旅行・地域

2020年4月20日 (月)

新緑の公園で

何処までも高く青い空
新緑が眩しい広大な公園
家からも近いいつもの散歩コースを散策
新型ウイルス感染拡大による外出自粛要請中の週末
街中の張り詰めた状態から解放されて
運動で体を解す人、新緑で心を癒す人等々
束の間の春のひと時を過ごしていました

新緑の公園西入口付近に人影も少なく
001_20200420153401

冬は葉っぱを落としていたメタセコイヤ三兄弟
芽吹きを迎えていました
002_20200420153401

自然豊かな棚田付近、新緑が秋には紅葉に変わります
間もなく蛍も飛び交い癒してくれる事でしょう
004_20200420153401
003_20200420153401

すっかり葉桜となった桜園に人影も無く
005_20200420153401

桜からバトンを受け継いだ花々が心を和ませてくれます
006_20200420153401
007_20200420153401
008_20200420153401

広い運動広場では体を解す人や家族連れも
009_20200420153401
010_20200420153501

備考 : 久良岐公園(横浜市立)( 📷・4/中 )


*Mt.Fuji in 2020
(NO.25) Apr. 19. am07:42 (横浜市内から)
004190742

 

| | コメント (3)

2020年4月 4日 (土)

大岡川プロムナードの桜

桜の名所でもある大岡川プロムナード
市中を海に向かって緩やかに流れる両岸には
約700本のソメイヨシノの桜並木が続きます。
3月18日に開花宣言した横浜でしたが、4月初旬でも
未だ満開の桜が両岸を美しく飾っていました。
家からも近い桜の名所、商店街を訪れる機会があり
遊歩道から満開の桜を楽しみました。


商店街から続く大岡川プロムナード、外出自粛中でもあり人影も少なく
桜祭りも中止、屋台の出店も無くライトアップも中止されていました
0001

区内部分約3.5㎞の両岸には500本の桜並木が続きます
0002
0003

遊歩道を覆う満開の桜、例年の混雑は無く人影もまばらです
0004
0005

例年、多くの人たちが花見クルーズを
楽しみますが
今年は運航が無く静かに時が流れていました
0006
0007

殆どが大木に育ったソメイヨシノ、長い枝を川面に伸ばします
0008

例年は多くの人たちがお弁当と花見を楽しむ川面も人影は僅かです
009_20200404190301

遊歩道にはチューリップやサクラソウもソメイヨシノと共演です
一輪の小さなヒマワリも可愛い花を咲かせていました
0010
0011

満開の桜も終盤を迎え時折吹き抜ける風に花弁が舞っていました
間もなく川一面を花筏となって流れる事でしょう
0013
0012

商店街に架かる橋の辺りまで桜並木が続き、買い物を終え
橋の上から花見を楽しむ人たちも多く見受けられます
0014

備考 : 大岡川プロムナードに咲く桜(横浜市) ( 📷 ・ 4/上 )


*MT.Fuji in 2020
(NO.22) Apr.02. am07:39(横浜市内から)
004020739

| | コメント (5)

2020年3月29日 (日)

春の雪

気分も爽快に街や公園を闊歩する春なのに
暫く続いた春の晴天も寒暖の差があったり
新型コロナウイルス拡大で心も沈みがち

前日は夏日一歩手前の暖かさの横浜も
今日は一転して雪が舞う真冬の寒さ
桜も予想外の吹雪に戸惑っている事でしょう

朝からの雨が吹雪に変わり街はうっすらと雪化粧でした
001_20200329184801
002_20200329184801

窓から見えた桜も思わぬ吹雪に寒そうです
003_20200329184801
004_20200329184801

備考 : 雪の降る街 (横浜市内)  ( 📷 ・ 3/下 )

関東5都県の週末は不要不急の外出は自粛要請中でした
国や自治体の要請に協力し各自が責任ある行動で
新型コロナウイルスの一日も早い終息を願うばかりです

*Mt.Fuji in 2020
(NO.21) Mar.23. pm17:52(横浜市内から)
00503231752

 




| | コメント (0)

