビング。 水中遊泳も見事で来園者に愛嬌を振り撒
いていました。
03

場所等 : 上野動物園   ( camera : 6/上 )

pc PC故障の為暫く更新が出来ませんでしたが点検修理の後PCが戻ってきました。
  これから機嫌よく働いてくれればいいのですが・・・

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2012年11月16日 (金)

椋鳥の大群

長かった猛暑も嘘のように朝夕もすっかり冷え込んできました。 日が落ちるのも日に日に早く、太陽が恋しい季節になりつつあります。

夕暮れと共に今日一日の活動を終えた椋鳥の大群が何処からともなく戻って来ます。 電線には音符のように仲良く整列し、大空を舞い、その鳴き声の騒がしい事。

まるで映画のワンシーンを見ているような光景が今日も繰り返されます。 毎年この時期に見られる椋鳥の大群、今年も賑やかな仲間たちが戻ってきました。

maplesnow

ビルの壁を夕陽が染めます。 前に張られた一本の電線、今日の活動を終えて塒に戻ってきた鳥たちが一列に並んで仲良く報告会です。
01

太陽も西の空に落ち夕焼けに染まる頃、今日も椋鳥の大群が夕焼け空を覆い隠すように塒の周りを騒がしく飛びまわります。
02

やがて富士山が夕焼け空に浮かび上がります。 まるで夕景を楽しむかのように暫く大空を飛びまわり、やがて塒の竹藪へと消え眠りにつきます。

夜明けと共に塒の竹藪を飛び立ち、夕暮れと共に再び戻って来る椋鳥の大群、毎年繰り返される10月末から年末頃にかけての光景です。
03

04

名称、場所等 (撮影日) :
         
椋鳥の大群・・・横浜市内  ( camera ・11/中 )

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

観艦式見学クルーズ

海上自衛隊の観艦式が行われ、観艦式事前公開参加艦艇見学

クルーズに参加しました。 

横浜山下公園桟橋を出港し約4時間弱の東京湾クルーズと共に

相模湾での訓練を終え帰港する艦艇を船上より見学しました。

*観艦式は日本の最高指揮官(首相)が艦隊を観閲する3年に一度のイベントです
 艦艇への乗艦を予約しましたが希望者多数で選に外れ、クルーズ船での見学と
 なりました

ship クルーズ船は山下公園桟橋より出港、ベイブリッジを潜り東京湾へ・・・ 
  やがて東京湾アクアラインが洋上に姿を見せます。
011436

ship 出港から約50分、前方には観音崎灯台が望める洋上に、訓練を終えたシンガ
  ポール艦艇「LPDM209」が今夜の停泊地へと向かっていました。
021448

ship 桟橋を出港して約1時間半、帰港する艦艇が徐々に姿を見せます。 
  観艦式当日に総理が乗艦する旗艦の護衛艦「くらま」が通り過ぎて行きました。031526

ship この頃になると東京湾上には艦艇が次々と姿を見せます。 画面でも5隻の艦艇が
  見られ、木更津、横須賀、横浜等々、今回の停泊港に向かいます。
041532

ship 目の前を直進する護衛艦「あさゆき」、後方には護衛艦「いせ」が航行します。
051540

ship 東京湾上には観艦式本番を目前にして訓練を終えた艦艇が次々と帰港します。 
  護衛艦「いせ」の甲板にはヘリの搭載も見られます。
06

ship 輸送船「くにさき」。 今回の見学クルーズでは殆どの艦艇を見る事が出来ました。
071559

ship 房総半島に建つ東京湾観音を後にして帰港の途につく護衛艦「はるさめ」。
  クルーズ船上では元自衛官の方が艦艇名等詳しく紹介してくれました。
081603

ship 艦艇も東京湾から姿を消す頃、見学クルーズ船も出港桟橋へと舵を切ります。 
  やがて本牧埠頭の巨大なクレーンがサバンナを行くキリンたちのように夕焼け
  空に聳えていました。
091717

ship 4時間弱のクルーズも間もなく山下公園桟橋へ到着です。 
  辺りもすっかり暗くなりライトアップされたベイブリッジを通過する頃には、横浜の
  街も一段と輝きを増していました。
01017411750

*今年の観艦式に参加の艦艇は自衛隊艦艇45隻、航空機18機、隊員約8千名の他
 潜水艦や外国艦艇(アメリカ、オーストラリア、シンガポール)3隻を招待(資料から)

名称、場所等 : 海上自衛隊「観艦式」見学クルーズ・・・東京湾(本番は相模湾)

撮  影  日 : 2012. 10/中

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

世紀の天体ショー

待ちに待った金環日食の朝、しかし空は厚い雲に覆われ

am6時頃には大粒の雨も… ダメか!と思わずため息が…

しかしam7時頃、雲が薄くなった部分から太陽らしき光が…

そしてam7時7分、部分的に欠けた太陽が雲間から時々顔を

出したり隠れたり… 期待が膨らみます。

am7時31分、金環日食の始まる時間です。 ・・・と薄くなった

雲の向こうに綺麗なリング状になった太陽が・・・

薄い雲がフィルターの役目をして世紀のゴールドリングが撮れ

ました。 金環日食が終わりを告げる頃、空は再び厚い雲に

覆われ、太陽も姿を隠してしまいました。

am07:31
000731ca

am07:33
000733ca

am07:34
000734aa

am07:38
000738aa

am08:31
000811b

名称、場所 : 金環日食・・・横浜市内から

撮   影  日 : 2012. 05/21.

次回日本で見られるのは

 2030年(北海道)、 2041年(若狭湾~伊豆半島)

今年日本で見られる主な天体ショーは

 金星の月面通過(各地・6/6 am7:00~pm13:00頃)

 木星と月の超大接近(各地・8/12 早朝)

| | コメント (11) | トラックバック (0)