自然

2020年9月28日 (月)

富士山初冠雪

目覚めると真っ赤な太陽が顔を出す寸前
雲一つない快晴の空もほんのりと赤く
今秋に入って初めてとも言える快晴の空

ほんのりと赤い西の空には
初冠雪の富士山が聳えていました

時間の経過と共にほのかに赤かった空も
青い空になり初冠雪の富士山が悠然と聳えます
平年より2日早く、昨年より24日早い初冠雪
コロナで疲れた心を和らげてくれた風景でした

初冠雪の富士山を朝陽が染めて行く
富士山の表情も刻々と変化して行きます
(28日・am5:46~5:47)
00546_20200928190701
00547

時間が過ぎ青い空に初冠雪の富士山が雄大に聳えます
当地からは今日辺りがダイヤモンド富士の特異日でしたが
午後より西の空は雲に覆われ観られず残念でした
(28日・am7:13~7:14)
00713
00714

*Mt.Fuji in 2020  (NO.52)
初冠雪の富士山

Sep. 28. am8:08 (from Yokohama)
00808


 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年9月 3日 (木)

猛暑、極暑の8月から秋の季節を迎えても
爽やかな秋空には程遠く暑過ぎる今年の9月
この日は朝から目まぐるしく変化する天候
曇り空が瞬く間に晴天にと思えば突然の雨
そんな自然の変化に翻弄された秋の日でしたが
空には美しい虹の橋を架けてくれました

雨が突然上がり太陽が…、空には虹の橋が架かりました
001_20200903143401
002_20200903143401

やがて急速に広がった青空に七色の虹が架かります
003_20200903143401

よく観ると虹の左下には富士山も顔を覗かせていました
短い時間でしたが自然の贈りものに見惚れました
004_20200903143401
005_20200903143501

備考 : 自然の贈りもの(横浜市内)  (📷 ・ 9/上 )


*Mt.Fuji in 2020
(NO.47) Aug.27. Pm15:39(横浜市内から)
00608271539



| | コメント (5)

2020年8月12日 (水)

美しい夕景

長い長い梅雨が明けたと思えば
身の危険さえ感じさせる極暑の夏
関東では今夏から設定の命の危険さえ心配される
「熱中症危険アラート」
が発せられる都県も出ています

皆さまも如何お過ごしでしょうか

夏の富士山は霞で見られない日が多いのですが
この日、久し振りに富士山と夕焼けが観られました
刻々と変わり行く束の間の美しい夕景
お昼の太陽も余り頑張り過ぎないで欲しいものです
0101850
0101851

備考:富士山と美しい夕景(横浜市内より)  ( 📷 ・ 8/上 )

*Mt.Fuji in 2020
(NO.44) Aug.11. Am08:15(横浜市内より)
0110815


 

| | コメント (5)

2020年7月27日 (月)

或る梅雨の日の表情

時には激しく地面を叩く雨、何時までも続く長い梅雨
この日の天候は変化が激しく
曇り~雨~陽射しが
繰り返された一日

空を覆う黒い雲が急速に走り、瞬時に変化する天候
成すすべもなく自然の成り行きに委ねるのみ

夕暮れ時、一瞬見られた美しい虹に
梅雨末期が感じられた日でした

陸と空を分けるように街を覆う不気味な黒い雲
001_20200727185801

瞬く間に移動する雲、街は雨と晴れのエリアに別かれて
002_20200727185801
003_20200727185801

急速に晴れた空に姿を見せた富士山も
瞬く間に再び雲間に隠れました
004_20200727185801

街の上を低く覆うように突然現れた
一瞬の美しい虹に魅せられて
005_20200727185801
006_20200727185801

夜の街に明かりが灯り横浜スタジアムのナイターの灯りが
上空を明るく照らしていました
横浜ベイスターズ、今夜は勝ったかなぁ!
007_20200727185801

備考 : 街の上の不気味な雲と虹の風景 ( 📷 ・ 7/下 )


*Mt.Fuji in 2020
(NO.43)  July 12. am07:32 (横浜市内から)
07557120732


| | コメント (2)

2020年7月 8日 (水)

傘を被った富士山

大陸と太平洋の二つの高気圧に挟まれた日本列島
列島を縦断するように居座り続ける梅雨前線
甚大な豪雨被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます

私の住む街も台風並みの強風が吹き荒れた日々
そんな折、自然が生んだ不思議な光景
嵐の前触れを予感させると言われる現象に
改めて自然の営みの不思議と脅威を感じました

曇天の空を激しく走る雲の流れ
そんな雲間にポッカリ空いた大きな穴
まるでブルーフォールのように・・・
列島に早く青空が戻って来る事を願いつつ
02007071012

梅雨とは言え例年繰り返される大雨被害
人々は自然の成り行きに任せるままに
これも地球温暖化の影響でしょうか

梅雨入り後、すっかり姿を見せなくなった富士山
久し振りに大きな傘雲を被った富士山が観られました
傘雲は雨や嵐の前兆とも言われています
これ以上、列島に被害を齎さない事を祈るのみです
02007081130
02007081131

*Mt.Fuji in 2020
(NO.40) July 02. pm18:34(横浜市内から)
02007021834

| | コメント (4)

2020年6月20日 (土)