2020年3月27日 (金)

枝垂れ桜咲く春の公園

好天に恵まれた公園に降り注ぐ太陽も暖かく
緑の芝生には色とりどりの花も咲いていました。
3月18日に開花宣言した横浜の桜も、付近では
未だ咲き始め程度、ここ海に面した山下公園では
ひと足早く枝垂れ桜が満開を迎えていました。

間もなく花フェスタを迎える市民憩いの山下公園では
色とりどりの花たちが咲き始めていました
001_20200327152301
002_20200327152301

海に面した芝生に並ぶ数々の花壇、フェスタ期間中には
人気投票も行われます。 いつも賑わう公園も
新型ウイルスの影響もあり人影もまばらでした
003_20200327152301

公園の「赤い靴を履いた女の子」像も少ない人出に寂しそう
004_20200327152401

新型コロナウイルス陽性患者が多数発生したクルーズ船
ダイヤモンドプリンセス号は横浜港大黒埠頭に停泊中でした
入港以来50数日が経ち、船内消毒の後、検査も終え
船内改装の為、隣の本牧埠頭へこの日の午後出航して行ったようです。
 (乗客乗員約3,700名、感染者712名、死亡者10名でした)
005_20200327152401

公園に咲く枝垂れ桜、港や街の風景と共に見事な姿を見せてくれます
006_20200327152401
007_20200327152401
008_20200327152401

シンボルのマリンタワーも老朽化の為、大規模改修中で
カバーが架けられていました。 再開は2022年4月の予定です。
009_20200327152401

人気の中華街も新型コロナウイルスの被害を受け閑散としていました
お店の人の話では、複数の料理店に中国人を誹謗中傷する
手紙も届く中、励ましの応援メッセージも寄せられているとの事でした
応援への感謝の気持ちを伝えるべく善隣友好の象徴の善部門に
「ありがとう」の横断幕を掲げたとの事でした。
010_20200327152401
011_20200327152401

備考 : 山下公園の枝垂れ桜他 ( 📷 ・ 3/下 )

*Mt.Fuji in 2020
(NO.20)  Mar.26. pm17:49 (横浜市内から)
003261749

 

| | コメント (2)

2020年2月22日 (土)

三浦海岸桜まつり

三浦海岸は一足早く春爛漫を迎えていました。

京急三浦海岸駅改札を出ると
直ぐ満開の河津桜が
出迎えてくれました。

駅付近から京急沿線沿い約1㎞は桜並木が続き
桜の木の下には菜の花も満開でピンクの河津桜と
黄色い菜の花のコントラストが見事でした。

駅前の特設テント村では地元特産品が販売されており
特に三崎マグロや三浦大根等には人だかりが出来ていました。
三浦海岸でひと足早い春を満喫したひと時でした。

駅前広場の河津桜は花弁が零れんばかりの満開でした
00119

小松ヶ池公園まで続く約1㎞の桜並木、黄色い菜の花も満開で
ピンクの桜の花と黄色い菜の花の共演が見事でした
00219

時折通り過ぎる赤い京急電車、沿線沿は約千本の桜並木で
花と電車を一緒に撮影出来る絶好の撮影スポットが続きます
00319

小松ヶ池公園でお弁当を広げる人々、お喋りにも花が咲きます
004195

満開の花弁には蜜を求めてヒヨドリたちも
花から花へと飛び移っていました
00520
00619

この辺りには特産の三浦大根の畑も広がります
00720

線路を跨ぐ橋の上は電車と桜が撮れる絶好の撮影スポット
多くの人たちがシャッターチャンスの電車の通過を待ちます
00819

野鳥が水と戯れ小松ヶ池に映った桜の帯が水面に揺れます
満開の桜の下ではお弁当を食べながらのお花見です
00920
01020

帰路の桜並木、花咲く沿線沿いを電車が通り過ぎて行きます
01120
01220

駅前広場のテント村には多くの特産品が並びます
今年は茎若布を買いました
01320
01419

備考 : 第18回三浦海岸桜まつり( 三浦市・2/5~3/8 )
( 📷 ・ 2/中 )

*Mt.Fuji in 2020
(NO.14) Feb.18 pm17:16(from Yokohama)
002181716

















 

 

| | コメント (4)

2020年2月18日 (火)

カワセミに出会いました

三寒四温の頃、春近しが感じられます。
いつもの公園で久し振りにカワセミに出会いました。
鮮やかなコバルトブルーの体色が美しく
青い宝石や空飛ぶ宝石とも言われています。
この公園では以前にも出会いましたが
その美しさに魅せられました。

桜が咲く頃には花見客で賑わう広大な公園
束の間の静寂の池では錦鯉が悠々と泳いでいました
001_20200218145901

水面に伸びる枝に一羽のカワセミを見付けました
002_20200218145901

瞬時に水面にダイビング、口には魚を咥えて…
捉えた獲物が大きく飲み込むのに四苦八苦です
*前の枝が邪魔をしてズーム画像がピンボケになりました
003_20200218145901

大きな魚を飲み込んで満腹になったのかひと休み
頭部から尾羽まで美しいコバルトブルーの体色
暫し枝で休息して楽しませてくれました
散歩の公園で思わぬプレゼントを貰った気分でした
004_20200218145901
005_20200218145901
006_20200218145901 

備考: カワセミに出会う(横浜市内) ( 📷 ・ 2/中 )

*Mt.Fuji in 2020
(NO.13) Feb.15.  pm17:26 (from Yokohama)
0071726

 

 

| | コメント (2)

2020年2月10日 (月)

散歩道の梅が咲きました

冬晴れのいつもの散歩道
白梅と紅梅の梅の花が満開でした。
寒波の南下で寒い日が続いた日々も
週半ば頃より春の陽気の予報も出ています。
待ち遠しかった春の足音も近づくこの頃です。

散歩道の公園
梅の花が青空に映え一足早い春の気配を感じます
001_20200210182101
002_20200210182101

梅の花越しには遠く高層ビル群も聳えます
003_20200210182101

咲きかけた紅梅越しには雪化粧の富士山も望め
陽当たりの良い紅梅の木に咲く花が青空に映えていました
004_20200210182101
005_20200210182101
006_20200210182101

快晴の青い空、雪化粧の富士山が箱根や丹沢の
山々を従えるように聳える公園からのいつもの風景です
007_20200210182101

備考:公園に咲く梅の花(横浜市内)  ( 📷 ・ 2/上 )


*Mt.Fuji in 2020
(NO.11) Feb.09. pm17:06 (横浜市内)
008291706









 

 

 

| | コメント (4)

2020年2月 3日 (月)

伊豆爪木崎の水仙群落地へ

伊豆半島西端の景勝地、爪木崎へ行って来ました。
水仙の群落地として知られ、最盛期の爪木崎公園には
300万本もの野水仙が咲き乱れます。
水仙まつりも終盤でしたが、
満開の野水仙と青い海の風景を堪能しました。