夜明けの街

未だ目覚めぬ街の上を薄紅色の光の帯が伸び
今明けつつある青い空とのツートンカラーが美しい

やがて東の空を赤く染めて太陽が昇って来る
ビルは太陽光で輝きやがて街は目覚めを迎えます

西の空に聳える富士山も朝陽を浴びて
僅かに残った雪を赤く染めて行きます

コロナに翻弄される街
今日も平穏な一日であります様に祈りつつ

街の上に長く伸びた赤い帯と青い空のコントラストが美しい
00402

先月まで「宵の明星」として西の空に輝いていた金星
今は「明けの明星」として東の空で輝きます
タンクの左上方には微かに三日月も観られた未明の空
00404

やがて日の出を迎え街やベイブリッヂも目覚めを迎えます
刻々と変化する空の色、再び同じ光景には出会えない自然の風景
00430
00431
00432
00436

西の空には雪解けが進む富士山を朝陽が薄紅色に染めて行きます
00437

備考 : 横浜市街の夜明けの風景 ( 📷 ・ 6/中 )

*Mt.Fuji in 2020
(NO.36) June 20. am04:39(横浜市内から)
00439

| | コメント (2)

2020年6月 6日 (土)

公園に咲く花々

新緑に萌える公園、花々も春から夏へと模様替えです
春の咲き残った花、初夏の咲き始めた花々が
心を和ませてくれます

花の色がよく変わる事から「七変化」とも言われ
正岡子規は「紫陽花や 昨日の誠 今日の嘘」と言う
紫陽花にとっては有難くない俳句も読まれています
梅雨を代表する花でもありますね
001_20200606152101
002_20200606152101
003_20200606152101

水面に浮いたように咲き幻想的な雰囲気さえ漂います
モネが生涯かけて描き続けた睡蓮の絵画は余りにも有名で
大塚国際美術館(鳴門)で観たモネの絵画が懐かしいです
004_20200606152101
005_20200606152101
006_20200606152101

棚田付近では未だ多くの花菖蒲が咲き残っていました
007_20200606152201

多くの白詰草に混じってひっそりと咲く赤詰草が可憐です
008_20200606152201

葉が十字形で奴凧に似ている事から「ヤッコの木」と言われ
大きな木に可愛い多くの花を咲かせていました
009_20200606152201

木には「箱根空木」の札が架けてありました
漏斗状の花で白→ピンク→赤に色が変化して行くようです
010_20200606152201

備考 : 新緑の公園を散策(横浜市内) ( 📷 ・ 6/上 )


*Mt.Fuji in 2020 (横浜市内から)
(NO.33) May 04. pm17:36
011200504

| | コメント (0)

2020年5月 7日 (木)

夜の稲妻

立夏も過ぎ穏やかに暮れたと思った夜
街には低い雲がビルを覆い始めて
雨が降ったり止んだりの不安定な天候
遠くで稲妻が明るく空を染める

やがて窓を打つ大粒の激しい雨に見舞われ
空を引き裂くように稲妻が走り雷鳴が轟く
一瞬にして街の灯りが風雨に隠され
自然の成り行きに委ねた夜のひと時
明日天気になぁ~れと願いつつ

穏やかに暮れたと思った街だったが・・・
001_20200507175901

遠くで稲妻が空を染めて
002_20200507175901

稲妻が天地を走る
003_20200507175901
004_20200507180001

突然、火柱となった稲妻が地表に激突し
地面を揺るがす雷鳴、街は真昼のような明るさに
005_20200507180001

備考:稲妻に見舞われた街(横浜市)( 📷 ・ 5/上 )


*Mt.Fuji in 2020
(NO.27) May 04. pm17:36 (横浜市内から)
005041736

| | コメント (2)

2020年4月15日 (水)

春の嵐が過ぎた朝の風景

本州の太平洋岸を発達しながら通り過ぎた南岸低気圧
関東にも本格的な雨と共に強い風が吹き
春の嵐となって通り過ぎて行きました。

明けて翌朝は雲一つない快晴の空
雪解けが進んでいた富士山も麓まで厚化粧して
再び雪を被った山々を従えて聳えていました。

春の嵐が過ぎた朝の富士山
麓付近まで再び雪に覆われていました
001_20200415134301

四方の山々を見下ろすようにひと際高く聳える富士山
連なる山々も再び美しく雪化粧でした
002_20200415134301
003_20200415134301

備考 : 富士山に再びの降雪 ( 📷・ 4/上 )


*Mt.Fuji in 2020
(NO.24) Mar.23. pm17:52(横浜市内から)
003231752


| | コメント (0)

2020年3月23日 (月)

夕焼け富士と奇妙な雲

春の天候は気まぐれですが今年3月は晴れの日も多く
夕焼けに染まる富士山の姿を度々見せてくれます。
富士山の北の稜線に沈む太陽、気付けば階段状?の
細長い奇妙な雲が上空に伸びていました。

夜、TVの天気予報で「横浜から見られた雲」として
紹介されていましたが、名前を憶えてなくて調べたら
「帯状形地震雲」と似ており不気味な感じです。
地震との関連性に根拠は無さそうですが
自然は時として
不思議な現象を見せるものです。
03181739d
03181744b

備考 : 夕景で見られた奇妙な雲(横浜市内から)  ( 📷 ・ 3/中 )


*Mt.Fuji in 2020
(NO.19) Mar.20.  am09:39 (横浜市内から)
2003200939



 

| | コメント (2)

より以前の記事一覧