公園ゲート付近から観る青い海と白い爪木崎灯台
可憐な野水仙が咲く風景は見事です
001_20200203185201

前面に広がる青い海、半すり鉢状の群生地に咲く
野水仙の多さに圧倒されます
002_20200203185201

青い海の後方には伊豆大島や伊豆七島も望める絶景です
003_20200203185201

南国に来たようなエメラルドグリーンの海に見惚れました
004_20200203185301

斜面の一部には強風で倒された水仙もありましたが
平地の遊歩道周りに被害は無く満開の野水仙が見頃でした
005_20200203185301

太陽が雲に遮られた神子元島灯台、石造りで現存する
日本最古の灯台がシルエットのように海上に浮かびます
006_20200203185301

西側海岸の俵磯、800万年前の海底火山で積み重ねられた
柱状節理の岩肌の光景が広がっていました
007_20200203185301

プレーリドッグが立ち上がり周りを見回す姿の岩も人気です
008_20200203185301

公園の平地を中心に野水仙の見頃が続いていました
009_20200203185301
010_20200203185301

入口近くの海岸では地場特産品等が販売されていました
011_20200203185401

ゲート付近に咲く赤いアロエの花と後方の
白い爪木崎灯台は絵になる風景でした
012_20200203185401

備考 : 爪木崎の野水仙群落地(下田市) ( 📷 ・ 1/下 )


*Mt.Fuji in 2020
(NO.10) Jan.30  pm17:27 (横浜市内)
01301301727













 

 

 

| | コメント (4)

2020年1月26日 (日)

海辺の水仙ロードを歩く

東京湾を隔て房総半島が一望できる野比海岸
行き交う大小の船舶、三浦海岸から剣崎へ続く
弓なりの海岸線、水仙ロードで知られる北下浦
海岸通りの整備された遊歩道には100万株とも
言われる水仙が咲き誇ります。

時折、雲間から射す太陽に輝く青い海と
可憐な水仙との見事なコントラスト、
冬の柔らかい陽射しを浴びて散策を楽しみました。

京急線野比駅から徒歩10分弱で水仙咲く
水仙ロード(北下浦海岸)に着きます
001_20200126185301

海岸線一帯には整備された遊歩道が続き、可憐な水仙が
咲き誇ります。 100万株とも言われる水仙ですが
昨年の台風で被害を受け可成り少なく感じました
002_20200126185301
003_20200126185301
004_20200126185301

曇天にも拘わらず綺麗な海が広がっていました
005_20200126185301

青い海を背景に咲く白い水仙、寄り添う二羽の鳥たちの
後方にはキラキラ輝く東京湾が広がっていました
006_20200126185301
007_20200126185301

病妻を伴い大正4年にここ北下浦海岸に移住した若山牧水
遊歩道には長沢海岸から房州鋸山を詠んだ歌碑がありました
008_20200126185401

可憐な水仙は訪れる人々の心を癒してくれます
009_20200126185401 

備考:水仙ロード(野比、北下浦海岸通り)散策 ( 横須賀市)
( 📷 ・ 1/下 )

*Mt.Fuji in 2020
(NO.08) Jan.10 am09:48 ( 横浜市内 )
001100948




 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2020年1月23日 (木)

チューリップ咲く島へ

春の訪れを告げるかのように江の島では
チューリップが美しい花を咲かせていました。

1882年、英国人貿易商サムエル・コッキングにより造られた
和洋折衷の南国ムード溢れる庭園で
2万株のチューリップが見頃を迎えていました。

関東三大イルミネーション「湘南の宝石」とあわせて
チューリップもライトアップされ人気を呼んでいます。

江の島サムエル・コッキング苑に入ると色とりどりの
チューリップが咲き揃い見頃を迎えていました
05163
05165

チューリップは特別な品種では無く、冷蔵保存した球根を植えると
春と勘違いして芽を出し花を咲かせるようです
05179
05190

チューリップも夜にはライトアップされ、人気のイルミネーション
「湘南の宝石・シーキャンドル」と同時に観られるのも嬉しいですね
05217

青空に向かって元気いっぱいのチューリップ
春の足音が聴こえてきそうですね
05224
05230

東京五輪ではヨット等の会場となる江の島の海には
無数のヨットが揺れていました
15250

縁結びの神様としても知られる江島神社
中津宮には多くの人たちが参拝に訪れていました
15266
15267 

備考:江の島サムエル・コッキング苑ウィンターチューリップ
( 📷 ・ 1/中 ) *湘南の宝石・ライトアップ(2月16日まで)

*Mt.Fuji in 2020
( NO.07 ) Jan.19  am11:09 (江の島より)
21109

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (3)

より以前の記事一覧